autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート レクサス 新型ES 実燃費レポート | 日本へ新たに投入された大型FFセダン、燃費の実力は!?

燃費レポート 2019/1/2 17:00

レクサス 新型ES 実燃費レポート | 日本へ新たに投入された大型FFセダン、燃費の実力は!?(1/4)

関連: レクサス ES Text: 小鮒 康一 Photo: 茂呂 幸正・小鮒 康一
レクサス ES
レクサス ESレクサス ESレクサス ESレクサス ES画像ギャラリーはこちら

レクサス最新ハイブリッドセダンの実燃費を検証

LEXUS、新型「ES」を発売

今回の燃費テストに持ち出したのは、今年10月に日本市場には初導入となったレクサスのアッパーミドルクラスセダンであるESだ。日本市場には初導入となるが、実は北米市場ではLSとともに1989年の開業当初からラインナップされている車種であり、レクサスブランドの最量販車種のひとつともなっている。

といっても、初代~4代目モデルは日本でも同一車種が販売されていた。初代はトヨタ カムリプロミネントとして、2代目から4代目モデルはトヨタ ウィンダムとしてラインナップされていたことをご存知の方も多いだろう。

そんなESは現行のレクサスラインナップの中ではISとGSの間を埋める車種となっており、どちらかというとスポーティさよりもラグジュアリー感を重視した落ち着いた佇まいを持ったモデルとなっている。日本市場では2017年末まで販売されていたレクサスHSの後釜というポジションも担っていると言えそうだ。

日本国外ではV6 3.5リッターガソリンエンジンなどのラインナップも持つESではあるが、現状日本仕様でリリースされているのは直列4気筒2.5リッターのA25A-FKS型エンジンに3NM型モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載した「300h」のみ。グレード展開は「300h」、「300h version L」、「300h F SPORT」の3グレードとなっている。

◆ESの内外装を見る

起用グレード

レクサス ES

今回のテストに使用した300hは、上級グレードに位置するversion L。と言っても、グレードによってエンジン出力に違いがあるわけではなく、カタログ燃費もすべてのグレードで共通の数字となっている。厳密にいえば標準仕様が他グレードに比べ40~50kg軽く、17インチの215サイズのタイヤを履いているため実燃費に差が出る可能性はあるが、誤差の範囲と言ってもいいレベルだということだろう。

なお、今回のテスト車両は世界初採用となったデジタルアウターミラーも装着されていた。燃費と関係ない部分ではあるものの、そのチャレンジ精神は評価したいところ。ただちょっと先に行き過ぎてしまった感は否めなかった。

燃費テスト概要

燃費測定は12月20日に実施。天候は晴れだったものの、最高気温は15度程度でのテストとなった。テストコースは、朝10時ごろに青山にあるオートックワン編集部を出発した後、高速、郊外路、市街地・街乗りの順で走行。16時ごろに再びオートックワン編集部へ戻るルートを選択した。

燃費の数値は車両の燃費計を使用し、総合燃費のみ各セクションの数値を元に計算したものとなっている。エアコンは24度設定のフルオートで、走行モードはECO、パドルシフトを使っての変速はせず全域でDレンジで走行し、クルーズコントロールは未使用としている。

レクサス 新型ESの総合実燃費は…?

レクサス 新型ESの総合実燃費は22.97km/L

レクサス ES

結論から言うとトータルで159.9kmを走行し、全行程を走り切ったトータルの燃費は22.97km/Lとなった(セクション燃費から計算した数値)。WLTCモード燃費の数値は20.6km/Lということで、カタログ燃費を超える数値となった。1.7トンを超える車重のクルマとしてはかなり優秀な数値と言えるだろう。

このクラスの車両を購入する人には大きな問題ではないかもしれないが、レギュラーガソリン仕様というのも見逃せない点だ。なおJC08モード燃費だと23.4km/Lであり、やはりJC08モード燃費は実燃費との乖離があるという印象だ。

それではここからは走行シーンごとの燃費や走りっぷりなどをお伝えしていこう。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

レクサス ES の関連編集記事

レクサス ESの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス ES の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR