【アオリ運転対策】新型ハリアーには前後録画出来るドライブレコーダーが最初からビルドイン!

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
あおり運転が社会問題となっている中、トヨタは遂にドラレコを工場装着!? 2020年6月に発売が予定されている新型ハリアーに、ルームミラー内蔵の前後録画機能が装備されていることがわかった。

>>新機能が満載! 新型ハリアーの内外装をもっと見る

あおり運転対策の切り札「ドライブレコーダー」

2019年頃メディアで大々的に取り上げられ、社会問題にまで発展したアオリ運転。後続車が急激に車間を詰める嫌がらせに端を発する路上トラブルが多発し、後続車を巻き込む死亡事故に至るケースなども生じてしまった。

こうした事態の自衛策として、ドライブレコーダー(ドラレコ)と呼ばれる記録装置を車両に備えるユーザーが急激に増えている。

ドラレコは万が一の事故などの衝撃を検知して自動に録画保存し、状況証拠ともなってくれる頼もしいもの。これが任意でも録画することも出来るので、不意のトラブルの際にも有効というワケだ。

新型ハリアーには録画機能を備えたルームミラー「デジタルインナーミラー」が備わる

ドラレコは主にカー用品店やホームセンターなどで購入出来るが、近年では新車の販売ディーラーでも装着できるようにメーカー純正のオプション品も用意されるなど、選択肢も豊富になってきた。

そんな中トヨタでは、2020年6月に発売を予定する新型ハリアーに新兵器を用意する。なんと、録画機能を備えたルームミラー「デジタルインナーミラー」を装備するのだ。

デジタルインナーミラーとは

デジタルインナーミラーとは、室内から後方を確認するルームミラー(室内鏡)に液晶画面を備え、車両後方のカメラ映像と切り替えて表示させることが出来るもの。

例えば後席に定員がフルで乗車したり、荷室に背の高い荷物を満載した状況では、鏡では後ろが見えづらい。そんな際に直接後方画像を映し出すことで、視界を確保する。例えば現行型のRAV4やグランエースなどにも装備され始めている。多人数を乗せたり大荷物を積むケースも多いSUVやミニバンでは特に有効な装備だ。

新型ハリアーではこれをさらに発展させ、車両前後のカメラと連動してSDカードに録画データを保存する機能を追加する。トヨタ車では初めての装備となる。

前後方録画機能付デジタルインナーミラーは新型ハリアーの主要グレードで標準装備される!

トヨタの事前告知サイトによると、前後方録画機能付デジタルインナーミラーは新型ハリアーのZ“Leather Package”、Z 、G“Leather Package”、Gに標準装備され、ベーシックなSにもメーカーオプション(新車注文時の工場装着)で追加可能と、全てのグレードにおいて装着することが出来るようだ。後付けで装着するコストや手間がかからないのは有難い。

2020年5月時点では細かな機能は明らかになっておらず、常時録画機能や衝撃を検知した際の録画データ保存などが可能なのかどうかは不明。

ともあれ、MOTAでもこの新機能には興味津々。新型ハリアーに備わる前後方録画機能付デジタルインナーミラーの詳細が分かり次第、続報をお届けする予定だから、楽しみにして欲しい。

2020年6月17日まで日替わりで新型ハリアーの情報をお届け! 次回は!?

いかがでしたか。

さて新型ハリアーのまだまだ知られていない秘密を毎日ご紹介していく本企画、2020年6月17日と噂される発売日まで毎日、新型ハリアーにまつわる様々な情報をお届けしていきます。

明日5月28日(木)は、2003年に登場した2代目ハリアーを特集します。2代目ハリアーでは初のハイブリッドが登場し、長く販売が続いたモデルですね。お楽しみに。

>>インテリアも新たな装備がいっぱい! トヨタ 新型ハリアーの内外装を画像でもっと見る

トヨタ 新型ハリアー 関連記事

もっとハリアーを知りたいと思ったら…以下の記事もチェックしてみよう!

寝ながらマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝ながらマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる2社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
20万円535万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる