アルヴェルとどっちが快適!? トヨタ 高級ミニバン「グランエース」の気になるすべてを徹底比較&解説

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:茂呂 幸正・トヨタ自動車
画像ギャラリーはこちら
2019年12月16日、トヨタから新型車「グランエース」が発売された。グランエースは全長5.3mの迫力ある外観と上質なインテリアが特徴の高級ミニバン。東京モーターショー2019にて初披露され注目を浴びた。価格も620万円~650万円で、300万円台から手に入れることができる高級ミニバン「アルファード」とは一線を画する存在のようだが、実際はどうなのだろうか!? カーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎氏がその詳細をレポートする!

>>アルヴェルより豪華!? グランエースの2列目・3列目シートを画像でチェック![フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. アルファード超えの高級ミニバン登場!
  2. グランエースは、アル/ヴェルと似て非なるクルマ
  3. 気になる車内、座り心地は?
  4. Gとプレミアム、どちらが買い得?
  5. グランエースは多様化する次世代ハイエースのひとつ
  6. まとめ:グランエース/新型ハイエースは、まだまだ可能性が広がる1台だ
グランエースの最新自動車ニュース&記事

アルファード超えの高級ミニバン登場!

最近話題の新型車といえば、コンパクトカーのホンダ フィットやトヨタ ヤリス、軽自動車のスズキ ハスラーなど、大量な販売を目的としたコンパクトな車種が多い。

その一方で、価格の高いLサイズモデルとして注目されるのが、トヨタ グランエースだ。これはトヨタ アルファード&ヴェルファイアよりも大きなLサイズの上級ミニバンとなる。

グランエースは、アル/ヴェルと似て非なるクルマ

ベースは海外版トヨタ 新型ハイエース

グランエースは、タイやフィリピンなどで売られる海外版の商用車、トヨタ 新型ハイエースバン(※仕向け地により車名は異なる)をベースに開発された。国内版の現行型ハイエースバンはエンジンを前席の下に搭載するワンボックスカーだが、海外仕様はボンネットの内部に収めるミニバンスタイルだ。そのために乗用ミニバンを開発できた。

基本設計が商用車ということもあって、グランエースは耐久性の高いシャシーを備えた後輪駆動車だ。アルファード&ヴェルファイアは前輪駆動だから、同じLサイズミニバンでもクルマの素性はまったく違う。

そしてグランエースはボディが大きい。全長は5300mm、全幅は1970mm、全高は1990mmに達する。全長はVIPセダンのトヨタ センチュリーと同程度で、全幅はさらにワイドだ。アルファード&ヴェルファイアは全長が4950mm、全幅は1850mm、全高は1935mmだ。フロントマスクこそ相当な迫力とデカさだが、ボディ全体で見比べてみればアルファード&ヴェルファイアはグランエースに対し短く、そして小さく見える。

グランエースに搭載されるエンジンはすべて直列4気筒2.8Lクリーンディーゼルターボで、ランドクルーザープラドと同じタイプになる。実用回転域の駆動力が高く、車両重量が2700kgを超えるグランエースのボディに適したエンジンだ。

【随時更新!】東京オートサロン2020情報TOPページはこちらから

床の位置の高さに要注意

グランエースで注意したいのは、後輪駆動で床を平らに仕上げたミニバンだから、床の位置が持ち上がったことだ。

アルファード&ヴェルファイアの床面地上高は450mm前後だが、グランエースは600mmくらいに達する。ヴォクシー系3姉妹車は低床設計で400mm以下に収まるから、グランエースの床はかなり高い。サイドステップ(小さな階段)を介して乗り降りする。ミニバンとして乗降性はあまり良くない。

床が高いから、全高は2m近くても、室内高は1290mmだ。アルファード&ヴェルファイアの1400mmを110mm下まわる。

気になる車内、座り心地は?

3列目も快適!

それでも車内は快適だ。主力グレードのグランエース プレミアムは3列シートの6人乗りで、2/3列目には、アルファード&ヴェルファイアと同様のエグゼクティブパワーシートを装着した。固定されたアームレストと、電動リクライニング機能と足を支える電動オットマンが備わる。

アルファード&ヴェルファイアの場合、豪華なミニバンではあるが、特等席は2列目だ。1列目も相応に快適だが、3列目は一気に下がる。左右に跳ね上げて、荷室として使うことも考慮したから、3列目は背もたれと座面が薄い。座り心地が良好とはいえず、床と座面の間隔も足りないから、足を前方へ投げ出す座り方になってしまう。快適に乗車できるのは、1/2列目シートに座る4名だけだ。

その点でグランエース プレミアムは、2列目に加え、3列目にも大型のエグゼクティブパワーシートを装着したから、3列目の快適性も2列目にさほど劣らない。

3列目は天井が少し低く開放感は乏しいが、セダンの後席に似た落ち着き感が伴う。グランエース プレミアムは2/3列目が特等席で、1列目の座り心地も良いから、6名全員が快適に移動できる。

4列シートのグランエース Gは?

グレードは3列シートのプレミアム以外に、4列シートで8人乗りのGも用意した。

Gの場合、2列目はエグゼクティブパワーシートだが、3列目は電動式ではないリラックスキャプテンシートになる。4列目は座面を持ち上げて前方に寄せられるベンチタイプだ。

室内長は3列シートの6人乗りと同じだから、4列のシートを収めると1人分の足元空間が狭まる。4列のGは“高級なマイクロバス”的な仕様と考えたい。グランエースの主力はあくまでもプレミアムのほうだ。

Gとプレミアム、どちらが買い得?

プレミアムは割高だが、豪華シートは捨てがたい

価格はGが620万円、プレミアムは650万円となる。アルファードのV型6気筒3.5Lエンジン搭載車に当てはめると、2列目にエグゼクティブパワーシートを装着したGF(518万5000円)と、2列目をさらに豪華なエグゼクティブラウンジシートに変更したエグゼクティブラウンジ(726万9000円)との中間に位置する。

グランエースはボディが大柄で内外装を豪華に飾ったとはいえ、基本は海外版のハイエースだから、プレミアムの650万円は少し割高だ。3列目までエグゼクティブラウンジシートを備えることを考えても、600万円くらいが妥当だろう。

それでも先に述べた通り、2/3列目に豪華なシートを備えた室内は注目される。今までのミニバンはすべて3列目の快適性が見劣りしたが、グランエース プレミアムなら、すべての乗員が高い満足感を得られる。

例えば大切な顧客を送迎する時、従来は2台のクルマを必要としたが、2/3列目が両方ともに豪華なグランエースであれば1台で済む。用途によっては、合理的で経済性の伴ったVIPモデルになり得る。

グランエースは多様化する次世代ハイエースのひとつ

現行型ハイエースにも豪華なワゴンタイプのスーパーロングボディが存在

なお商用バンとされる国内版の現行型ハイエースも、多人数乗車可能なクルマを求めるユーザーの間で人気が高い。

大きな荷室を備えるハイエースバンとは別に、4列シートを備えたハイエースワゴン(10人乗り)が用意され、豪華なスーパーロングボディのグランドキャビンも選べる。乗車定員が14名のコミューターを運転するには中型免許が必要だが、10名以下のワゴンとグランドキャビンなら普通免許で扱える。

グランエースの登場でハイエースワゴンは廃止される!?

今回グランエースが発売され、4列シート版も設定されたとはいえ、現行型ハイエースワゴンやハイエース グランドキャビンなどがいきなりモデル廃止されるとは思えない。

ハイエースワゴンのボディは全幅が1880mmとワイドだが、いくつかの架装メーカーの手により、4ナンバーサイズに収まるバンを4列シート/10人乗りのワゴンへと改造し独自に販売している例もある。それだけ多人数乗車の需要があるということの表れだ。

ハイエースワゴンは全席に3点式シートベルトとリクライニング機能が備わり、運転のしやすさと多人数乗車の機能を両立させた。グランエースは、このように多様化するハイエースのひとつと見ることもできる。

海外版のワイドで超ロングな新型ハイエースバン、国内発売はある?

グランエースのベースになった海外版ハイエースの商用モデル(新型ハイエースバン)を、国内で売る予定はないのだろうか。

トヨタの販売店に尋ねると「その話は聞いていない」という。背景には国内で売られるハイエースバンの優れた空間効率があるだろう。ボンネットを備えずにエンジンを前席の下に搭載したことで、全長が4695mmのボディでも荷室長は3000mmに達する。

グランエースのベースになったボンネット内部にエンジンを搭載する海外版ハイエースでは、全長が5265mmに達するのに、荷室長は2910mmだから、国内で売られる4ナンバー車のハイエースを下まわってしまう。ハイエースは日本津々浦々に点在する狭い裏道を走ったり、限られたスペースの倉庫内で荷物を収納することも多く、4ナンバーサイズを守ることは大切だ。

まとめ:グランエース/新型ハイエースは、まだまだ可能性が広がる1台だ

それにしてもトヨタ ハイエースシリーズは商用バンのベストセラーであり、世界には新旧併せてさまざまな仕様が用意されている。国内でも、貨物需要のみならず送迎車両やキャンピングカー、さらには高規格救急車のベースとしてもポピュラーな存在だ。

新型グランエースのベースになった海外向けの新型ハイエースバンは、大柄な車体ということもあって、国内のビジネス需要で使うには合理性に欠けるかも知れない。しかしレジャーカーとして考えれば、また新たな用途も広がる。グランエースや海外向け新型ハイエースの2/3列目を取り去りフリースペースにしたようなベース車があると、広々したキャンピングカーや移動販売車などの楽しいクルマも造れそうだ。今後の更なる展開にも期待したい。

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:茂呂 幸正・トヨタ自動車]

【随時更新!】東京オートサロン2020最新情報

トヨタ グランエース プレミアム / トヨタ グランエース G 主要スペック比較表
グレード名プレミアムG
価格(消費税込み)650万円620万円
全長×全幅×全高5300mm×1970mm×1990mm5300mm×1970mm×1990mm
ホイールベース3210mm3210mm
駆動方式FR(後輪駆動)FR(後輪駆動)
車両重量2740kg2770kg
乗車定員6名8名
エンジン種類直列4気筒 DOHC
ターボディーゼルエンジン
直列4気筒 DOHC
ターボディーゼルエンジン
総排気量2754cc2754cc
エンジン最高出力130kW(177PS)/3400rpm130kW(177PS)/3400rpm
エンジン最大トルク450Nm(46.1kg・m)/1600rpm450Nm(46.1kg・m)/1600rpm
トランスミッション6速AT6速AT
使用燃料軽油軽油
燃料消費率(WLTCモード燃費)10.0km/L10.0km/L
燃料消費率
(WLTC:市街地/郊外/高速道路モード)
8.1km/L/9.9km/L/11.2km/L8.1km/L/9.9km/L/11.2km/L
タイヤサイズ235/60R17235/60R17

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ
トヨタ/グランエース
トヨタ グランエースカタログを見る
新車価格:
620万円650万円
中古価格:
607.6万円679.6万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ グランエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ グランエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ グランエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ グランエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ グランエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる