今のホンダに足らないのはこのワイルドさ!? 日本人が知らないイカツいHonda「リッジライン」

画像ギャラリーはこちら
アメリカの象徴と言うべきワイルドな「ピックアップトラック」。実はホンダにもそうしたラインナップがあることはあまり知られていない。今回ご紹介する「ホンダ リッジライン」は2005年に初代が登場し、現行型で2代目。日本人が知らないワイルドなHondaをご紹介!

カッコ良過ぎ! ホンダのワイルドトラック「リッジライン」を写真でもっと見る[画像41枚]

強いアメリカの象徴“ピックアップトラック”!

TOYOTAやNISSANだけじゃない! ホンダにもあったラインナップ

アリゾナのだだっ広い荒野、あるいは海沿いを往くハワイの田舎道…そんないかにもワイルドでアメリカンな景色に欠かせないのが、ピックアップトラックだ。

純アメリカブランドのGMやフォードと並び、TOYOTAやNISSANの文字がテールゲートに刻まれている姿はすっかりお馴染みだが、実はホンダにもピックアップトラックはある。その名は「Ridgeline(リッジライン)」。

強いアメリカの象徴とでも言うべきピックアップトラックと、日本人が想像するホンダのイメージはちょっとかけ離れているようにも思える。果たしてリッジラインとはどんなクルマなのだろう。

V6 3.5リッターエンジンを横置きに搭載

日本ではほとんど知られていない「リッジライン」だが、デビューは2005年のこと。2016年にフルモデルチェンジを果たし、現在北米向けに販売されている。ホンダのアメリカ法人Honda R&D Americasで企画・開発され、製造もアラバマのホンダ工場で行われる。そんな訳で、日本には一切販売されることもなく現在に至っている。

280馬力を発揮するV6 3.5リッターガソリン直噴VTECエンジンを横置きに搭載し、9速ATと組み合わせる。トルクベクタリングi-VTM4 AWD(4WD)とFFのラインナップがある。

ボディサイズは、全長5334mm(210.0インチ)×全幅1996mm(78.6インチ)×全高1798mm(70.8インチ)。ホイールベースは3180mm(125.2インチ)と、なかなか堂々とした大きさだ(2020年モデル/AWDの場合)。

2021年モデルでグッとワイルドになったリッジライン

リッジラインは、2021年モデル(2021年初頭発売)でマイナーチェンジを実施。その姿を大きく変更している。現在売られている2020年モデルと見比べてみると、変貌ぶりに驚くはずだ。

2020年モデルは都会的な雰囲気で、まるで乗用車のよう。それもそのはず、リッジラインはSUV「パイロット」の兄弟車なのだ。2020年モデルまでは、その影響を色濃く残していた。

ホンダでは、2021年モデルはピックアップトラックユーザーの嗜好に合わせた屈強なデザインに変更したと説明。ワイルドな印象は意図的なものであると認める。客室から前の部分は全てデザインを一新。ボンネットフード位置を高めグリルを拡大。黒いフェンダーアーチもワイドに拡大している。

荷台のテールゲートはダブルアクション可能

ホンダ リッジラインのインテリアは乗用車感覚が強い。この辺りはむしろ他社も同様の傾向があるから、2021年モデルでも大きく変更はされていないようだ。最新のディスプレイオーディオが備わり、室内空間もクラストップの広さを誇る。後席は座面の下に長尺の荷物を置くことも可能。ホンダのサイトではゴルフバッグをシート下に収納している画像が公開されていた。

荷台部もユニーク。テールゲートは横開きも可能なデュアルアクション式で、荷台床下にはサブトランクも設けられている。氷を入れればクーラーボックスの役割も果たす! というのがいかにもアメリカ風だ。

軽とコンパクトだけじゃない!「やっちゃえHonda!」

軽とコンパクトモデルが売れ行きのメインとなっている現状に、なんだか物足りなさを感じている日本のホンダファンも少なくないはず。時々とんでもない新発想のニューモデルを登場させ僕らをアッと驚かせてくれるホンダのことだ、こんなワイルドなリッジラインで日本市場の閉塞感をブチ破ってみる! というのはいかがだろうか。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:Honda]

ホンダ/CR-V
ホンダ CR-Vカタログを見る
新車価格:
336.2万円455.8万円
中古価格:
19.5万円409.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

米国ホンダ リッジラインの最新自動車ニュース/記事

米国ホンダのカタログ情報 米国ホンダ リッジラインのカタログ情報 米国ホンダの中古車検索 米国ホンダ リッジラインの中古車検索 米国ホンダの記事一覧 米国ホンダ リッジラインの記事一覧 米国ホンダのニュース一覧 米国ホンダ リッジラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる