スズキ ハスラー 試乗レポート/今井優杏(3/4)

  • 筆者: 今井 優杏
  • カメラマン:オートックワン編集部
スズキ ハスラー 試乗レポート/今井優杏
スズキ ハスラー「X」[FF/ボディカラー:サマーブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ] スズキ ハスラー「X」[FF/ボディカラー:キャンディピンクメタリック ホワイト2トーンルーフ]とレポーターの今井優杏さん スズキ ハスラー「X」[FF/ボディカラー:サマーブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ] スズキ ハスラー「X」[FF/ボディカラー:サマーブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ] 画像ギャラリーはこちら

オフロードへのこだわりが日常の快適さにもつながった!

スズキ ハスラー「X ターボ」[フルタイム4WD/ボディカラー:フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ] 試乗レポート/今井優杏 3スズキ ハスラー「X」[FF/ボディカラー:サマーブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ] 試乗レポート/今井優杏 5

と、ここまでオフロードでの魅力を熱弁しておいて言うのも何だが、実は今回の試乗シーンは一般道だった。

が、この試乗でものすごく感動したことがある。それが『フツーに街で走っているときの』アシまわりの洗練だ。

申し遅れたがハスラーはパワートレーン含むプラットフォームを、2012年に登場した5代目ワゴンRと共用している。

スズキの愛娘「ワゴンR」はスズキが最も力を入れ、技術の粋を結集して作り込む入魂のモデルなのだが、現在のワゴンRは、燃費を追求するためにエコタイヤを装着し、徹底した軽量化のために若干アシがバタつく印象だった。

それにはもうひとつ理由があって、スズキはコチラもグローバルに愛される愛娘「スイフト」を持っているが、これが欧州で長きにわたり非常に人気が高い。その“愛される理由”には、しっかりと締まったアシの絶妙なチューニングの気持ちよさが挙げられるのだが、これで成功体験があるからか、スズキは軽自動車といえども案外カタめのアシを作って来るのだ。

このカタめのアシに軽自動車の軽いボディを乗せればそりゃ、跳ねた感じのフィーリングを感じるのは致し方ないし、ワゴン軽自動車の広いボディに路面で拾ったギャップが反響してしまうのも無理はない。

スズキ ハスラー「X ターボ」[フルタイム4WD/ボディカラー:フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ] 試乗レポート/今井優杏 5スズキ ハスラー「X」[FF/ボディカラー:サマーブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ] 試乗レポート/今井優杏 2

が!

このハスラーはオフロード走行をのっけから視野に入れてセッティングされているために、その辺がワゴンRよりもかなり柔らかくセッティングされていて、意外にもコレが一般道での上質な乗り味を実現しているんである!

ワゴンRがキビキビとしたイメージならばハスラーはゆったり。

まあオフロードでスポーツカーみたいにアシがカタいと、振動でドライバーも疲れちゃうしまっすぐ走れないし、クルマもダメージ受けちゃうしでイイ事はない。だからSUVやクロカンはハンドルもアシもやや余裕を持たせたセッティングをするのが、ドライバーへの負担を減らすためにもセオリーではあるのだが、これが絶妙に心地よかった。

ロールは比較的大きく、しかしアブソーバーのストローク幅があるのでしっかり沈み込んでキャビンの傾きはうまく吸収され、路面の凸凹は細かく反応しないようにいなされているのだ。正直ワゴンRもこのアシでエエんちゃうの、と思ったほど乗り心地がいい。

アイドリングストップ機構の作動具合もさらに洗練

スズキ ハスラー「X ターボ」[フルタイム4WD/ボディカラー:フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ] 試乗レポート/今井優杏 1スズキ ハスラー「X ターボ」[フルタイム4WD] 試乗中の今井優杏

あと一点、これまでワゴンR、スペーシアとちょっと不服だったのが、アイドリングストップからの再始動のタイミング。

ワゴンRベースのクルマは時速13km以下でエンジンが停止するようになっているのだが、この再始動のタイミングがこれまでとても繊細だったのだ。

信号待ちなんかで停止したい場所までクルマを転がす時、だれもがブレーキを少し緩めたり強めたりして位置を『合わせる』と思うのだが、これまではほんの少~しブレーキを緩めただけでいきなりぶるん!と再始動してしまい、せっかくのアイドリングストップが台無しになるような、停止のたびにプチストレスを感じていた。

何よりも嬉しかったのは、その制御がハスラーではかなり改善され、不用意に再始動してしまうストレスもほぼ感じなくなっていることだ。

安全性との兼ね合いで難しい調整点ではあるけれど、この辺ちゃんと顧客からの意見をくみ上げて反映する、スズキらしいユーザーに優しいクルマ作りをしてるんだなぁと感激した。

[次ページへ続く]

スズキ ハスラー「X」[FF] インテリアスズキ ハスラー「X」[FF] インテリアスズキ ハスラー「X」[FF] インテリアスズキ ハスラー「X ターボ」[フルタイム4WD] インテリアスズキ ハスラー「X」[FF] インテリア

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 法師温泉 長寿館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ ハスラーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ハスラーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ハスラーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ハスラーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ハスラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる