スバルの人気SUV「フォレスター」は ハイブリッドとターボ、どっちが買い!? スバルらしい走りの愉しさを求めるなら断然ターボだ

画像ギャラリーはこちら
世界市場でいま最も売れているスバル車は、SUVの「フォレスター」だ。ここ日本でも、ミディアムクラスのほど良いサイズ感から、広く支持を集めている人気車種となっている。さて、2021年8月にマイナーチェンジを実施したばかりのフォレスターだが、4つあるグレードのうち、3グレードはe-BOXER(イーボクサー)と呼ばれるハイブリッド車で、残る1つがターボエンジンを搭載する。スバル車らしい走りの愉しさを味わうなら、筆者は断然“ターボ”を推したい。
目次[開く][閉じる]
  1. 新時代の加速フィーリングにスバリストも納得! のe-BOXER(イーボクサー)
  2. 2020年、新型レヴォーグに搭載された新開発1.8ターボがフォレスターにも採用
  3. e-BOXERのウリは燃費にあらず!? 走りの愉しさを味わうのならターボを選びたい

新時代の加速フィーリングにスバリストも納得! のe-BOXER(イーボクサー)

スバル フォレスターは、先進の4WD技術と独自の水平対向エンジンの組み合わせが独自の個性となり、根強い支持を集め続ける人気のSUVモデルだ。2018年に登場した現行型で5代目となる。

当初は、2.5リッターノンターボエンジンと、2リッターノンターボエンジンにモーターを組み合わせたe-BOXER(イーボクサー:ハイブリッド)の2タイプがラインナップされていた。

4代目にあった高性能な2リッターターボエンジンが廃止されたことで、高性能なスバル車を好むスバルファン(スバリスト)たちも一時は落胆したものの、モーターの補助効果は新時代のターボ!? とも言えなくはないことから、すぐに人気の中心となっている。

2020年、新型レヴォーグに搭載された新開発1.8ターボがフォレスターにも採用

その後2020年10月の一部改良で2.5リッターを廃止し、ラインナップの主力をe-BOXERに絞るとともに、新パワートレインとして、同年にフルモデルチェンジした新型レヴォーグに初搭載した新開発1.8リッターボクサーターボエンジンを、フォレスターにも採用した。

SNSなどでのスバリストたちの評判を探ってみる限り、e-BOXERの新しい加速フィーリングも新たな支持層を集めたが、旧来からのファンにはやはりボクサーターボのほうが馴染みやすいようだ。

2021年8月の大規模なマイナーチェンジでもこの体制は変わらず、新型フォレスター4グレードのうち「SPORT(スポーツ)」のみが1.8ターボで、残る3グレードは全てe-BOXERという布陣となっている。

e-BOXERのウリは燃費にあらず!? 走りの愉しさを味わうのならターボを選びたい

さて、悩ましいのがこの2つのパワートレインの選択だ。

他社のSUVでも、例えば「トヨタ RAV4」では、2リッターガソリン車と、2.5リッターハイブリッド車の2ラインアップが用意されている。2リッターガソリン車のカタログ燃費15.2km/L(WLTCモード燃費)と比べ、ハイブリッドは20.6km/Lと、ハイブリッドの低燃費ぶりが光る(ともに4WDモデルで比較)。

ただし2つのラインナップを比べてみると、例えば同等グレードの「ハイブリッド X E-Four」と、ガソリン「X 4WD」の価格差はなんと62万円にも及んでいる! その価格差を燃費差で補うことは無理だから、手持ちの予算によって必然的に選択肢が決まってくることだろう。

フォレスターのパワートレインは2タイプとも性能はほぼ互角

これに対しスバルの場合、e-BOXERのカタログ燃費は14.0km/L(WLTCモード燃費)で、1.8リッターターボも13.6km/Lと、ほぼ同等の燃費性能を誇る。SUBARU自身もe-BOXERをハイブリッドとは声高にうたっていない。使用燃料も、両モデル共にレギュラーガソリンと、ほぼ横並びの存在となるところが面白い。

しかも価格は、e-BOXERモデルが293万7000円から317万9000円。これに対し1.8ターボのSPORTは330万円と、むしろターボのほうが特別なモデルという位置付けになっているのが、なんともスバルらしいところ。

街中で活きるe-BOXERと、郊外路で発揮されるターボ…2つのフォレスターはこう違う

ここでe-BOXERと1.8リッターターボ、それぞれのフォレスターを乗り比べて感じた違いについてご紹介しよう。マイナーチェンジ後のe-BOXERは未試乗だが、スバルによるとパワートレイン自体の変更はないとのことなので、旧モデルでの印象でお伝えする。

静粛性が高く加速感もスムーズなe-BOXERは、特に街中での走行が心地良い。ただ、モーター出力の高いトヨタのハイブリッドなどと比べ、中速以上でのパンチに欠けるところも。郊外路でロングドライブを楽しむなら、1.8リッターターボの加速感に好感を持った。

ただし1.8リッターターボも、“ターボ”のスポーツ性をウリにするのなら、もう少しだけ低速からもりもりとパワーがあるとなお嬉しい。2リッターターボを搭載していたかつてのパワフルなフォレスターを知る人には、やや物足りなさを覚えてしまうだろう。

本来なら低速を補えるe-BOXER+ターボの組み合わせがあれば理想的なはずなのだが、それはないものねだりか。今後の展開にも期待したい。

ともあれ、新型フォレスターを買って週末のアウトドアレジャーなどでガンガン活用したいと考えるなら、現時点ではターボのほうを筆者はお勧めしたい。

このあたりは、ユーザーの使い方や好みによって意見も大きく分かれるだろう。ぜひ販売店で2モデルを試乗でしっかり乗り比べたうえで決めて欲しい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:茂呂 幸正・SUBARU]

スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
293.7万円330万円
中古価格:
24.8万円415.6万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おちあいろう

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる