キムタクに似合う日産車って、コレなんじゃない? 日本で売ってないゴツい四駆、日産 アルマーダはランクル最大のライバルだ!

画像ギャラリーはこちら
最近日産のCMにキムタクが登場しているけど、なんかどうもピンとこない。彼が乗って似合うのって、ホントはこんなクルマじゃない!?

日産 アルマーダは、北米市場向けに日本から輸出されるフルサイズSUV。トヨタ ランドクルーザー(ランクル)のガチなライバルで、かつて日本でも売られていた「サファリ」の後継にあたるヘビーデューティな四輪駆動車だ。

日本でも売って欲しいワイルド系、最新アルマーダ2021年モデルの詳細をお届け!

今の日産に足らないのはこのワイルドさ!? 日産 新型アルマーダを写真で見る[画像50枚]

目次[開く][閉じる]
  1. ライバル“ランクル”のモデルチェンジを控え、日産もアルマーダで先手を打ってきた!
  2. 全長5.3メートル! ランクルよりもさらに大きくて立派だ!
  3. 今の日産に足らないのは、こんなガツンとした男くさいヤツ!

ライバル“ランクル”のモデルチェンジを控え、日産もアルマーダで先手を打ってきた!

日産の北米法人は2021年1月19日、3列・8人乗りの本格的四輪駆動車「日産 アルマーダ」2021年モデルの発売を開始した。アメリカでの販売価格は48500米ドル(約504万円)から67900米ドル(約706万円)※だ。

2021年モデルでビッグマイナーチェンジを受けた新型アルマーダは、フェンダーやボンネットフードを含むフロント周り全てとリアバンパー、そしてインテリアなども大きく変更を受けてイメージを一新させた。

いよいよ2021年にもフルモデルチェンジが噂されるライバル車「トヨタ ランドクルーザー」を迎え撃つ強力な体制を整えるべく、先手を打った格好だ。

※1ドル約104円で換算。

▼ライバルのランクルはフルモデルチェンジ間近!? 最新情報をチェック!▼

全長5.3メートル! ランクルよりもさらに大きくて立派だ!

日産 新型アルマーダのボディサイズは、全長208.9インチ(約5306mm)×全幅79.9インチ(約2029mm)×全高75.8インチ(約1925mm)、ホイールベース121.1インチ(約3075mm)。

ちなみに現行型のトヨタ ランドクルーザー(ランクル200)の場合、全長4950mmx全幅1980mmx全高1870mm、ホイールベース2850mmだから、新型アルマーダのほうがひと回りほど大きくて立派である。室内も余裕十分。

実はアルマーダの兄弟車で、中東などで販売される「日産 パトロール」は全長5175mmともう少し短い。アメリカの雄大な大地に相応しいデザインとした分、ちょっとばかり大きく立派になった。これはもう日本車ではなく、“ほぼアメ車”だ。

豊かなトルクを生かしてハイウェイをのんびりドライブしたい

日産 新型アルマーダ 2021モデルに搭載されるのは、クラストップの最高出力400馬力を発揮するV型8気筒 5.6リッター DOHCエンジン。7速オートマチックトランスミッションと組み合わされる。豪快な加速を楽しむというよりは、豊かなトルク(最大トルクは約560Nm)を使って、のんびりとハイウェイを流すようなロングドライブが向いていそう。

信号の多い街中で発進・加速・停止を繰り返す使い方に特化した、日本のための日本車とは大違い。このおおらかな感じもまたいかにもアメ車だ。日本にいる立場からすると、そんなキャラがむしろ好ましく見えてくる。

タフなフルフレーム構造の四駆だから、大型のキャンピングトレーラーをけん引するのも余裕。けん引時の不安定さを解消するトレーラースウェイコントロールも備わる。

今の日産に足らないのは、こんなガツンとした男くさいヤツ!

やっちゃえNISSAN

最近日産は、新たなブランドアンバサダーとしてキムタクこと元SMAPの木村拓哉氏を起用している。「やっちゃえNISSAN」の印象的なメッセージと共に、EVやe-POWER、プロパイロット2.0といった最先端機能を搭載するモデルをスマートに格好良く乗りこなす感じが、ああキムタクって、いくつになっても“キムタク”だなあ、と思う。

ただ印象的だが、どこかピンとこないと感じているのは筆者だけではないはずだ。

でもプライベートのキムタクがグッとくるのは、きっとこんなクルマ

娘を学校へ送り迎えしたり、夫婦でサーフィンを楽しむなど、キムタクのプライベートな姿は写真週刊誌などで度々報じられている。

その時々に、彼の愛車と思われる大型のSUVやバン(多くがアメ車のようだ)にラフに乗り込む姿も一緒に映り込んでいて、僕らはキムタクのプライベートでのステキなカーライフの一端を目撃している。

アンバサダーに1台進呈してみては、いかが!?

おおらかなアメ車を楽しんでいる様子は、テレビで魅せるあのシュッとしたキムタクとはまた違う、素の姿を垣間見たような気分だ。最新のEVを乗りこなす姿に違和感を覚えたのは、そういったイメージが残っていたからかもしれない。

きっと素のキムタクが選ぶのは、きっとリーフでもスカイラインでもなく、きっとアルマーダのように、おおらかで自由に遊べるクルマだと思うのだ。

環境にやさしいEVやe-POWERももちろん大事。だけどまだまだ元気が足らない日本の日産には、こういうガツンと男っぽいのが1台くらいあってもいいんじゃないだろうか。

ひとまずアンバサダーに1台くらい贈呈してみても、いいのでは!?

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:NISSAN]

日産/サファリ
日産 サファリカタログを見る
新車価格:
467.5万円467.5万円
中古価格:
99万円244万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 サファリの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 サファリのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 サファリの中古車検索 日産の記事一覧 日産 サファリの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 サファリのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる