ダットラの再来!? 日産の新型トラック「ナバラ」のゴツカッコ良さに惹かれる!【日本にない日本車】

画像ギャラリーはこちら
海外の田舎町でふと見かけた見慣れない日本車にグッと惹かれることがある。その代表格は「ピックアップアップトラック」。中でも80年以上に渡り生産し続けている日産のトラックは、世界で愛され続けているロングセラーモデルだ。40代以上の方なら、ダットラこと“DATUN(ダットサン)”の名でピンと来るはず。そんなダットラの再来とでも言うべきカッコいい新型トラック「ナバラ」をご紹介する!

ゴツカッコいい! 最新の“ダットラ”を写真でサクッと見てみる[画像52枚]

日本車を世界に広めた功労者(車)「ダットサン」の後継モデル

日産は2020年11月5日、ピックアップトラックの「ナバラ」の新型モデルを発表した。国によっては「NP300ナバラ」「フロンティア」などの名で売られるD23型トラックは、2014年にフルモデルチェンジを実施。スペインやタイ、中国などで生産されるグローバルモデルで、今回大きな改良を図った。

ナバラのご先祖は、戦前の1935年から生産を開始した「ダットサントラック」にまでさかのぼる。戦後から10数年後の1950年代からは早くも輸出を開始。1980年代には北米での現地生産も始まっている。ダットサンはトヨタのハイラックスと共に、日本車の名を真っ先に世界へ広めた功労者(車)なのである。

日本では2002年にD22型の販売を終了しているため、ダットサントラックはすっかり過去の名称になってしまった。しかし名前こそ変わってしまったものの、85年に渡る歴史を重ね今も世界で戦い続けている日本車であることに変わりはない。

乗用車と同等の快適性や安全性を確保

世界で愛されるピックアップトラックの日産 ナバラ。単なる商用車としての用途に留まらず、悪路が多い新興国ではファミリーカーとしても重宝されている。さらにアウトドアレジャーなどの趣味の道具をどっさり積み込めるレジャー用途車両としても、古くから根強い人気を誇る。

そうした旺盛な需要に応えるべく、今回のモデルチェンジは剛性強化や足回りの改善、静粛性の向上によって、快適性や運転性能が高められた。安全面では、インテリジェント エマージェンシーブレーキ(緊急自動ブレーキ)やインテリジェント FCW(2台先の動きを検知するシステム)など、乗用車同等の先進運転支援技術も備わる。さらにアラウンドビューモニター(360度モニター)四駆の低速走行時の周囲を確認できるオフロードモニターも追加された。

デザインテーマはズバリ「頑丈」!

そして外観デザインも大幅にリニューアルされているのも今回の大きなニュースだ。デザインテーマはズバリ「頑丈」。無骨さと力強さを表現した新デザインでグッと格好良く生まれ変わった。

その特徴を強調する新グレードが「PRO-4X」。アクセントカラーオレンジが際立つブラックのエンブレムやブラックグリル、17インチのゴツいオールテレインタイヤなど、随所がカスタマイズされている。

日本での復活はある!? その際には「ダットサン」の名で!

まずは2020年12月よりタイで販売開始を皮切りに、世界展開を図る日産 新型ナバラ。日本市場への導入はあるのだろうか。

2017年、同じタイで生産されるトヨタのピックアップ「ハイラックス」が日本へ輸入された。折しもアウトドアブームが再来。SUVよりもさらにタフで屈強なピックアップトラックの道具感は、本物志向のユーザーにぴったりとハマったようだ。実際、週末のキャンプ場や海山で、ハイラックスは急速に姿を増やしている。そんな状況の中、日産も新型ナバラを日本市場へ導入しない手はないだろう。

そしてもし国内へ再導入するなら、ぜひ「ダットサン」の名で華々しく復活を遂げて欲しい!

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

日産/ダットサン
日産 ダットサンカタログを見る
新車価格:
199.8万円301.8万円
中古価格:
87万円505万円
日産/エクストレイル
日産 エクストレイルカタログを見る
新車価格:
319.9万円504.7万円
中古価格:
28万円552.8万円
日産/テラノ
日産 テラノカタログを見る
新車価格:
268.7万円339.8万円
中古価格:
75万円305万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 ダットサンの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ダットサンのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ダットサンの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ダットサンの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ダットサンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる