大人のサイフをズバズバ刺激!「トミカリミテッドヴィンテージ」シリーズの誕生秘話に迫る[トミーテックのすべて Vol.1]

おもわずオトナ買いしたくなるミニカー「トミカリミテッドヴィンテージ」のルーツを探る

クルマ好きの皆さんの中には幼少期に買ってもらったミニカーが原体験、という人も少なくないだろう。といっても欲しいミニカーを全て買ってもらえた人は少ないだろうから、その反動で大人になってからミニカーを大人買いしてしまっている人も多いハズ。

そんな大人のサイフからお小遣いをドンドン吸引しているのが、トミーテックが毎月新作をリリースしている「トミカリミテッドヴィンテージ」シリーズであることは間違いないだろう。

>>おもわずオトナ買いしたくなるミニカー「トミカリミテッドヴィンテージ」を画像でもっと見る

元々は子ども向けのおもちゃであった「トミカ」とは一線を画し、大人の鑑賞にも耐えうるクオリティを持つ「トミカリミテッドヴィンテージ」シリーズは、2004年にシリーズがスタート。来年2019年には15周年を迎える人気シリーズであることは説明不要だが、意外と成り立ちを知らないユーザーは多いのではないだろうか。

実は、筆者もそのひとりであり、そのモヤモヤを晴らすためにも早速トミーテックへと足を運んできた。

たった一人で立ち上げたトミカリミテッドヴィンテージ

今回、お話をお伺いしたのは、トミーテック企画開発部企画3課課長の小林新吾さん。一部メディアからは「黒幕さん」の愛称でも知られる自他共に認めるカーガイである。

そもそも小林さんは2000年にトミーに新卒として入社。イベント課に配属され、ちょうど当時30周年を迎えていたトミカの記念イベントで東奔西走していたそうだ。

「トミカエブロ」のスマッシュヒットが大人向けミニカーの製品化を後押しする

時を同じくした2001年にはトミーホビー事業部の業務全般、および精密鉄道模型TOMIXのブランドをトミーテックへ継承。大人向けのアイテムはトミーテックからリリースされることとなる。

同時期にエブロの金型を使って作られた「トミカエブロ」シリーズがリリース。これがスマッシュヒットを記録したため、大人向けのミニカーに本腰をいれて作る計画が立ち上がった。

その頃、小林さんが2000年にトミーへ入社する際、面接官を務めていた人事部長だった人物がトミーテックの社長になっており、この人物が小林さんをトミーテックへ呼び寄せた。

実はこれには布石があり、面接時に小林さんがクルマに関わることをやりたいとアツくアピールしていたことを覚えていたからだそうで、小林さんにとってはまさに渡りに船。トミーテックへ異動するとともにトミカリミテッドヴィンテージの草案となる企画書を作り上げたのだ。

子供向けではなく、大人向けのホビーとして

トミー時代に多くのユーザーやバイヤーに触れてきた小林さんは、2001年からリリースされていたレギュラートミカの塗装、パーツ、タイヤ、ホイールなどをよりリアルに仕上げた「トミカリミテッド」シリーズに着目。

当時のトミカリミテッドは、トミカをベースにデコレーションを加えたものだったが、よりしっかりディティールに拘ったものをリリースすれば、間違いなくヒットすると目論んだのである。

トミカは箱のサイズに合わせて縮尺を変えていたのに対し、トミカリミテッドヴィンテージは1/64スケールに統一(のちに1/43シリーズも追加)。これは、ホビーとして考えたとき、実車の大きさが反映されることが面白いと考えたからだった。

また、上層部からはトミカと同様にドアの開閉ギミックなどを盛り込むように指示があったそうだが、そうするとドア周りのデフォルメがきつくなりディティールが再現できなくなると頑なに拒否。結果的にそれがクオリティを上げる結果となっている。

そして、2004年1月にトヨペット クラウン(RS40型)、プリンス グロリア(S40型)、日産 セドリック(30型)の3車種6パターンでトミカリミテッドヴィンテージシリーズがスタートし、現在まで続く大ヒットシリーズとなっている。

ちなみに小林さんは最初のリリースとしてブルーバードやコロナなどの当時の大衆車を予定していたそうだが、1/64サイズにするとコンパクトになりすぎてインパクトに乏しいという理由から、高級車からのスタートになったそうだ。

2008年からは2名体制に

結果的に小林さんのひとり部隊だったトミカリミテッドヴィンテージシリーズ。当初は企画立案から、損益計算書の作成、自動車メーカーとのやり取り、実車取材、金型の修正、パッケージのラフまで全て一人で行っていた。

好きなことをできるから全然苦ではなかったと小林さんは語るが、会社としてはひとりの双肩にトミカリミテッドヴィンテージを任せていくわけにもいかないということで、2008年からは新たに1名が加わり2名体制へとなっている。

この新たな1名も小林さんに負けず劣らずのマニアっぷりを発揮することになるのだが、それはまた次の機会へ取っておきたいと思うので、ご期待いただきたい。

[Text:小鮒 康一/Photo:トミーテック]

VOL.2は”あの”シリーズ!

トミカリミテッドヴィンテージのヒットで、遂に”あの”シリーズが始動した・・・

次回”あの”シリーズとは一体!?・・・(って、バレバレですが・笑)

少年たちが憧れた西部警察シリーズをトミカリミテッドヴィンテージで完全再現![トミーテックのすべて Vol.2]

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわ湖花街道
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる