ベース車は一体なに!? 日本自動車大学校(NATS)が手がけたびっくりカー3選

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
かつて東京オートサロンといえば、考えもつかないような突飛なカスタムカーだらけであった。昨今は自動車メーカーの新型車などをお披露目する第二のモーターショー的な意味合いも持っている。そこで、これぞ東京オートサロンと言いたくなるほどド派手なカスタムカーを今なお展示し続ける日本自動車大学校(通称NATS:NIHON AUTOMOBILE COLLEGE)のびっくりカーをご紹介!
目次[開く][閉じる]
  1. フェアレディZがGT-Rに!? 再現度がとにかくスゴい
  2. オープンスープラ早くも日本上陸!?
  3. サラリーマンの味方がアメリカンワゴンに大変身

フェアレディZがGT-Rに!? 再現度がとにかくスゴい

日本を代表するスーパーカー、日産 GT-Rかと思いきや、このクルマのベースになっているのは同じ日産車でも、Z33型フェアレディZだという。GT-Rのアイコンでもある丸いテールランプやマフラーなど細かい部分まで、ホンモノと見間違うほどの完成度なのだ。

エンジンはベース車のVQ35型 V6 3.5リッターエンジンのままながら、パドルシフトを装着し、走りのよさもアピールしているのはさすが。

このド派手なカラーリングは、大人気映画のワイルド・スピードに登場したR34型スカイラインGT-Rをモチーフにしているという。

>>これがフェアレディZ!? あえてフェアレディZと写真で比較

オープンスープラ早くも日本上陸!?

こちらは新型GRスープラのオープン仕様の「トヨタ A90スープラ」だ。SEMAショー2020に出品されて話題を呼んだモデルだが、実はこのクルマの正体はレクサス SC左ハンドル仕様なのだ。

>>スープラじゃないの!? ホンモノと写真で比較

ボディは、TRA京都PANDEMキットをベースにワイドボディ化し、映画「ワイルドスピード」に登場した80スープラをオマージュしたボディカラーであるオレンジ色に塗られている。ちなみに、エンジンはしっかりと80スープラに搭載されている3リッター直列6気筒ツインターボの「2JZ-GTE」に載せ替えられてるというかなり本気の一台だ。

>>見た目だけじゃない! 車内のデザインもぶっ飛んでいる

サラリーマンの味方がアメリカンワゴンに大変身

古き良きアメリカって感じの見た目に仕上がっているNATS Coastlineは、サラリーマンの味方、トヨタの商用ライトバン、プロボックスをベースにした一台だ。

内装などじっくり見ればその正体はわかるが、パッと見ではベースモデルが全くわからないほどの出来栄えだ。

ポイントはかつてセドリックバンなどで流行したウッドパネルを使用するなど、随所にアメリカンな雰囲気を漂わせている。

限られた予算内で完成させなければならないため、フロントバンパーはVW「タイプ1(ビートル)」、グリルはダッヂ・ラムのバーチカルクロームグリルを流用しているという。

>>ウッドパネルに注目! こだわりがハンパないプロボックスがコレだ

元のクルマが一体なんだったのかすらわからない、見事なカスタマイズを見せてくれる日本自動車大学校。どれも絶大なインパクトだったが、みなさんはどれがお気に入りだろうか?

実はこの日本自動車大学校のカスタムモデルは全て公道で走行できるように、厳しい基準を儲けており、見た目だけじゃなく自動車整備士としての心意気がうかがえる作品たちなのだ。

2022年の東京オートサロンには一体どんなクルマたちが登場するのか、今から楽しみだ。

【筆者:MOTA編集部】

日産/GT-R
日産 GT-Rカタログを見る
新車価格:
1,082.8万円2,420万円
中古価格:
487.2万円2,360万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 つつじ亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる