トヨタ 新型RAV4 新型車解説│オフロードの走りを追求したトヨタのミドルサイズSUV(1/2)

2019年4月10日いよいよ発売!5代目RAV4は走破性を極めた王道ど真ん中のSUV

今の売れ筋カテゴリーは、実用性の優れた軽自動車/コンパクトカー/ミニバンとされるが、SUVも堅調に売れている。ボディの上側はワゴン風の形状だから、居住性と積載性が優れ、悪路の走破も考慮したから野性的なカッコ良さがある。この絶妙なバランスで、SUVは人気を高めた。

そうなると車種のバリエーションを充実させる必要があり、トヨタは2019年4月10日に新型RAV4を発売した。

通常の新型車と異なるのは、RAV4がかつて日本国内で販売されていたことだ。初代モデルは1994年に登場して、カッコイイ外観とコンパクトなボディ、軽快な走りが人気を高めた。しかしこの後、フルモデルチェンジの度にボディを大型化させ、3代目で国内販売を終えている。4代目は国内で売られなかったが、5代目で復活させた。

復活の理由を開発者に尋ねると「まずはSUVの品ぞろえを充実させること」だという。本格的なオフロードSUVのランドクルーザー&同プラドを除くと、トヨタの前輪駆動をベースにしたシティ派SUVは、コンパクトなC-HRと上級のハリアーだ。この2車種の中間に位置するRAV4を投入した。

そして「RAV4はオフロードの走りを追求している。そのためにグレード構成も4WDが中心になり、C-HRやハリアーとは車両の性格が異なる。新たなニーズを開拓できる」という。

RAV4は最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)が190~200mmに達するから、悪路のデコボコを乗り越えやすい。後述するダイナミックトルクベクタリングAWDなどの装備も悪路走行に対応したから、C-HRやハリアーとはサイズだけでなく性格も異なる。ランドクルーザー&同プラドと、C-HR&ハリアーの間に位置するのがRAV4という見方も成り立つ。

>>>新型RAV4を画像でチェック(画像100枚)

SUVの中では良好な部類に入る視界

ボディサイズは、GやXで見ると全長が4600mm、全幅は1855mmとなる。全幅はワイドだが、基本的には日産 エクストレイル、スバル フォレスター、マツダ CX-5などと同程度だ。最小回転半径は17/18インチタイヤ装着車が5.5m、19インチが5.7mだから、若干大回りになる。

視界はSUVの中では良好な部類に入る。サイドウインドウの下端が比較的水平に近い角度で後方に伸びており、ボディ後端のピラー(柱)もあまり太くない。そのためにデザイン重視で視界の悪いC-HRなどに比べると、後方が見やすい。

ノーマルエンジンとハイブリッドで異なる後席の足元空間には注意

インパネなどの内装も、ステッチ(縫い目)を入れるなど上質に仕上げた。前席はシートのサイズにも余裕があって快適に座れる。

後席は足元の空間が広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には握りコブシ2つ半の余裕がある。

注意したいのは後席の座り心地が、ノーマルエンジンとハイブリッドで異なることだ。ノーマルエンジンは座面の造りが柔軟で快適だが、ハイブリッドは後席の下に駆動用電池を搭載したから、座った時のヒップポイントに若干の底突き感が生じる。居住性は基本的に快適だが、パワートレーンの選び方で少し差が付く。

>>ノーマルエンジンの特徴は上質感で、ハイブリッドは力強さ[次ページに続く]

1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ RAV4の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ RAV4のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ RAV4の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ RAV4の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ RAV4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる