MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ ハスラー 試乗レポート/今井優杏

試乗レポート 2014/1/15 14:50

スズキ ハスラー 試乗レポート/今井優杏(1/4)

関連: スズキ ハスラー Text: 今井 優杏 Photo: オートックワン編集部
スズキ ハスラー 試乗レポート/今井優杏

ハスラーであんなことやこんなこと♪。。。

スズキ ハスラー「X ターボ」[フルタイム4WD/ボディカラー:フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ]スズキ ハスラー「X」[FF/ボディカラー:サマーブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ]

全国の軽自動車ファンと軽自動車ファン予備軍のみなさ~ん! また今後の展開までもが楽しみになっちゃうような、素敵な軽自動車が出てきましたよ! 今CMでもガンガン露出を図っている、スズキさんとこの「ハスラー」ちゃんだ。

『遊べる軽、出た!』のキャッチフレーズとともに色んな趣味用品、たとえば自転車やスノーボードなんかを並べてフロントフェイスをジグソーパズルのように、またモザイクのように再現するCMは、見ているだけで『ハスラーを買った後の自分の趣味の横幅』までもがぐんと広がるような、『あ~もしウチにハスラーが来たら、山にも行って海にも行ってアレもコレもしたいな~っ!わくわく!』な~んてリア充な妄想膨らませてくれる、微笑ましいストーリーだ。

既に大人気の「遊べる軽」

スズキ ハスラー「X」[FF/ボディカラー:キャンディピンクメタリック ホワイト2トーンルーフ]とレポーターの今井優杏さん

ポップなボディデザイン+ビビッドなボディカラー=嫌みのないキュートさで、1月8日の発売以降まだ1カ月も経過してないっていうのにこの新型ハスラー、すでに月間の目標販売台数を3倍も上回る受注を得ているそうな。

そう、ここのところのスズキはワゴンR、スペーシアと割と地味目のクルマをリリースしていたが、このハスラー、そんな近年スズキにしては久しぶりに思い切りのいい、明確なコンセプトを持つ。

ワゴンRが出た当時は、『乗用軽自動車がワゴンだなんて!』とその室内空間の広さや斬新なコンセプトが受け、長く『日本一売れているクルマ』の座を守り続けたものだが、今やご存知の通り室内空間をウリにしたワゴン系軽自動車は競合各社も乗り入れまくっていて、どこを見回してもライバルだらけ!の大混戦を極めている。

そんな中、「久しぶりに軽自動車業界に新たなブーム創りたいんじゃ~!」と新ジャンルに果敢に攻め込んで来たのがこのハスラーだというわけ。

スズキ ハスラー「X」[FF/ボディカラー:サマーブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ]

テーマはズバリ『SUV軽』だ。いや、クロスカントリーと言ってもいいかな。

クルマの世界での『クロスカントリー』とは、オフロード走行や悪路走破性に優れたクルマのことを指すが、ハスラーもこんなに可愛いカオして、実は本格四駆車顔負けの機能を持っている。意外にもかなりの本格派クロカン仕様なのだ!

[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

スズキ ハスラー の関連編集記事

スズキ ハスラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ハスラー の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR