日産 新型ノート登場で勢揃い! トヨタ・ホンダ・日産から2020年に登場の国産コンパクト、けっきょくどれがお得!?(1/2)

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:小林 岳夫・和田 清志・茂呂 幸正
画像ギャラリーはこちら
2020年はコンパクトカーの当たり年だ。2月にトヨタ ヴィッツが名前を変えヤリスとなって新登場。次いでホンダ フィットもフルモデルチェンジを実施した。そして年末の12月23日、日産がノートをフルモデルチェンジする。新型ノートの概要は既に11月24日に発表されており、筆者も実車を既に確認済みだ。そこで今回は、3大メーカーのコンパクトカーを徹底比較する。

お好みはどれ!? 日産 新型ノート登場で勢揃いした国産コンパクトカーのライバル3台を写真でサクッと比較してみる[画像80枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 新型ノート・ヤリス・フィットのサイズや小回り性能を徹底比較
  2. 新型ノート・ヤリス・フィットの視界の良さや内装の質感をチェック
  3. 新型ノート・ヤリス・フィットの後席や荷室の広さを比べてみる
  4. 新型ノート・ヤリス・フィットの低燃費性能&先進運転支援技術も比較
  5. 意外に異なる3台のキャラ! 新型ノート・ヤリス・フィットのベストグレード、そして買い得なのはどのクルマだ!?

新型ノート・ヤリス・フィットのサイズや小回り性能を徹底比較

ボディサイズと小回り性能

フルモデルチェンジを受けたノートは、ハイブリッドのe-POWERのみを搭載し、通常のガソリンモデルは廃止された。そこでライバル車になるトヨタ ヤリス ハイブリッド、ホンダ フィット e:HEVと比べてみたい。

まずボディサイズは、新型ノートの場合、全長が4045mm、全幅は1695mm、全高はSとFが1505mmで、Xは1520mmだ。ヤリスは全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mm。フィットは全長3995mm×全幅1695mm×全高1515~1540mm(クロスターを除く)になる。

日産 ノートは新型になってボディを先代から55mmほどコンパクトに抑えたが、それでも全長は4mを超える。最も小さいのはヤリス、次いでフィット、新型ノートの順番だ。最小回転半径はノートが4.9mで、ヤリスは4.8~5.1m、フィットは4.9~5.2mになる。小回り性能はほぼ横並びだ。

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円228.6万円
中古価格:
12.8万円1,974万円

新型ノート・ヤリス・フィットの視界の良さや内装の質感をチェック

運転席からの視界が良いのはフィット

運転席からの視界は、ホンダ フィットが最も優れている。

フロントピラー(柱)の配置を工夫して、斜め前方が見やすい。水平基調のボディにより、側方や後方の視界も良い。次はノートになる。ヤリスはサイドウィンドウの下端を後ろに向けて大きく持ち上げたので、斜め後方の視界を妨げている。

内装の質感は新型ノート優勢

次はコンパクトカー3台の内装を比べる。

インパネ周辺の質感は、設計の新しさもあって日産 新型ノートが上質だ。トヨタ ヤリスはコンパクトカーの平均水準になる。ホンダ フィットはステアリングホイールが2本スポークで、インパネの上面は平らに仕上げた。見慣れない印象だが、前方やメーターの視認性は良い。フィットは視界も含めて、見栄えの良さよりも機能を重視している。それでも質感に不満はない。

 

前席の座り心地は、ノートにボリューム感があり、ヤリスは一般的な座り心地だが、背もたれが左右から腰の近辺を包み込む。フィットは、背もたれの下側が少し硬く体の支え方が良い。どのクルマも座り心地は良好だ。

新型ノート・ヤリス・フィットの後席や荷室の広さを比べてみる

後席が狭いヤリス、フィットとノートは十分な空間を確保

いっぽう後席は3台で足元空間の広さが異なる。

最も広いのはフィットで、身長170cmの大人4名が乗車した時、後席に座る乗員の膝先には握りコブシ2つ半の余裕がある。2位はノートで、前述の測り方によると、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ分だ。

ヤリスは最も狭く、握りコブシ1つ少々に留まる。後席に座る乗員の足が前席の下側に収まるため、4名乗車は可能だが、後席に座ると窮屈感が伴う。ヤリスの後席を頻繁に使う用途があるなら、実車の空間はしっかりチェックしておきたい。

荷室の広さもフィットとノートが優勢だがヤリスにも工夫あり

荷室もフィットが広い。燃料タンクを前席の下に搭載したことで荷室の床が低く、多量の荷物を積める。後席を床面へ落とし込むように畳むと、フラットなボックス状の空間に変更できる。後席の座面を持ち上げて、車内の中央に背の高い荷物を積むことも可能だ。

次に荷室が広いのはノートだが、後席を格納すると、荷室床面との間に段差ができる。リヤゲート下端部との間の段差も大きめだ。それでも荷室容量には余裕がある。

ヤリスは荷室長が短めで、リヤゲートを寝かせたから、背の高い荷物を積みにくい。その半面、荷室に装着されたボードによって、平らな空間に変更できる。リヤゲートのヒンジは前寄りに備わり、開閉時に後方への張り出しが少ない。駐車時にボディ後方の余裕が乏しい時でも荷物を出し入れしやすい。

1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる