トヨタ 新型高級ミニバン「グランエース」登場|12月16日発売、価格は620万円~

画像ギャラリーはこちら
トヨタは、新型車「グランエース」を2019年12月16日より発売開始した。価格は620万円~650万円(消費税込み)。

グレードは、3列シート6人乗りの「Premium」と、4列シート8人乗りの「G」の2つを設定。セミボンネットのパッケージを採用し、上質な室内空間と、静粛性や走行安定性など磨き抜かれた基本性能の高さが特徴のフルサイズワゴンとなっている。

>>これは驚きの高級感! グランエースの内外装を画像で見る(36枚)

目次[開く][閉じる]
  1. 迫力&存在感のある外観デザイン
  2. ゲストをもてなす室内空間
  3. 高級車らしい滑らかな乗り心地
  4. 充実の安全・快適装備
  5. トヨタ 新型グランエースの主なスペック
  6. 各グレードの価格

迫力&存在感のある外観デザイン

強い押し出し感を演出するフロント&リアビュー

新型グランエースの外観は、金属調加飾の大型ラジエーターグリルがヘッドランプと融合し、上下・左右方向に張り出すことで、華やかかつ、強い押し出し感を演出した存在感あるフロントビューとなっている。

またグリル枠と連続し、ヘッドランプに突き刺さる特徴的なLEDデイタイムランニングランプと、クロム加飾フレームで囲んだプロジェクター式2眼LEDヘッドランプが高級車に相応しい先進性を強調している。

リアデザインは、フロントデザインと呼応すリアコンビネーションランプのLEDの光の帯が先進性を強調。上方向を指し示す特徴あるデザインのリヤコンビネーションランプとバックドアガーニッシュを組み合わせ、高い位置にレイアウトすることで堂々とした風格を表現した。

ワイドなのに取り回しが良い

全長5300mm、全幅1970mmのワイドなサイズにも関わらず、最小回転半径5.6m(17インチタイヤ装着時)を達成。最適なステアリング切れ角とギア比の設定により、タイヤの滑らかな動きを可能とし、市街地での取り回しの良さを実現した。

ゲストをもてなす室内空間

3列シートと4列シート

3列シートのPremium(グレード)は、2列目ならびに3列目の4席に、ゆったりとくつろげる専用のエクゼクティブパワーシートを採用。

座り心地の良さに加えて、ロングスライド機構やパワーリクライニング機構、パワーオットマン、快適温熱シート、格納式テーブルなどを装備し利便性や快適性の良さも追求した。

4列シートの「G」は、2列目にエグゼクティブパワーシート、3列目にレバー操作でシート調整可能なリラックスキャプテンシートを設定。

4列目には、ワンタッチで座面が跳ね上がる6:4分割チップアップシートを採用するなど、乗車人数や手荷物の量にフレキシブルに対応した。

大人の上質感を演出

ブラックを基調とした低くワイドなインストルメントパネルは、空調吹き出し部に金属調加飾を、助手席正面に木目調加飾を配して華やかさを演出。メーターフードには表皮巻きと本ステッチを実施するとともに、ステアリングホイールには本革を使用し木目調加飾と組み合わせるなど、上質なインテリアを追求した。

また後席は、フロントシート背面からサイドトリムに向かって配した木目調加飾や、加飾に沿って優しく灯されるLEDサイドカラーイルミネーションなど、クールさの中にも落ち着きのある大人の上質感を演出している。

高級車らしい滑らかな乗り心地

燃費と環境にも配慮

1GD 2.8Lクリーンディーゼルエンジンと6速オートマチックトランスミッションを搭載。高級車に求められる滑らかさ・静粛性に加え低回転からトルクフルな走行を実現し、WLTCモード走行燃費は10.0km/Lを達成した。

またDPRや尿素SCRシステムの採用により、窒素酸化物(NOx)を大幅低減。これにより排出ガス規制の基準「ポスト新長期規制」に適応している。

高い走行安定性と優れた静粛性

FRレイアウトを採用し、各ピラーをアンダーボディと結合した環状骨格構造を用いることで、高剛性ボディを実現。またサスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式独立懸架、リアはトレーリングリンク車軸式を採用。

高いボディ剛性に対して、サスペンションジオメトリの最適化やストロークの確保によって、接地感ある上質な乗り心地と高い走行安定性を実現した。

さらにエンジンルームと室内を隔てるダッシュパネルにサンドイッチ鋼板を使用するなど、制振材・吸遮音材を効果的に配置。様々な路面環境においても高級ワゴンにふさわしい優れた静粛性を追求した。

充実の安全・快適装備

スマホ連携で快適なカーライフ

ディスプレイオーディオ(DA)とDCMを標準装備し、安心・便利なコネクティッドサービスを提供する。

SmartDeviceLinkに対応するTCスマホナビや、音楽・ラジオアプリなどをDA上に表示して操作可能とし、LINEカーナビでは音声認識で目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などが可能となっている。

またApple CarPlay、Android Autoなど、日常利用している地図アプリや音楽アプリなどをDA上で操作・利用できる(TVとセットオプション、契約時にT-Connect契約が必要)。

トヨタ Safety Senseで安全・安心をサポート

安全装備として、歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「トヨタ Safety Sense」を採用。

駐車時など、静止物を検知して衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ・静止物)、駐車場での後退時に左右後方から接近する車両を検知し衝突の可能性がある場合、ブレーキを制御するリアクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ・後方接近車両)、切替レバーを操作することで、車両後方カメラの映像をミラー内のディスプレイに表示するデジタルインナーミラーなど、安全・安心をサポートする機能も充実している。

また従来通りの車載用ナビ機能を利用したいユーザーには、T-Connectナビキットもオプションで用意している。

トヨタ 新型グランエースの主なスペック

■駆動:2WD(FR)

■エンジン:1GD-FTV 2.8L直噴ディーゼルターボ

■トランスミッション:6 Super ECT

■乗員:8人(G)、6人(Premium)

各グレードの価格

■G:620万円

■Premium:650万円

※価格はいずれも消費税込み

トヨタ/グランエース
トヨタ グランエースカタログを見る
新車価格:
620万円650万円
中古価格:
599.6万円700万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ グランエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ グランエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ グランエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ グランエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ グランエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる