299万円は安い! トヨタ 新型ハリアーの最廉価グレードを最上級版と比べてみた

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:茂呂 幸正・トヨタ自動車・トヨタカスタマイジング&ディベロップメント・TRD
画像ギャラリーはこちら
2020年6月17日、待望の新型ハリアーがトヨタから正式に発売されました。カッコいいデザインや質感の高いインテリアも話題ですが、なにより2リッターFFモデルが299万円からという衝撃プライスに感動!

299万円は安い! トヨタ 新型ハリアーの廉価版と最上級版を画像で見比べてみる!

ならば! 124万円高い最上級グレードZ“Leather Package”と、サクッと比べてみましょう!

299万円のハリアーは、400万円台の最上級版とどう違う!? くらべてみた!

新型ハリアーは先代よりもむしろ値下げされていた

新型ハリアーで驚かされたのは“価格”! 一番安い“S”グレード[2リッター・FF]が299万円から買えちゃいます。

実は先代ハリアーのベーシック版“エレガンス”グレード(2リッター・FF)が300万4千円からでした。新型では先進安全装備などが充実しているので、これはもう大幅値下げと言ってもいいくらいのバーゲンプライスです。

いっぽう新型ハリアーで一番高いのは、最上級のZ“Leather Package”で、こちらは423万円[2リッター・FF]から。その差なんと124万円! コンパクトカーのパッソがもう1台買えちゃう額! マジか!

ならば2つのモデルはどれだけ違うのか。ちょっと比べてみちゃいました。

見た目の違いはどんな感じ!? 外観・エクステリア編

ハリアー SとZ“Leather Package”、見比べてみていかがですか?

ちなみにボディカラーは両車とも全7色から選べます。

ぱっと見、メッキ加飾がちょっと少ないのがS。あとアルミホイールもZ“Leather Package”のほうがキラキラしてますね。

Sのサイズは17インチタイヤ(225/65R17)。対するZ“Leather Package”は19インチの大径タイヤ(225/55R19)で、さらにアルミホイールには高輝度シルバー塗装が施されていて、見栄えが良くなっています。

よーく見るとヘッドライトも違います。

Sは3灯式LED、Z“Leather Package”は同じLEDながらプロジェクター式になり、さらに昼間も光るLEDデイタイムランニングランプも備わっています。細かなところで差が付けられていますね。

ただ正直なところ、そんな細かいところを見るのはオーナーとマニアだけ(笑)。Sだって十分に上質です。ホイールが気になるなら、あとから交換するのも手ですね。

そんな訳で、見た目は全然問題なし!

内装はどう違う? インテリア編

さて、室内はどうでしょう。

Z“Leather Package”は「レザーパッケージ」と自ら名乗っているくらいなので、本革シート仕様。我らがSはファブリック仕様です。ただファブリックと言ってもシックな色合い。ベーシックグレードとは言えほぼ300万円なのですから、質感も上々です。

良く見くらべてみると、ドアパネルやダッシュボードの加飾がグレードアップしていたり、運転席シートが電動操作になっていたり、そんな細かいところを見るのはオーナーとマニアだけ(笑)。気にしない気にしない!

インパネ回りを見てみると・・・さすがは最上級グレード。センターに12.3インチの大型ワイドスクリーンが自慢のT-Connect SDナビゲーションシステムとJBLプレミアムサウンドシステムがドーンと鎮座しています。

最近のクルマはオーディオレスというケースも多いのですが、新型ハリアーは違います。Sグレードにもしっかり8インチのディスプレイオーディオ+6スピーカーが標準装備! 12.3インチには負けますが、8インチだって十分大画面です。こりゃあ大盤振る舞い!

Apple CarPlayやAndroid Autoにも対応しているので、スマホさえあれば好きな音楽をBluetoothで飛ばしたり、ナビアプリを使ったりできるし、販売店オプションでここにカーナビを追加することも出来ちゃう。

エアコン操作系がZ“Leather Package”は静電タッチ式なのですが、S-FLOW(前席集中モード付)左右独立温度コントロールフルオートエアコンはSでも標準装備。

はい、室内も全然問題なし!

先進安全機能はどう!? 装備をくらべてみる

2020年に発表された最新式のモデルです。先進運転支援機能などの安全装備は気になるところです。新型ハリアーの場合はどうでしょう。

結論から申し上げますと、トヨタのToyota Safety Senseに差はありません。プリクラッシュセーフティやレーントレーシングアシスト、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールなどSグレードでもちゃんと標準装備されます。

こればかりは後から装着するワケにはいかないので、非常に重要です。

後方接近を知らせるリアクロストラフィックオートブレーキとブランドスポットモニターや、新型ハリアーでトヨタ初装備となった前後方録画機能付デジタルインナーミラーはSには標準装備されていません。ただしこちらもオプションで選択出来るのでご安心を。

結論! 迷うくらいならハリアーSをさっさと買って、どんどん遊んじゃおう

ご覧のように、299万円のSは価格で引き寄せるためのオトリグレードなんかじゃなく、むしろ積極的に選んでいいグレードでした。

120万円以上ある差額で自分好みにカスタマイズするもよし、ドライブ先で豪華なホテルに泊まるもよし。買おうかどうしようか躊躇するくらいなら、迷わずハリアー Sをさっさと買ってみてはいかがでしょうか。

[筆者:MOTA編集部]

>>トヨタ自動車 公式Webサイト

トヨタ 新型ハリアー 商品紹介【トヨタチャンネル 公式動画】

寝ながらマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝ながらマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる2社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
30万円539.7万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる