【トヨタ 86新旧内装比較】新型GR86は油温・水温計も表示される液晶メーターや待望のアームレスト付き収納など大幅に使い勝手が向上していた

画像ギャラリーはこちら
今秋発売予定のトヨタ 新型GR86の内外装デザインやスペックなどが公開された。初代86の登場から9年ぶりの新型モデルとあって大注目のクルマである。なかには初代86から買い替えを検討している方も多いハズである。そこで今回は初代86オーナーが内装にフォーカスした新旧比較を敢行! 結論からいえば新型GR86は初代モデルのネガを払拭した買いのモデルとなっていた!
目次[開く][閉じる]
  1. 新型GR86は追加メーター要らず! モード変更で油温・水温計も表示される
  2. カップホルダーに待望のフタとアームレスト機能が備わった
  3. 新型GR86のドアにはグリップがない!? 廃止された理由とは
  4. 新型GR86のルームミラーが一般的なタイプに変更! そのワケは腐食が原因だった

新型GR86は追加メーター要らず! モード変更で油温・水温計も表示される

新型GR86の内装は全体的な質感の向上や着座位置が5mmダウンという数値以上に包まれ感が増している点など、スポーツカーらしい雰囲気は上々だ。

とくに運転席まわりではメーターに注目したい。新型GR86は液晶メーターを採用しているが、走行モードによって油温と水温も数字で表示される仕様となっている。

ダッシュボードやピラーに追加メーターを装着する必要がないのは初代86オーナーとしてはうらやましいポイントである。

>>排気量向上によるネガは自動車税アップ以外なし! 初代86と比べるとコントロール性大幅アップ【初代86オーナーが新旧86・BRZ比較 走行性能編】

カップホルダーに待望のフタとアームレスト機能が備わった

また、旧型オーナーだからこそ感じる細かい点に関してはカップホルダーにもある。

初代86のセンターコンソールに設置されている2人分のカップホルダーは、筆者のように小柄でシートを前にセットするドライバーだと手を後ろに回しても届きにくい位置にあった。

新型GR86も設置位置こそ大きく変わらないものの、機能が大幅にアップしたのだ。初代86はカップホルダー以外にも大型の小物入れとしても使用できたが、フタの設定がなかったために生活感が出てしまっていた。

ところが、新型GR86はフタ付きとなり、収納スペースとして使えるだけでなく、アームレストの機能も併せ持つのは評価すべきポイントである。

>>【新型GR86とBRZは実質値下げ!?】トヨタ 新型GR86は260万円スタート、スバル 新型BRZは310万円となる見込み!

新型GR86のドアにはグリップがない!? 廃止された理由とは

新型GR86のドアパネルにも注目したい。

初代モデルはドアにアシストグリップが装備されていたが、新型GR86はグリップが廃止されている。

筆者はやや特殊な使い方かもしれないが、自分の86でスポーツ走行する際に同乗走行やインストラクターに運転してもらう逆同乗をすることもあり、そういった強い横Gが掛かる2人乗りの時には旧型のグリップはなくてはならない機能と考えていた。

この点についてデザイナーさんに聞いてみると、「となりに女性などを乗せて、シートを後方にするといった際はグリップに届かないこともあり、グリップレスにした」とのことで、世の中的には正しいのは新型だろう。

新型GR86のルームミラーが一般的なタイプに変更! そのワケは腐食が原因だった

初代86の上級グレードは「クーペは後方視界が狭いから、少しでも広くするため」という理由で、フチなしメガネのようなフレームレスのルームミラーを採用していた。ところが、新型GT86は通常のタイプとなった。

これには旧型のフレームレスルームミラーの写真を見てもらうと分かるように、筆者も経年劣化による腐食している状態である。

デザイナーさんに聞いてみると「フレームレスルームミラーは確かに腐食の問題もあり、今回はコストなど総合的に考え、通常のタイプとしました」という回答で、これも正しい選択だと思う。

今回は初代86オーナーが新型GR86に触れて感じた、羨ましいポイント。そしてオーナーだからこそわかる細かい内装に関する話をご紹介してきた。

これから購入を考えている初代86オーナーの方々はこちらの記事を参考にしてほしい。

【筆者:永田 恵一】

トヨタ/86
トヨタ 86カタログを見る
新車価格:
267.2万円506万円
中古価格:
105万円2,376万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ねぶた温泉 海游 能登の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ 86の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ 86のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ 86の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ 86の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ 86のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる