新型ノートは四駆が凄いらしい!? e-POWER 4WDの特徴とお買い得度を検証する!

画像ギャラリーはこちら
2020年12月23日(水)、日産から正式に新型ノートが発表となった。すでに11月の時点で先行情報も公開されていた新型ノートだったが、唯一わからなかったe-POWER 4WDの価格も今回明かされた。FFと4WDの価格差は約25万円。しかし先代に比べ性能は大幅に向上。装備面でも差があり、四駆モデルのほうがグンと買い得なようだ。新型ノート e-POWER 4WDの特徴とお得度について検証する!

雪国オーナー待望! ノート e-POWER 4WDを写真で見てみる[画像25枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 今度のノート e-POWERは後輪に高出力モーターを備えた
  2. GT-Rを超えた!? 電動車両ならではの緻密な4輪駆動制御
  3. 価格差は約25万円だがFFでオプションの充実装備を標準化

今度のノート e-POWERは後輪に高出力モーターを備えた

日産の最量販コンパクトカー「NOTE e-POWER(ノート イーパワー)」がフルモデルチェンジし、2020年12月23日(水)より発売を開始した。まずe-POWER FFモデルから販売し、追って2020年度内(2021年3月まで)にノート e-POWER 4WDも発売する。

従来型のノートでもe-POWER 4WDモデルは存在していたが、あくまでも発進補助をするための簡易的なシステムに過ぎなかった。ところが今度の新型は違う。リア駆動用にモーターを新設した、本格的な電子制御4WDへと進化していたのだ!

GT-Rを超えた!? 電動車両ならではの緻密な4輪駆動制御

従来型比で約14倍の高出力モーターで後輪を駆動する

従来型のノート e-POWER 4WDは、リア専用の小型モーター(3.5kW)を駆動させるe-4WDという仕組みを用いていた。フロントエンジンから駆動を伝えるドライブシャフトを使用しない仕組みで、低速での発進補助のみ稼働し常時四輪駆動ではないが、その軽量・簡易さ、FFを主とする低燃費性能などから、日産コンパクトカーのマーチなどの他、従来型のマツダ デミオなど広く採用されていたものだ。

しかし新型ノートではシステムを一新し、出力50kWの後輪モーターを採用した。その差は、従来型から比べれると実に約14倍! 全車速域を四輪駆動で走行可能とした。さらに回生制御(エンジンブレーキの代わりにモーターを使い減速・発電させることで充電をする機構)も備え、燃費向上にも寄与する。

前後に独立したモーターを電子制御し4輪をコントロール

さらに電子制御の利点を生かし、新型ノート e-POWER 4WDは前後の独立したモーターを用いて、4輪それぞれの駆動力を高精度に制御する仕組みを持った。電動車両の利点を生かし、ガソリンエンジン車に比べはるかに緻密なコントロールを行い、発進・加速、減速、コーナリングと、滑りやすい路面でも優れた性能を発揮することが出来るという。これは先代ノートの事例だが、電動車両の場合トルクの制御は実に1/10000秒単位(!)で可能になるというから凄い。

もちろん減速時でも、路面状況を把握しVDC(ビークルダイナミクスコントロール:横滑り防止装置)と連携を取りながら、緻密な回生ブレーキを効かせコントロールしてくれる。

価格差は約25万円だがFFでオプションの充実装備を標準化

新型ノート e-POWER 4WDは、SとXの各グレードに設定する。FFと4WDの価格を比較してみよう。

■新型ノート e-POWER 2WD(FF)と4WDの価格差

・S(2WD):202万9500円/S FOUR(4WD):228万8000円

・X(2WD):218万6800円/X FOUR(4WD):244万5300円

(価格は全て消費税込み)

2WDと4WDの価格差は25万8500円だ。従来型のノート e-POWERでも22万円差だったから、性能差を考えたらこの時点でもうかなりお得である。しかも、新型ノートでは、FFモデルでオプションの寒冷地仕様が標準装備(クリアビューパッケージのみオプション)となる特典もある。寒冷地仕様と聞くと、雪国以外のユーザーはあまり関係なさそうだが、新型ノートの場合はそうではない。

■日産 新型ノート e-POWER 寒冷地仕様(FF:7万3700円のオプション) 内訳

・本革巻ステアリング

・ホットプラスパッケージ(ヒーター付ドアミラー、ステアリングヒーター、前席ヒーター付シート、リアヒーターダクト)

・クリアビューパッケージ(ワイパーデアイサー、リヤLEDフォグランプ)

・高濃度不凍液

・PTC素子ヒーター

シートヒーターやステアリングヒーターは、一度冬場に使ってしまうともう手放せない快適装備。これが標準装備となるのだ。なおクリアビューパッケージ(ワイパーデアイサー、リヤLEDフォグランプ)については4WDでもオプションとなる点は注意が必要だ。

ドライ路面での性能向上にも期待大!

また新型ノート e-POWER 4WDの4輪の電子制御コントロールは、なにも雪上などの滑りやすい路面だけでなく、ウェットやドライ路面でも効果があり、コーナリング性能なども向上していることが期待される。

このように新型ノートは、e-POWER 4WDの買い得感が凄い。雪国以外のユーザーでもぜひ4WDモデルを積極的に検討したい。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円228.6万円
中古価格:
14万円306.3万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる