じつは若年層オーナーが多かった!? スポーツカー冬の時代に初代86/BRZはビジネス的に大成功だった

画像ギャラリーはこちら
初代86/BRZが登場したのは2012年のこと。当時も現在と同様にスポーツカーにとって厳しい時代である。にもかかわらず新型GR86とBRZが登場したのはクルマ好きにとって非常に喜ばしいニュースである。だが、初代モデルはビジネス的に考えて成功であったのだろうか!? そこで初代86を所有している永田恵一氏がオーナー目線で初代モデルの功績を斬る!
目次[開く][閉じる]
  1. 結論! 初代86/BRZは大成功だったから新型モデルが生まれたのだ
  2. 2012年当時国産スポーツカーはごくわずか。4人乗りの後輪駆動車は86/BRZだけだった
  3. 新車が売れたおかげで中古車市場も大盛り上がり
  4. 初代オーナーは新型へ乗り換えを! 中古車市場を盛り上げるとともに若年層へバトンタッチを

結論! 初代86/BRZは大成功だったから新型モデルが生まれたのだ

初代86、そしてBRZは絶対的な台数は多くなかったとしても、ビジネスとしても9年間の合計で30万台近くが生産されている。

利益になっていたか? と言われれば初代モデルが成功と言えたから、新型GR86とBRZが開発されたのだろう。

ちなみに初代は量販の上級グレードだと総額300万円級のクルマだったのもあり、当初はお金に余裕があるオジさん世代の購入が多かった。

だが最近はトヨタとスバルいわく20代、30代の若年層オーナーが増えているというのも喜ばしい話である。

>>トヨタはなぜGR86やGRスープラなどのスポーツカーを単独で開発しないのか!? その答えはスポーツカービジネスの難しさにあった

2012年当時国産スポーツカーはごくわずか。4人乗りの後輪駆動車は86/BRZだけだった

また思い返せば、初代モデルが登場した2012年は現実的な価格で買えるスポーツモデルはごくわずかしかなかった。具体的には先代ロードスター、先代スイフトスポーツ、絶版になったCR-Zくらいしかなく、この手のクルマは絶滅寸前といっても過言ではない状態であった。

そのなかでFRの4シーターでまずまず実用的で、頑張れば手の届く価格であった初代86とBRZは本当に貴重な存在だったのだ。

新車が売れたおかげで中古車市場も大盛り上がり

それだけに初代モデルは最後まで堅実に売れ、いろいろなジャンルのモータースポーツにも使われているのだ。

トヨタがそうなるよう動いたおかげも大きいが、アフターマーケット市場も活性化しているのも大きな功績といえる。

さらに筆者もその一人であるが、新車が十分売れてくれただけに、中古車も豊富に流通するといった超好循環が起きている。新型も開発されたというのは、クルマがいい悪い以前に初代モデルが残した最大の功績ではないだろうか。

>>乗り換えユーザー必見! 新型GR86は初代86のパーツが使えるゾ

初代オーナーは新型へ乗り換えを! 中古車市場を盛り上げるとともに若年層へバトンタッチを

筆者の86&BRZへの想いになるかもしれないという前置きをさせてもらうが、新車から7年目、自分で5年半乗った初代86に大いに楽しませてもらった。

GRヤリスも持つ筆者にとって旧型86は大人のオモチャ的な存在のため、自分の中には「このまま旧型で遊ぶ」という考えもある。

しかし、今なら筆者の旧型86もそれなりの査定が付きそうなこと。そして3回目の車検が近づいていることもあり、少々偉そうながら「36歳で買った初代86に楽しませてもらい、現在41歳のオッさんになった筆者がすべき理想は、新型を買い、まだまだ十分楽しめる旧型を次の誰かに回すことかもしれない」とも思い始めている。

そのため価格などいろいろなことが折り合えば、新型への乗り換えもちょっと考えているところである。

【筆者:永田 恵一】

トヨタ/86
トヨタ 86カタログを見る
新車価格:
267.2万円506万円
中古価格:
105万円2,376万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ 86の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ 86のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ 86の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ 86の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ 86のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる