レクサス 新型ES 実燃費レポート | 日本へ新たに投入された大型FFセダン、燃費の実力は!?(1/4)

  • 筆者: 小鮒 康一
  • カメラマン:茂呂 幸正・小鮒 康一

レクサス最新ハイブリッドセダンの実燃費を検証

今回の燃費テストに持ち出したのは、今年10月に日本市場には初導入となったレクサスのアッパーミドルクラスセダンであるESだ。日本市場には初導入となるが、実は北米市場ではLSとともに1989年の開業当初からラインナップされている車種であり、レクサスブランドの最量販車種のひとつともなっている。

といっても、初代~4代目モデルは日本でも同一車種が販売されていた。初代はトヨタ カムリプロミネントとして、2代目から4代目モデルはトヨタ ウィンダムとしてラインナップされていたことをご存知の方も多いだろう。

そんなESは現行のレクサスラインナップの中ではISとGSの間を埋める車種となっており、どちらかというとスポーティさよりもラグジュアリー感を重視した落ち着いた佇まいを持ったモデルとなっている。日本市場では2017年末まで販売されていたレクサスHSの後釜というポジションも担っていると言えそうだ。

日本国外ではV6 3.5リッターガソリンエンジンなどのラインナップも持つESではあるが、現状日本仕様でリリースされているのは直列4気筒2.5リッターのA25A-FKS型エンジンに3NM型モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載した「300h」のみ。グレード展開は「300h」、「300h version L」、「300h F SPORT」の3グレードとなっている。

◆ESの内外装を見る

起用グレード

今回のテストに使用した300hは、上級グレードに位置するversion L。と言っても、グレードによってエンジン出力に違いがあるわけではなく、カタログ燃費もすべてのグレードで共通の数字となっている。厳密にいえば標準仕様が他グレードに比べ40~50kg軽く、17インチの215サイズのタイヤを履いているため実燃費に差が出る可能性はあるが、誤差の範囲と言ってもいいレベルだということだろう。

なお、今回のテスト車両は世界初採用となったデジタルアウターミラーも装着されていた。燃費と関係ない部分ではあるものの、そのチャレンジ精神は評価したいところ。ただちょっと先に行き過ぎてしまった感は否めなかった。

燃費テスト概要

燃費測定は12月20日に実施。天候は晴れだったものの、最高気温は15度程度でのテストとなった。テストコースは、朝10時ごろに青山にあるオートックワン編集部を出発した後、高速、郊外路、市街地・街乗りの順で走行。16時ごろに再びオートックワン編集部へ戻るルートを選択した。

燃費の数値は車両の燃費計を使用し、総合燃費のみ各セクションの数値を元に計算したものとなっている。エアコンは24度設定のフルオートで、走行モードはECO、パドルシフトを使っての変速はせず全域でDレンジで走行し、クルーズコントロールは未使用としている。

レクサス 新型ESの総合実燃費は…?

レクサス 新型ESの総合実燃費は22.97km/L

結論から言うとトータルで159.9kmを走行し、全行程を走り切ったトータルの燃費は22.97km/Lとなった(セクション燃費から計算した数値)。WLTCモード燃費の数値は20.6km/Lということで、カタログ燃費を超える数値となった。1.7トンを超える車重のクルマとしてはかなり優秀な数値と言えるだろう。

このクラスの車両を購入する人には大きな問題ではないかもしれないが、レギュラーガソリン仕様というのも見逃せない点だ。なおJC08モード燃費だと23.4km/Lであり、やはりJC08モード燃費は実燃費との乖離があるという印象だ。

それではここからは走行シーンごとの燃費や走りっぷりなどをお伝えしていこう。

レクサス/ES
レクサス ESカタログを見る
新車価格:
599万円713万円
中古価格:
367.7万円733万円
1 2 3 4 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

レクサス ESの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス ESのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス ESの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス ESの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス ESのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる