autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ カムリ新グレードWS 試乗 | これが“本気”仕様か?より意のままに動くスポーティーセダンへ進化

試乗レポート 2018/10/19 20:31

トヨタ カムリ新グレードWS 試乗 | これが“本気”仕様か?より意のままに動くスポーティーセダンへ進化

関連: トヨタ カムリ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田 清志
トヨタ カムリWS
トヨタ カムリWSトヨタ カムリWSトヨタ カムリWSトヨタ カムリWS画像ギャラリーはこちら

セダン“冬の時代”におけるカムリの現状

今の自動車メーカーは世界的な大企業に成長して、ダイハツ以外は、世界生産台数の80%以上を海外で売るようになった。

この海外指向を象徴する商品がトヨタ カムリだろう。1980年に発売された初代モデル(セリカカムリ)は国内向けだったが、1990年代に入ると海外指向を強め、1996年に発売された6代目(カムリグラシア)で3ナンバー車になった。現行型は10代目で2017年7月に発売されている。

カムリは北米市場だけでも1か月に平均3万台前後を安定して売るが、日本国内では、2018年度上半期(2018年4~9月)の1か月平均で1300台少々だった。今の国産Lサイズセダンは、クラウンなどの一部例外を除くと、大半がカムリと同じく海外向けに開発される。月販平均が1000台以上なら堅調な部類だが、カムリの生産総数に占める国内の割合はきわめて小さい。

そして現行カムリは、2017年7月の発売時点で国内の月販目標を2400台に設定したが、2018年度上半期は前述の1300台少々にとどまる。発売から1年足らずで、売れ行きが目標の半数程度まで落ち込んだ。発売時点で開発者は「新型カムリを切っ掛けに、日本でセダンを復権させたい」と意気込んだが、今のところ空振りに終わっている。

◆専用パーツを多数装着!トヨタ カムリWSの内外装を画像で見る

「Worldwide Sporty」を名乗るカムリの本気グレードが登場

トヨタ カムリWS

この厳しい販売現状を打破することも視野に入れて。新グレードのカムリWSが設定された。WSは「Worldwide Sporty」の略称で、世界に通用する高性能車という意味だろう。

カムリはそこまで日本が嫌いなのか? と思ったりするが、WSは外観をカッコ良く仕上げた。フロントグリル、前後のバンパー、サイドマッドガードなどは、いずれもスポーティな専用デザインで、マフラーは左側の2本出しだ。いずれも北米仕様のXSEなどに準じた外観となる。

アルミホイールは、標準装着されるのは17インチだが、オプションで18インチのブラック塗装も用意した(レザーパッケージも18インチを標準装着する)。WSを選ぶなら、18インチタイヤ装着車がピッタリだろう。

トヨタ カムリWSトヨタ カムリWS
トヨタ カムリWS

内装ではシートが専用の形状になり、装飾も異なる。パドルシフトが装着され、ハンドルを保持しながら6速の疑似変速も行える。

サスペンションはWS専用のスポーツ仕様になり、操舵に対する反応を機敏にするなどチューニングを施した。

WSの追加に伴って、ナビゲーション&オーディオには、JBLプレミアムサウンドシステムを加えている。インテリジェントクリアランスソナーの標準装着など、安全性も高めた。

なおエンジンは、従来と同じく直列4気筒2.5リッターエンジンをベースにしたハイブリッドシステムを搭載する。海外仕様と違って、2.5リッターのノーマルエンジンやV型6気筒の3.5リッターエンジンは設定されない。

イメージ通りのラインをトレースできるハンドリング性能

トヨタ カムリWS

カムリWSのテスト車両が用意できたというので、早速試乗してみよう。テスト車は、18インチのタイヤを装着するカムリWS“レザーパッケージ”(434万1600円)だ。

従来から設定のあった標準ボディと異なるのは、操舵した時の車両の反応だ。カムリはTNGA(Toyota New Global Architecture)の考え方に基づく新しいプラットフォームを採用するため、ステアリングの支持剛性も高く、ハンドルを操作した時の反応は正確な部類に入る。カムリWSでは、そこをさらに洗練させた。比較的小さな舵角から車両の向きが変わるので、ドライバーが意図した走行ラインに乗せやすい。車両との一体感を得る上でも有利だ。

峠道を走った時の車両の動きも、上手にチューニングされている。車両重量が1500kgを上まわるLサイズの前輪駆動セダンだが、カーブを曲がる時に旋回軌跡が外側へ膨らみにくい。カーブの手前で減速した後、ハンドルを少し意識的に内側へ切り込む感覚で曲がると、車両の向きを積極的に変えやすい。

この性格は現行カムリの全車が備えるが、WSはさらに少し曲げやすい方向に設定した。標準ボディに比べると、曲がりやすい分だけ後輪の接地性が下がる場面もあるが、常に粘りながら挙動を変えるために安定性は損なわない。支障のない範囲で、タイヤのグリップバランスを少しだけ前輪寄りに改めた。

走行性能を高めた代わりに乗り心地は少し硬いが、粗さは抑えられて一種の密度感が伴う。路面のデコボコは伝えるが、不快な印象はない。速度が高まるに連れて快適性が向上するから、高速道路を頻繁に走るユーザーに適するだろう。

トヨタ カムリWS

試乗車が装着していた18インチタイヤ(235/45R18)の銘柄は、ブリヂストン トランザT005Aで、指定空気圧は前後輪ともに240kPaであった。指定空気圧は少し高めだが極端ではなく、乗り心地も損ないにくい。JC08モード燃費は28.4km/Lだから、売れ筋のGグレードと等しい。

WSで注意したいのは取りまわし性だ。最小回転半径は、17インチタイヤ装着車は5.7mで、18インチになると5.9mに達する。ボディサイズも全長が4940mm、全幅は1840mmになるため、購入する時は縦列駐車や車庫入れなどを試したい。

加速感は3リッターエンジン並の力強さ

トヨタ カムリWS

ハイブリッドシステムの動力性能は、ほかのグレードと同じだが、実用的には十分だ。モーターの駆動力に余裕があり、巡航中にアクセルペダルを緩く踏み増した時の加速感は、排気量が3L前後のノーマルエンジンに匹敵する。

フル加速ではパワーの盛り上がり方が意外に大人しいが、それでも2.7Lくらいの印象だから、燃費効率とのバランスを考えても動力性能は満足できる。

装備内容を考えれば、カムリWSはお買い得

価格はWSが367万2000円で、WSレザーパッケージは434万1600円になる。試乗したWSレザーパッケージの価格は、標準ボディのGレザーパッケージ(アルミホイールのサイズは18インチ)に比べて11万3400円高い。

内外装のパーツだけで、価格換算額は10万円前後に達するから、パドルシフトや専用の足まわりが備わることも考えると、レザーパッケージを含めたWSは買い得だ。

“本命”グレードを後から出すのは不親切に感じられる

トヨタ カムリWS

今のセダンの価値は、後席とトランクスペースの間に隔壁を備えることによる高剛性と、重心の低さにある。つまり走行安定性と乗り心地のバランス、いい換えれば安全と快適がセダンのメリットだから、WSはカムリの本命といえるだろう。

このような主力グレードを、販売のテコ入れ対策のように後から発売するのは不親切だ。売れ行きを保つ上では効果的だが、先に買ったユーザーは「1年待てば良かった」と後悔してしまう。欠点を直す改良は積極的に行うべきだが、価値観の違うグレード追加は、慎重にやらないと顧客の満足度を下げる。

特に今は、昔に比べるとセダンの売れ行きが大幅に下がった。セダンを買うのは、クルマ好きのユーザーが中心だから、売れ行きを考えてもカムリはWSを最初から設定すべきだった。カムリに限らずセダンは崖っぷちに立たされ、もったいぶっている余裕はない。最初から全力投球で行くべきだ。このことは月販目標の半数という、カムリの売れ行きが示している。

[Text:渡辺 陽一郎 / Photo:和田 清志]

 

トヨタ カムリWSの主要スペック
全長4910mm
全幅1840mm
全高1445mm
ホイールベース2825mm
乗車定員5人
車両重量1570kg
車両総重量1845kg
最小回転半径5.7m
エンジン種類直列4気筒
駆動方式FF
排気量2487cc
電池種類リチウムイオン電池
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
エンジン最高出力131kW(178PS)/5700rpm
エンジン最大トルク221Nm(22.5kgf・m)/3600-5200rpm
モーター最高出力88kW(120PS)
モーター最大トルク200Nm(20.6kgf・m)/3600-5200rpm
トランスミッション電気式無段階変速
JC08モード燃費28.4km/L
車両本体価格(消費税込み)3672000円

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ カムリ の関連編集記事

トヨタ カムリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ カムリ の関連編集記事をもっと見る

トヨタ カムリ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR