新型フォレスターはわかりやすい4つのグレード構成! 明確な個性を持った各タイプを徹底紹介

画像ギャラリーはこちら
スバルの人気SUV「フォレスター」が2021年8月、マイナーチェンジを実施した。2020年登場の新型レヴォーグなどが採用する最新デザイントレンドを取り入れたほか、先進運転支援機能「アイサイト」も新世代にアップデートされるなど、多岐に渡る変更が加わった。そんな新型フォレスターのグレード体系は4タイプ。それぞれの特徴についてご紹介していこう。
目次[開く][閉じる]
  1. 2018年にフルモデルチェンジした5代目フォレスターがデビュー3年で大規模なマイナーチェンジを実施
  2. パワートレインはハイブリッド「e-BOXER(イーボクサー)」と、1.8リッター直噴ターボの2種類
  3. 唯一の1.8リッター BOXER 直噴ターボ“DIT”搭載グレード「SPORT」に注目

2018年にフルモデルチェンジした5代目フォレスターがデビュー3年で大規模なマイナーチェンジを実施

スバルは2021年8月19日、主力の人気SUV「フォレスター」をマイナーチェンジした。2018年6月にフルモデルチェンジを実施した現行モデルは5代目。デビュー3年のタイミングで大きくリニューアルを図った。

まずは外観から。もともと現行型フォレスターは、新開発の「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」や、新世代デザイン思想「DYNAMIC×SOLID」を取り入れた最先端のモデルだった。

2020年10月にフルモデルチェンジした2代目レヴォーグではそのデザイン思想をベースにした「BOLDER」コンセプトを採用し、さらに次の世代へ移行している。今回のマイナーチェンジでは新型レヴォーグ同様のデザイン進化を加え、主にグリル回りやヘッドライトといったフロントデザインを中心に、より力強い形状へとバージョンアップさせた。

スバルが重要視する安全性能については、独自の先進運転支援機能「アイサイト」を新世代にアップデート。前方を識別するステレオカメラを広角化しソフトウェアも改良することで、交差点などでの作動領域を拡大したり、追従走行アシストの精度もアップさせるなどしている。

パワートレインはハイブリッド「e-BOXER(イーボクサー)」と、1.8リッター直噴ターボの2種類

冒頭でもお伝えした通り、現行型フォレスターのグレード構成は4つ。そのうち3タイプは2リッター BOXER(ボクサー:水平対向)直噴エンジン+ハイブリッドモデル「e-BOXER(イーボクサー)」。

残る1タイプのみ、1年前の2020年10月の一部改良時に追加された1.8リッター BOXER 直噴ターボ“DIT”を搭載する。その際、2018年のデビュー当初から設定されていた2.5リッター BOXER 直噴エンジンは廃止された。なお全モデルがAWD(フルタイム4WD)である。

スバルの先進性を象徴する上級グレード「Advance(アドバンス)」

まずはe-BOXERの3グレードを順に紹介していこう。

「Advance(アドバンス)」は、アイサイトの後方支援機能「アイサイトセーフティプラス」を標準装備するほか、オプションでナッパレザーシート(ブラックとブラウンから選択可能)を設定するなど、5代目フォレスターを代表する最上級グレードというポジションに位置する。全体にシルバー加飾も多く、上質な雰囲気だ。価格は317万9000円(消費税込み、以下同)。

タフなアウトドア派「X-BREAK(エックスブレイク)」

「X-BREAK(エックスブレイク)」は、新型フォレスターの中でも特にアウトドアユーザーからの支持がアツいモデルだ。随所にレッドオレンジの加飾を施し、ガンメタリックの17インチアルミホイールを履かせるなど、タフなSUVらしさを強調した外観とした。他グレードではオプションのルーフレールも標準装備する。

また室内も防水シートや撥水カーゴフロアボードを採用し、ステアリングヒーターや、後席のシートヒーターを装備するなど、アウトドアでの機能性を持たせた。価格は308万円。

充実装備のベースモデル「Touring(ツーリング)」

e-BOXERのベーシックグレードが「Touring(ツーリング)」だ。ベーシックと言いながらも、悪路走破性を高める制御システム「X-MODE」や撥水シート、左右独立温度調整機能付のフルオートエアコン、運転席・助手席のシートヒーターなど、必要な装備は過不足なく揃っている。Advanceに標準装備のアイサイトセーフティプラスもオプション設定可能だ。価格は293万7000円となっている。

唯一の1.8リッター BOXER 直噴ターボ“DIT”搭載グレード「SPORT」に注目

スポーティな装いの「SPORT(スポーツ)」

最後に紹介するのが「SPORT(スポーツ)」。このグレードのみ、新型レヴォーグから採用が始まった1.8リッター BOXER 直噴ターボ“DIT”(177ps/300Nm)を搭載する。5代目にフルモデルチェンジした際、従来設定されていた2リッター BOXER ターボエンジンは廃止されていたから、スバリスト(スバルファン)にとっては待望の復活となった。SPORTの名に相応しく、内外装は黒の加飾でシブくまとめられている。なおリアのマフラーは、シリーズ唯一の左右デュアルタイプとなるのも特徴だ。価格は330万円である。

このように、明確に性格を変えグレード分けされているのが新型フォレスターの特徴。ライバルのSUVモデルの中でも、ここまで明確にされているのは他にあまりない。これは選ぶ側からしても非常にわかりやすい。ユーザーにも優しい設定なのだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:茂呂 幸正・SUBARU]

スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
293.7万円330万円
中古価格:
24.8万円415.3万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる