autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ 新型「RAV4」発売|世界初となる“新4WDシステム”を採用

自動車ニュース 2019/4/10 13:30

トヨタ 新型「RAV4」発売|世界初となる“新4WDシステム”を採用

トヨタ 新型RAV4
トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4画像ギャラリーはこちら

高い走破性・操縦安定性と燃費向上を両立する新4WDシステムを世界初採用

トヨタ 新型RAV4

トヨタは2019年4月10日、RAV4をフルモデルチェンジし発売した。価格は260万8200円~381万7800円(消費税込み)。

新型RAV4の開発コンセプトは「Robust Accurate Vehicle With 4 Wheel Drive(SUVらしい力強さと使用性へのきめ細やかな配慮を兼ね備えた4WD)」。

そのコンセプト通り、SUVらしい力強いデザインに仕上げられている。またラゲッジスペースは、ミドルSUVでクラストップレベルの広さ(580L)を誇っている。

>>気になる新型RAV4の内外装を画像で見る

また世界初となる、新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」の採用により、優れた走行性能を実現したほか、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備。コネクティッドサービスを設定するなど、安全・快適面も充実させた。

ちなみに新型RAV4に搭載されるパワートレインは、ガソリンモデルにはTNGAに基づいた直列4気筒直噴エンジン「2.0L ダイナミックフォースエンジン」と、無段変速機「Direct Shift-CVT」を採用。ハイブリッドモデルでは、同じくTNGAに基づいた「2.5L ダイナミックフォースエンジン」となっている。

>>新型RAV4の徹底解説記事を見る

>>新型RAV4の試乗レポートを見る

新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」とは

トヨタ 新型RAV4

世界初となる新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は、走行状況に応じて、前後トルク配分に加え、後輪トルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」により、ドライバーの狙い通りのラインを安定した姿勢で駆け抜けることが可能となる機能。

また4WD走行が不要な場合でも、後輪に動力を伝達させる駆動系を切り離す「ディスコネクト機構」が採用されたことにより、燃費向上が図られている。

トヨタ自動車 チーフエンジニア 佐伯 禎一氏のコメント

お客様に「いつでも、どこでも、どこまでも」走りの楽しさを感じていただくだけでなく、お客様の好奇心を刺激し、新しいことにチャレンジする気持ちを呼び覚ますクルマを目指しました。

新型RAV4 主な特長

SUVらしいデザインに加え、良好な視界を確保

新型RAV4のデザインコンセプトは「アクティブで力強いワクドキ感(Adventure)」と「都会にも似合う洗練さ(Refined)」。そのコンセプト通りオフロード性能やSUVらしいリフトアップ感に加え、グレード「G“Z package」と「Adventure」には19インチタイヤが採用されている。

外観の造形テーマとして、幾何学形状の八角形(オクタゴン)2つを、90度ずらしてはめ合わせた「クロスオクタゴン」を採用。さらに外観の随所に多角形を織り込み、タフさを感じさせるデザインを表現した。

トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4

また位置を低くすることで圧迫感を抑えたインパネや、室内から見えないように設計されたワイパーなどにより、良好な前方視界を確保した。

さらにドアミラー位置の最適化や三角窓によって良好な斜め前方視界も確保されたほか、リアクォーターガラスの拡大や、リアドア後部のピラー断面を小さくしたことにより、良好な斜め後方視界も確保されている。

ミドルSUVクラストップレベルのラゲッジ容量580Lを確保

トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4

新型RAV4のラゲッジスペースは、リアシート使用状態でもミドルSUVクラストップレベルのラゲッジ容量580Lを確保している。

さらに6:4分割可倒式リアシートや、ラゲッジ床面の高さを2段階に調節できる2段デッキボードを採用したほか、スマートキーを携帯していれば、リアバンパーの下に足を出し入れするだけで、バックドアが自動開閉する「ハンズフリーパワーバックドア」が設定された。

新型RAV4 スペックと価格

X

■駆動方式:2WD(4WD)

■エンジン:2.0L ダイナミックフォースエンジン

■トランスミッション:Direct Shit-CVT

■価格:260万8200円(283万5000円)

G

■駆動方式:4WD

■エンジン:2.0L ダイナミックフォースエンジン

■トランスミッション:Direct Shit-CVT

■価格:320万2200円

G“Z package”

■駆動方式:4WD

■エンジン:2.0L ダイナミックフォースエンジン

■トランスミッション:Direct Shit-CVT

■価格:334万8000円

Adventure

■駆動方式:4WD

■エンジン:2.0L ダイナミックフォースエンジン

■トランスミッション:Direct Shit-CVT

■価格:313万7400円

HYBRID X

■駆動方式:2WD(4WD)

■エンジン:2.5L ダイナミックフォースエンジン

■トランスミッション:THS II

■価格:320万2200円(345万600円)

HYBRID G

■駆動方式:4WD

■エンジン:2.5L ダイナミックフォースエンジン

■トランスミッション:THS II+E-Four

■価格:381万7800円(345万600円)

※いずれも消費税込み

新型RAV4 カタログ燃費

ガソリンモデル

■JC08モード燃費(2WD):-

■JC08モード燃費(4WD):-

■WLTCモード燃費(2WD):15.8km/L

■WLTCモード燃費(4WD):15.2km/L

ハイブリッドモデル

■JC08モード燃費(2WD):25.2km/L

■JC08モード燃費(4WD):25.0km/L

■WLTCモード燃費(2WD):21.4km/L

■WLTCモード燃費(4WD):20.6km/L

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ RAV4 の関連編集記事

トヨタ RAV4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ RAV4 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR