トヨタ 新型GR86の買いグレードはどれ!? じつは一番安いRCが装備内容を考えても一番オススメだった!

画像ギャラリーはこちら
スバル 新型BRZの発売から遅れること約2ヶ月、晴れて発売となったトヨタ 新型GR86。2リッターから2.4リッターへ排気量アップした点やATモデルにアイサイトを標準装備とするなど、改良ポイントは多岐にわたる。そして新型GR86には全3つのグレードが用意されており、購入する際に悩むユーザーも多いはずだ。そこで今回は早くも新型BRZを購入した永田恵一氏が新型GR86の買いグレードをご紹介! 結論から言えば充実装備のベースグレードがオススメという結果であったが、どんな違いがあるのか!?
目次[開く][閉じる]
  1. 新型BRZオーナーが新型GR86の買いグレードを解説
  2. 新型GR86は全3種類! ベースグレードと最上級モデルの価格差は約50万円
  3. 新型GR86で走りを楽しみたいならベースグレード「RC」がオススメ

新型BRZオーナーが新型GR86の買いグレードを解説

スバル 新型BRZがフルモデルチェンジされてから約2ヶ月遅れて、トヨタ 新型GR86もデリバリー(納車)が開始された。2代目となる新型GR86&BRZは初代モデル以上に2台の差別化が大きくなっている点も特徴に、どちらも甲乙付けがたい楽しいクルマに仕上がっている。

ここでは初代86前期型Cタイプに6年近く乗り、2代目BRZに即乗り換えそろそろ3ヶ月。そして早くも2500kmを航行した筆者が、新型GR86に設定される3つのグレードを紹介し、買いグレードを考えてみた。

>>じつは若年層オーナーが多かった!? スポーツカー冬の時代に初代86/BRZはビジネス的に大成功だった

新型GR86は全3種類! ベースグレードと最上級モデルの価格差は約50万円

トヨタ 新型GR86に設定される3つのグレードはベースとなるRC、上級のSZ、最上級のRZとなる。それぞれの価格と主な装備内容を紹介していこう。

ベースグレードはMTモデルのみ! エアコンなど快適装備も充実

まずは279万9000円で買える、ベースグレード「RC」だ。

初代86にも前期型Cタイプまで設定されていたRCは価格こそ約200万円と安かったが、エクステリアは前後無塗装の黒いバンパーにスチールホイール。そしてエアコンとオーディオは装着できず、ダッシュボードのパネルすらなしと、「普通に乗れないクルマ」というのが率直な印象だった。

しかし新型GR86のRCはスチールホイールというのは変わらないが、それ以外はフル装備となっている。走りの面でもトルセンLSD付と、強烈な価格の安さそこないもののホイールさえ換えればまったく普通に乗れるクルマとなっているのだ。

新型GR86の中級グレードは価格以上に装備が充実!

次は中級グレードのSZだ。価格は6速MTモデルが303万6000円。アイサイトが付く6速ATモデルは319万9000円となる。ちなみに新型BRZと比較すると、Rグレードが相当し、6速MTモデルが308万円。6速ATは324万5000円となっている。

RCに対しタイヤが17インチとなる。初代モデルと同じ先代プリウスのミシュランプライマシーHP+アルミホイールを装着するのだ。MTモデルにはクルーズコントロール、本革巻きシフトノブ&パーキングブレーキレバーなどが加わり、スピーカーも6つとなる。ちなみにRCは2つ。

なお、標準状態での装備内容は新型GR86 SZに対し新型BRZ Rはアルミペダル、後側方警戒支援システムとステアリング連動ヘッドライトといった安全装備が加わり、BRZの方が価格差以上に充実しているのだった。

最上級グレードRZは大径タイヤを装着! ブレーキパッドなど専用装備も満載

最後は最上級グレードのRZだ。価格は6速MTモデルが334万9000円。アイサイトが付く6速ATモデルは351万2000円だ。新型BRZではSが相当し6速MTが326万7000円、6速ATは343万2000円となっている。

中級グレードのSZに対しタイヤは18インチのミシュランパイロットスポーツ4とグレードアップされ、スポーツブレーキバッド。そして後側方警戒支援システム、ステアリング連動ヘッドライト、バックフォグランプ、アルミペダルなどが加わり、シート地はウルトラスエード×本革のコンビ、スピーカーも6つから8つとなる。

標準状態での装備内容はスポーツブレーキパッドとバックフォグランプが付くGR86の方が充実しているが、価格差ほどではなく、全体的にBRZの方が車両価格と装備内容だけ見るとリーズナブルな傾向だ。

>>【トヨタ 86新旧内装比較】新型GR86は油温・水温計も表示される液晶メーターや待望のアームレスト付き収納など大幅に使い勝手が向上していた

新型GR86で走りを楽しみたいならベースグレード「RC」がオススメ

3グレードとも選ぶ意義は大きいのも事実だ。グレード別にみていこう。

最上級グレードのRZは、新型GR86の完成形というに相応しいグレードである。それに加え充実した装備が揃うので、一般的には無難な選択である。

初代モデルとの進化度を体感したいなら中級グレードがイイ

中級グレードのSZはどうか? 筆者は新型BRZのグレードを選ぶ際、初代86オーナーだったので先代プリウスのタイヤ同士という同じ条件で2代目の進化を確認したかったと考えていた。加えて、装備内容も十分充実しているのでRを選択したのだが、筆者同様に初代モデルの乗り換えや性能の違いを味わいたい方ならSZがいいだろう。

サーキット走行も楽しみたいならベースグレードだ

本当に安いのかはともかくとして、ホイールを換えれば普通に乗れる点も含めた絶対的な安さが魅力である。だが、フロアサイレンサー(車内のカーペット下に敷かれる防音、防振のためのアスファルト材)がないため、走行音が他のグレードより目立つのだった。ただ、ロールバーを着ける人などならフロアサイレンサーは剥ぐこととなるので、サーキット走行などを楽しみたいユーザーにはおすすめである。

>>排気量向上によるネガは自動車税アップ以外なし! 初代86と比べるとコントロール性大幅アップ【初代86オーナーが新旧86・BRZ比較 走行性能編】

以上のことを総合すると、今回は筆者の主観が相当入るが、今新型GR86を買うならRCをカスタマイズしていくのがベストチョイスに感じる。

いずれにしても筆者は自分のものにした新型BRZに大満足しているのもあり、欲しいならGR86とBRZの好みに合う方をぜひ購入することを強く勧める。

【筆者:永田 恵一】

トヨタ/GR86
トヨタ GR86カタログを見る
新車価格:
279.9万円351.2万円
中古価格:
286万円496.2万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松川渓谷に佇む宿 信州山田温泉 山田館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ GR86の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ GR86のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ GR86の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ GR86の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ GR86のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる