【国産派vs外車派】トヨタ カムリとフォルクスワーゲンパサートセダンをくらべてみた|外車のススメ Vol.18(1/2)

画像ギャラリーはこちら
あえて選ぶ外車のススメ。この企画では「国産車、じゃなくて輸入車」をテーマに、様々なカテゴリーの車種を比較検討します。第18回のテーマは、大人の深みを感じさせる、落ち着きのあるセダン対決。国産ミドルクラスセダンとして貴重な存在となった「カムリ」と、フォルクスワーゲンの旗艦を務める「パサートセダン」をご紹介します。

>>VWが満を持して日本へ投入した? クリーンディーゼルのパサートの内外装をもっと見る

目次[開く][閉じる]
  1. 今や貴重な存在? 若々しい印象も併せ持つ国産ミドルクラスセダン「トヨタ カムリ」
  2. シャープなデザインが特徴のフラッグシップ「フォルクスワーゲン パサート」
  3. カムリはハイブリッド、パサートはディーゼルで勝負
  4. トヨタ カムリ、じゃなくて伝統の欧州セダン「パサート」という選択
  5. 毎週火曜日は「あえて選ぶガイシャのススメ」

今や貴重な存在? 若々しい印象も併せ持つ国産ミドルクラスセダン「トヨタ カムリ」

かつてはクルマ販売の中心だったセダンは、「当たり前」の存在でした。販売店ごとにモデルの名前や仕様を変えて用意していた時代には、数え切れないほどの車種がありました。

現在では、ミニバンとSUVに押され、各メーカーとも年々ラインナップからセダンを削っており、悲しいことに存在感がますます薄くなっています。

セダンの再復活! 新型カムリ登場

そんな最中の2017年。トヨタは、「セダンの復権」を託して、新型カムリを発表しました。

10代目となる新しいカムリは、全面刷新によってロー・ワイドなフォルム、大胆なデザイン処理、そして優れた足回りなどを獲得。北米カムリのスポーティバージョン「SE」「XSE」と同じ外観を持つ、WSの追加も話題になりました。

フレッシュなイメージも功を奏し、発売以来好調な販売台数を記録。ターゲットの年齢層よりも若い世代が買っているという、嬉しい誤算も起きました。

トヨタ/カムリ
トヨタ カムリカタログを見る
新車価格:
348.5万円464.8万円
中古価格:
31.1万円468.9万円

なお、現在のトヨタのセダンは、カローラ(およびカローラアクシオ)、アリオン/プレミオ、カムリ、クラウン、センチュリーで構成されています。もはやマークII、マークXなどのトヨタを代表するセダンが消滅した今、カムリはミドルクラス級セダンとして貴重な存在になりました。

>>トヨタの歴代セダンを写真でチェックする!

シャープなデザインが特徴のフラッグシップ「フォルクスワーゲン パサート」

フォルクスワーゲン パサートは、1973年に初代がデビュー。それまで空冷エンジンをリアに積んでいたVWから一転、水冷エンジン+FF車時代の幕開けを飾った車種のひとつでした。

現在のモデルは2015年に登場の8代目。一時期「フェートン(日本未導入)」に旗艦の座を譲ったこともありますが、基本的には一貫して、フォルクスワーゲンのフラッグシップを努めてきました。

現行型カムリの全長は4.9mを超えており、かつてのクラウン以上のサイズになりました。それと同じく、パサートもモデルチェンジのたびにボディサイズを大型化。現在全長4.8m近い巨躯に成長しました。

フォルクスワーゲン/パサート
フォルクスワーゲン パサートカタログを見る
新車価格:
401.3万円526.6万円
中古価格:
28万円464.5万円

品があり、長期で乗れるプレミアムカー

外装は、飽きのこないVWらしい端正でシャープなもの。デザイン処理に余計な要素がなく、ストイックな雰囲気も漂います。きらびやかなのに派手さを抑えた装飾も、いたずらに華美にならない品の良さがあります。インテリアの質感もさらに向上し、プレミアムカーらしさを獲得しました。

カムリはハイブリッド、パサートはディーゼルで勝負

メイン市場の北米にはV6エンジンも用意するカムリですが、日本では2.5リッターハイブリッド1本のみ。

そしてパサートは2018年に待望のディーゼルエンジンを搭載した「TDI」を追加しており、ハイブリッドに強いトヨタvsディーゼルで定評のあるフォルクスワーゲンという、縮図のようなラインナップになりました。

ユーザーには手を出しやすい金額設定になっているカムリ

カムリはベーシックモデルの「X」「G」「G レザーパッケージ」「WS」「WS レザーパッケージ」の5グレードを展開。

価格は345万円から445万円までで、量販モデル「G」は、372万円で、スポーティグレード「WS」の販売も好調です。

もはや国産車の価格は絶対的な数値で見ると安くありませんが、装備・クルマの出来・車格を考えると、カムリシリーズは全体的に買い求めやすい価格設定になっています。

輸入Dセグメント車ではお手頃なパサート

一方パサートは、2020年6月現在、装備違いで2種のディーゼルモデル「TDIエレガンスライン」「TDIハイライン」を、専用の内外装を持つスポーティグレード「2.0TSI R-Line」の3モデルを設定。

TSI R-Lineのみが、2リッターTSIガソリンエンジンを搭載します。

価格はそれぞれ441万円、512万円、523万円です。

いわゆるDセグメントセダンでは、BMW 3シリーズやメルセデス・ベンツ Cクラスのボトムラインが500万円前後からのスタートなので、パサートも輸入Dセグメント車として賢い選択のひとつです。

装備品の差があるため、単純比較はできませんが、本革シートの有無で見ると、カムリの「G レザーパッケージ」が433万円、「WS レザーパッケージ」は445万円で、それに相当するパサート「TDIハイライン」は512万円となり、価格差が70〜80万円ほどあります。

しかし旗艦として必要十分以上の装備を持つ「TDIエレガンスライン」なら、互角の価格帯になります。

1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ カムリの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カムリのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カムリの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カムリの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カムリのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる