【サイズと内装比較】トヨタ アルファードとトヨタ グランエースは何が違う!? 最大の差は3列目シートの快適性にあった!

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
トヨタの人気ミニバンといえば、アルファードだ。姉妹車であるヴェルファイアはトヨタの全店全車併売によって販売台数を落としているが、400万円〜700万円ほどする高価格帯でありながら販売ランキングの上位に食い込んでいる。

一方で、あまり振るわない印象なのが同じトヨタから販売されているグランエースだ。今回はアルファード、ヴェルファイアとグランエースを写真で比較していこう。

目次[開く][閉じる]
  1. グランエースはボディサイズを生かして4列シートと3列シートを用意する
  2. 乗降性はアルファード&ヴェルファイアの方が良い
  3. 大きな違いは3列目シートの快適度だ

グランエースはボディサイズを生かして4列シートと3列シートを用意する

アルファードよりもさらに大きなボディを持つLサイズミニバンのトヨタ グランエース。グレードは8人のりのGグレードと6人乗りのプレミアムを用意しており価格は620〜650万円ほど。そんなグランエースには、個人ユーザーよりも法人のVIPなどが快適に移動できるよう工夫がなされている。

特筆すべきはそのサイズで、そしてグランエースはボディが大きい。

全長5300mm×全幅1970mm×全高1990mmに達する一方、アルファード&ヴェルファイアは全長4950mm×全幅1850mm×全高1935mm。フロントマスクは相当な迫力とデカさを誇るが、ボディ全体で比べるとアルファード&ヴェルファイアはグランエースに対し短く、そして小さい。グランエースはそのサイズを生かして4列シートモデルと3列シート仕様をラインアップしている点もアルファード&ヴェルファイアとは異なる。

乗降性はアルファード&ヴェルファイアの方が良い

床の高さは乗降性の違いに表れる。グランエースは後輪駆動で床の位置が持ち上がっており、600mmくらいに達する。アルファード&ヴェルファイアの床面地上高は450mm前後であることからもグランエースの床はかなり高いことがわかる。サイドステップを介して乗り降りするため、ミニバンとして乗降性はあまり良くない。

大きな違いは3列目シートの快適度だ

インテリアを見ていこう。先述した通り、主力グレードのグランエース プレミアムは3列シートの6人乗り。2列目、3列目には、アルファード&ヴェルファイアと同様のエグゼクティブパワーシートを装着した。固定されたアームレストと、電動リクライニング機能と足を支える電動オットマンが備わる。

アルファード&ヴェルファイアの特等席は2列目だ。1列目も相応に快適だが、3列目の快適度はいまいちだ。左右に跳ね上げて荷室として使うことも考慮されているため、3列目は背もたれと座面が薄い。座り心地が良好とはいえず、床と座面の間隔も足りないから、足を前方へ投げ出す座り方になってしまう。

その点でグランエース プレミアムは、2列目に加え、3列目にも大型のエグゼクティブパワーシートを装着したため3列目の快適性も高い。その点で6人乗りモデルでは全席が快適に移動できると言っていいだろう。

個人ユーザー目線で見ればアルファード&ヴェルファイアの方が使いやすい

そもそも対象となるユーザー層が異なるが、同じミニバンでもキャラクターがしっかりと分けられており、それぞれのユーザーにあった装備が施されている。

常に多人数で乗車する機会が多い人にとっては、乗員全員が快適に過ごせるグランエースも購入検討モデルになってくるのではないだろうか。

【筆者:MOTA編集部】

トヨタ/グランエース
トヨタ グランエースカタログを見る
新車価格:
620万円650万円
中古価格:
531.4万円675万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ グランエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ グランエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ グランエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ グランエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ グランエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる