トヨタ 新型RAV4が欧州でデビュー│HV搭載の5代目は2019年に国内復活予定

画像ギャラリーはこちら

トヨタ・ヨーロッパは、パリモーターショー2018にて、日本国内では2019年春に導入予定の5代目となる新型RAV4(欧州仕様車)を初公開した。

新型RAV4は、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の新世代プラットフォーム「GL-K」をベースとした全長4600×全幅1855×全高1650mm、ホイールベース2690mmといったボディサイズ。

>>新型RAV4(欧州仕様車)を画像でチェック

搭載されるパワートレインは、最高出力177馬力、最大トルク221Nm/4400rpmを発揮する新開発の2.5リッター直4ガソリンの「ダイナミックフォースエンジン」のほか、システム合計値で218馬力の最高出力を発揮する2.5リッターエンジンと電動モーターを組み合わせた新世代のトヨタハイブリッドシステムなどが用意される。

その内、ハイブリッドシステム搭載モデルでは、フロントアクスルを駆動する2WDモデル、リアアクスルを電動モーターで駆動させ、ハイブリッドシステムの合計値が222馬力の4WDモデルといった2タイプを設定。

その他、欧州仕様車では、ガソリンエンジンモデルにおいて、同じく新開発の2.0リッター仕様もラインアップ。組み合わされるトランスミッションにはATとMTが用意されている。

先進安全技術には、第2世代の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を搭載。車両に加え、歩行者検知(昼間・夜間)と自転車検知(昼間)を行い、衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」が導入されている。

また、新型RAV4では、トヨタブランド初となる「デジタルリアビューミラー」を搭載。スイッチ操作をすると、車両後部に備わる高解像度カメラが車両後方の状況をリアルタイムにモニターに映し出しす。撮影範囲は調整可能で、夜間でもクリアな視界を確保する。

国内導入も間もなくに迫った新型RAV4、果たして日本仕様はどのようなものになるのか。

最新情報が入り次第、引き続きお届けしていく。

この記事の画像ギャラリーはこちら
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ RAV4の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ RAV4のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ RAV4の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ RAV4の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ RAV4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる