キングコング西野さん、金の「ニシノクラウン」をトヨタと製作

  • 筆者: オートックワン 編集部
  • カメラマン:オートックワン 編集部

“金 × 濃紺”の特別なクラウンが誕生

トヨタは、キングコング・西野亮廣さんとのコラボレーションにより誕生した「ニシノクラウン」を報道陣に公開しました。

現段階では市販予定のないこの特別モデルは、2019年3月12日から17日の6日間、表参道ヒルズ及びソーカルリンクギャラリー(東京都・渋谷区)にて展示されます(ソーカルリンクギャラリーは 13日から)。

ベースとなったのは、トヨタの代表車種でもある「クラウン」(グレード:2.5 S “C パッケージ”)。西野さんは、この高級車に大胆にも金色と濃紺のカラーリングを取り入れ、ニシノクラウンを完成させました。

またデザインにあたっては、西野さんが主催するオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」の会員約22,000人も参加するなど、その製作方法も独特なものとなっています。

なぜこのようなデザインになったのか、2019年3月11日に行われたお披露目会に西野さんがトヨタ自動車株式会社 第2国内販売部 杉浦宏哉部長と共に登壇。西野さん本人がその理由を語りました。

◆【えっ そこも金色!?】ニシノクラウンの細部を写真でチェック

日本を代表するモデルに取り入れられたのは、まさかの「ナポレオン」

ド派手なカラーリングで周囲を圧倒するニシノクラウン。そのデザインモチーフは、西野さんいわく「ナポレオンの帽子」だといいます。

「『革新』がテーマとなっている新型クラウンからナポレオンをイメージし、彼にまつわるモチーフを探した。そして、クラウンユーザーの声を聞いたところ、この車種の強みが『走り』と『燃費』の2つであることを知り、そこからナポレオンの帽子のモチーフである『バイコーン』(角が2本生えている伝説上の生き物。ユニコーンの角が2本になったもの)をモチーフに決めた。色も、ナポレオンの帽子を意識した」とコメント。

純国産車であるクラウンにあえて異国のモチーフを取り入れるという、西野さんのセンスが存分に取り入れられたデザインとなりました。

また雑学要素も取り入れることで、この車を見かけたときに一緒にいる人との話のネタになるように、という狙いもあるようです。

しかし、見れば見るほど大胆なデザイン。“凡人”であれば思いつかないようなカラーリングですが、西野さんはデザインにあたり、歴史あるクラウンというモデルの文脈のなかでデザインすることを心がけたといいます。しかし「革新」がテーマでもあることから、このようなデザインとなったようです。

西野さん自身も、現在「えんとつ町のプペル」を題材にした美術館の建設や映画製作、さらにはホテルの運営など、様々なプロジェクトの開始を発表し、幅広い領域でチャレンジを続けています。

西野さん主宰のオンラインサロン会員も巻き込む“参加型”で製作

ところで西野さんといえば、自身が率いるオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」の運営でも有名。西野さんが手がける様々なプロジェクトにファンも携わることができるこのオンラインサロンは、会員数約22,000人と日本最大級の規模を誇ります。

ニシノクラウンのデザイン過程では、西野さんが会員に製作途中のデザイン案を共有し、会員の意見を聞くという取り組みが行われていました。

西野さんはオンラインサロン会員を巻き込んだ理由として、まず「参加した皆さんにSNSで“ドヤって”もらうため」と説明。

「お客さんは『あの特別なクラウン、私が作ったんだよ』と誰かに言いたい、ドヤりたいと思っているはず。だから従来型の受け身のエンターテインメントではなく、参加型にしている」とコメントしました。

もう一つの理由は、受け取り手にとって「自分事」になるから、ということ。「オンラインサロンの会員は、自分がクラウンを“作った”ことを周囲に言いたくなるから、約22,000人の会員は表参道へ見に来るだろう」と、ファンを一度製作側へ巻き込み、その上で再び「お客さん」として迎え入れるという彼独特の方法論を語りました。

冒頭に書いたとおり、今の所ニシノクラウンに市販化の予定はありません。しかし、西野さん自身も「この車に女の子を乗せてドライブしたい」と語るなど、魅力的なモデルに仕上がっています。

過去には、トヨタ自身がショッキングピンクで塗装したクラウンを製作し、実際に販売した事例もありました。西野さんがニシノクラウンのハンドルを握る日は来るのか、そして市販化されるのか、注目されます。

[筆者・撮影:オートックワン編集部]

キングコング・西野亮廣さん プロフィール

兵庫県出身。NSC(吉本総合芸能学院)の 22期生として、漫才コンビ「キングコング」を結成。

2009年からは「にしのあきひろ」名義で絵本作家としても活動を開始し、2016年に出版した「えんとつ町のブペル」は、絵本として異例の37万部を突破するなど、クリエイター顔負けの才能を発揮しています。

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者オートックワン 編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ クラウンの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ クラウンのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ クラウンの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ クラウンの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ クラウンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる