autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 加速 vs コーナリング│運転の醍醐味といえば、どっち?【みんなの声】

特別企画 2018/11/3 07:00

加速 vs コーナリング│運転の醍醐味といえば、どっち?【みんなの声】

Text: オートックワン 編集部
加速 vs コーナリング│運転の醍醐味といえば、どっち?【みんなの声】
加速 vs コーナリング│運転の醍醐味といえば、どっち?【みんなの声】加速 vs コーナリング│運転の醍醐味といえば、どっち?【みんなの声】加速 vs コーナリング│運転の醍醐味といえば、どっち?【みんなの声】加速 vs コーナリング│運転の醍醐味といえば、どっち?【みんなの声】画像ギャラリーはこちら

クルマを意のままに操ることは、ドライブの1番の楽しみ!

ドライブの楽しみには、周囲の風景や目的地のグルメ・観光など様々なものがありますが、クルマ好きな方であれば「運転自体を楽しむ」というのも外せませんよね。

その中でも、車の根源的な楽しさともいえるのが「加速」と「コーナリング」。そこで今回はこの2つのうち、好きな人がより多いのはどちらなのか調査しました。

◆日本車で加速・コーナリングを味わうならコレ!国産ハイパワー車をチェック

Q.運転していて一番楽しいのはコーナー?加速?

◆コーナーを曲がる時に歓びを感じる:55%

◆力強い加速に歓びを感じる:45%

(回答数:307票)

皆さんの声

加速 vs コーナリング│運転の醍醐味といえば、どっち?【みんなの声】加速 vs コーナリング│運転の醍醐味といえば、どっち?【みんなの声】

■どちらも楽しいですが、強いて言うならコーナリングです。自分の狙ったラインを狙い通りに曲がった時は、思わずニヤリとしてしまいます。限界域まで試さなくても楽しめますよ。大排気量車やターボ車のコーナーリングあけの加速も合わさると更に楽しいですね!

■「コーナーを曲がるとき」に一票です。ノーブレーキで突っ込んで車線をはみ出さずにグリップで抜けるのが好きです。

■マニュアルトランスミッション車の場合は、ヒール&トゥでコーナーへ。オートマチックトランスミッション車の場合は、左足ブレーキでコーナーへ。コーナー前後のシフトダウンとシフトアップが、クルマの運転の醍醐味ですね。

■やっぱりコーナーですね。リアが滑り出すか、出さないかくらいで曲がれればベスト。カウンターステアを当てるくらいだと、攻めすぎですよね。

■ターボエンジンの車に乗ってた頃はブーストの立ち上がってくる感覚が好きでしたが、今は自然吸気エンジンなのでブレーキからスムーズに曲がる事でしょうか。

■フレキシブルタワーバー等の装備によりしなやかさを保ちつつ、レールを下るように曲がるのが一番気持ちいいです。竹のようにしなやかで強靭な車であることが前提条件として必要と思われます。

調査を終えて

調査の結果、コーナリング派が5%の僅差で勝利という結果となりました!米国などと比べ日本は国土が狭く道が曲がりくねっていることが、結果にも反映されているのでしょうか。寄せられたユーザーの声でも、全員が「コーナーが好き」とコメント。見ているだけで、運転の楽しさが伝わってくるようです。

秋も深まり、ドライブも楽しいこの季節。3連休は、運転を楽しみに出かけてみてはいかがでしょうか。

【毎週火曜日・土曜日は、クルマにまつわる質問をTwitterユーザーに聞いて調査する連載「みんなの声」をお届け!次回もお楽しみに】

[筆者:オートックワン編集部]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR