autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 交通違反で検挙された経験がある人の割合はどれくらい? 【みんなの声】

特別企画 2018/10/27 07:00

交通違反で検挙された経験がある人の割合はどれくらい? 【みんなの声】

Text: オートックワン 編集部
栃木県警に納車された日産 GT-Rのパトカー
栃木県警に納車された日産 GT-Rのパトカー栃木県警に納車された日産 GT-Rのパトカー栃木県警に納車された日産 GT-Rのパトカー栃木県警に納車された日産 GT-Rのパトカー画像ギャラリーはこちら

交通違反で検挙された経験がある人は何%くらい?

【毎週土曜日は、クルマにまつわる質問をTwitterユーザーに聞いて調査する連載「みんなの声」をお届け!今週はコチラ】

普段どんなに安全運転を心がけているドライバーでも「つい制限速度を超えてしまった」「知らない道で道路を逆走しそうになってしまった」という経験をお持ちの方は意外に多いかもしれません。

そこで今回はTwitter上で、交通違反で検挙された経験についてアンケートを取ってみました。

◆【画像】GT-RにフェアレディZ、ランボルギーニまで? 追われたくない最速パトカー

◆【関連記事】栃木県警の日産 GT-Rパトカーの納車セレモニーに潜入!国内最強のパトカーが誕生

栃木県警に納車された日産 GT-Rのパトカー日産 フェアレディZ NISMO白バイ

Q. 交通違反で検挙されたことはありますか?

◆検挙されたことがある:46%

◆検挙されたことがない:54%

(回答数:264票)

回答いただいた皆さんの声

※写真はイメージです

■10km/hオーバー程度のスピード違反だったのですが上手く計測できなかったらしく、その際マフラーの違法改造で取り締まられました。車検適用マフラーだったのに……。あとコンビニの駐車場からバックで道路に出て、走り出した次の交差点で、シートベルト違反を取られました。

■今まで色々ありますが、一番納得いかなかったのが高速道路での車間距離違反。スピードも出してなく、車間も詰めていなかったので抗議したのですが、後日他県の警察署に出頭だったので、罰金を払って諦めました。

■スピード違反で捕まったのを会社の同僚に目撃されていて、恥ずかしかったですね〜(笑)

■夜中に暗いバイパスを走っていたら、暗闇の中から突然赤色灯が現れました。ビックリして「何か事件か!?」と思っていたら、事件は自分の速度違反という事が……。

■1回だけですが、夏の暑い日にオープンで走ってたら、うっかりネズミ捕りにかかりました。おまわりさんに刺々しいところがなくて「暑くてぼんやりしてた?」と気にかけてくれたのを覚えています。20数年の運転キャリアでそれだけで済んでるのは、多分あの経験のおかげ。あらためて、慢心しないようにと。

停止を求められたものの切符を切られなかった例も

実は、かくいう筆者も大昔に一度だけ、ヒヤリとする経験がありました。

広いバイパスを走行中、先行車に続き対向車線を横切って右折し、反対側の狭い路地に入りました。ところがその路地に入った直後に、後ろからパトカーが来て、サイレンを鳴らされ停車の指示。なんとそのバイパスは右折禁止だったらしく、私はその標識を見落としてしまった模様……。

が、呼び止めた警官の方は「前の車が先行したから行っていいと思ったんでしょう。ここは本当は右折禁止なので、次から気をつけてね」といって、なんと違反切符を切られずスルー。決して「ラッキー」などと喜んで良い状況ではありませんが、非常に安堵したのを今でも覚えています。

(ちなみに件の先行車は、後ろのことを気にすることもなく去っていました)

調査を終えて

覆面パトカー

結果としては双方近い票数ながら「検挙されたことはない」が若干多い結果となりました。とはいえ、2人に1人が検挙されたことがあるというのは、割合としては結構高いということもできます。

普段から交通ルールやマナーを破る運転をするのは論外ですが、普段の運転が丁寧な人だったとしても、ちょっとした軽微な違反を犯し、運悪く検挙されてしまうこともあるかもしれません。運転に慣れてくると、なんとなく気が大きくなり「ちょっとぐらい大丈夫だろう」という気持ちが芽生えてしまうことも考えられます。

交通ルールは本来、事故を防いで道路の安全を守るためにあります。煩雑な交通ルールや警察官が重点的に目を光らせている地域には、それ相応の理由があると考えてよいでしょう。

今一度初心に立ち返り、交通ルールを遵守した運転を心がけるようにしましょう。

[筆者:オートックワン編集部]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR