ピックアップトラックの格好良さを再発見! 日産が新型フロンティア2022年モデルを発表【日本にない日本車】

画像ギャラリーはこちら
海外に行くとよく見かけるのに、日本ではあまり走っていない日本車…それはピックアップトラックだ。アメリカ(特に郊外)ではもう、風景の一部と言っても良いほど。そんなトラックのひとつ「日産 フロンティア」が2021年2月4日(木)、2022年モデルを発表した。

モデルチェンジでイメージを一新した「日本にない日本車」新型フロンティアをご紹介する。

日産 新型フロンティア 2022年モデルを写真で見る[画像63枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 日本ブランド製トラックは今やアメリカの風景に溶け込む存在
  2. D21系ダットサンのモチーフを用いたワイルド系デザイン
  3. 日本ではどうして売らない!? 北米では2021年夏より販売予定

日本ブランド製トラックは今やアメリカの風景に溶け込む存在

フロンティアはダットサントラックの末えい

ピックアップトラックは、トヨタや日産が北米市場で急激に販売台数を伸ばし大きく発展を遂げるきっかけとなったカテゴリーだ。

1960年代後半から70年代にかけ、トヨタはハイラックスを、日産はダットサントラックをそれぞれ導入。80年代には両社とも現地生産も始めたことで、さらに広く普及を遂げた。

今では日本車ブランドのピックアップトラックがアメリカの風景の一部と言っても良いくらい、当たり前の存在となっている。

そんな長い歴史を持つ日産ピックアップトラックの最新モデルが、今回ご紹介する新型「フロンティア」である。

D21系ダットサンのモチーフを用いたワイルド系デザイン

日産の新型フロンティア 2022年モデルは、スクエアなフォルムが印象的だ。日産では、ピックアップトラックの耐久性と屈強さを表現しながら、安定性を感じさせる佇まいを与えたデザインだと説明する。

また歴代の日産製ピックアップトラックの中でも、1980年代から90年代にかけて生産され人気を博したダットサントラック(D21系“ハードボディ”)のモチーフも用いているという。D21はアメリカの日産デザインスタジオNDIでデザインされたピックアップトラックで、初代「テラノ」のベースともなっている。

日本ではどうして売らない!? 北米では2021年夏より販売予定

新型フロンティアは、インテリアデザインについても四角くタフな外観イメージを踏襲させた。同時に実用性も重視。シンプルで直感的な操作が可能なようにレイアウトした。

先進運転支援機能「日産セーフティシールド360」を採用し、オフロードモードを備えたインテリジェントアラウンドビューモニターも搭載する。

搭載されるエンジンは、大きく設計を見直したV型6気筒 3.8リッターガソリン直噴タイプ。9速オートマチックトランスミッションと組み合わされる。4WDモデルでは、2WD/4HI/4LOモードを備えた電子制御パートタイム式シフトオンザフライ4WDシステムを採用する。

グッとワイルドに生まれ変わった新型日産 フロンティア 2022年モデル。2021年夏より北米で発売を開始する予定となっている。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダトオル/撮影:NISSAN]

日産/エクストレイル
日産 エクストレイルカタログを見る
新車価格:
248.3万円412.5万円
中古価格:
19万円437.1万円
日産/ダットサン
日産 ダットサンカタログを見る
新車価格:
199.8万円301.8万円
中古価格:
75万円700万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 寛ぎの諏訪の湯宿 萃 sui-諏訪湖
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 エクストレイルの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 エクストレイルのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 エクストレイルの中古車検索 日産の記事一覧 日産 エクストレイルの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 エクストレイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる