卓上で蘇る名シーンVol.2 「西部警察 パート3・第14話 マシンZ・白昼の対決」に登場した「日産 シルビア」編

  • 筆者: 遠藤 イヅル
  • カメラマン:トミーテック/日産自動車/株式会社石原プロモーション イラスト:遠藤 イヅル 製作著作:株式会社石原プロモーション 取材協力:トミーテック/ポニーキャニオン
画像ギャラリーはこちら
伝説の刑事ドラマ「西部警察」に登場するマニアックなモデルを、ワタクシ、イラストレーターの遠藤イヅルがイラストとミニカーで徹底紹介するコーナー「卓上で蘇る名シーン」。前回の「スカイライン・ジャパン」に引き続き、 第2弾も”忘れられない名脇役” をチョイス。「パート3・第14話 マシンZ・白昼の対決」でスーパーZとカーチェイスを繰り広げた「日産 シルビア」をお送りします。

>>瓜二つの偽スーパーマシンまで! 西部警察の特殊車両を画像で見る

目次[開く][閉じる]
  1. シルビアとZ、そしてZとZの一騎打ち!? 「パート3・第14話 マシンZ・白昼の対決」
  2. さすがTLV! 川崎大師のステッカーまで完全再現!?
  3. まさかの偽スーパーZまでミニカー化!
シルビアの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

シルビアとZ、そしてZとZの一騎打ち!? 「パート3・第14話 マシンZ・白昼の対決」

西部警察パート3・第14話 「マシンZ・白昼の対決」(昭和58年7月17日放映)も、「こんな濃厚な内容を、毎週放映していたのか」と改めて驚かされる名作です。ストーリーはご覧になってからのお楽しみ! ということで、今回も詳細なあらすじを書きませんが、後半で魅せるスーパーZ vs 偽スーパーZ(偽と言っても同じ設計図から作られた)の激しいバトルには、思わず手に汗握ること必至!

同話内でシルビアは、犯人が偽スーパーZを生む契機になった重要なシーンに登場。大門部長刑事(渡哲也・演)が操る “本物” のスーパーZとカーチェイスを繰り広げました。

シルビアの実車は、昭和54年デビュー・昭和56年マイナーチェンジの3代目・S110型シルビア 後期型 ハッチバックです。後期型のハッチバックは、前後の垂直面のみラバーを配した、当時としては画期的なカラードバンパーを装着、さらにサイドモールも取り払ったため、一気に新しいクルマになった、と当時の筆者も興奮したのを覚えています。

なお、木暮課長(石原裕次郎・演)の愛車として有名なオープンカーもS110型ですが、こちらは兄弟車の「ガゼール」でした。フロントグリルが格子状ならシルビア、横桟状ならガゼールで見分けがつきました。

さすがTLV! 川崎大師のステッカーまで完全再現!?

西部警察のミニカーを発売しているのは、ご存知トミーテック。徹底した考証とこだわり、抜群の造形力・再現力で、劇中で活躍したクルマを次々とリリースしています。

真っ白な車体で華麗に舞ったシルビアも、トミカリミテッドヴィンテージ ネオ(TLV-NEO)シリーズ「LV-西部警察20 シルビア(白)」として立体化しています。

前回のスカイライン同様、統一スケール1/64の「トミカサイズ」で、コレクション性が高いのも嬉しいところ。リアガーニッシュに貼られた川崎大師のステッカー、ターボZSE-Xのエンブレムなど、目を凝らして画面を見ないとわからないようなところまで再現しているのは、さすがTLVですよね。

まさかの偽スーパーZまでミニカー化!

TLV-NEOの西部警察シリーズでは、西部警察の象徴ともいえるスーパーZはもちろんのこと、木暮課長のガゼールもミニカー化しているほか、なんと偽スーパーZまで製品ラインナップに入れています。偽スーパーZは、フロントフェンダーの車名エンブレムと屋根上の赤色回転灯の有無で、本物と作り分けているのです。なんて芸が細かい!

なおスーパーZは「パート2・第15話 ニューフェイス!! 西部機動軍団」で初登場するも、ベースが3ナンバーの280Zなのに設定ナンバーが「品川59た35-27」、つまり5ナンバーになっていました。そのためシリーズ途中から現実に合わせて「品川33」に変更。偽スーパーZはそのナンバープレートまで模造していたため、ミニカーも「品川33た35-27」をしっかりと再現しています。

西部警察シリーズを集めて、卓上で名場面を再現しよう!

卓上で蘇る名シーンVol.2は、「パート3・第14話 マシンZ・白昼の対決」の日産 シルビアをお送りしました。

物語のキーになるクルマとはいえ、通好みのチョイ役をミニカー化してしまう企画力に感服です(笑)。今後もそんなマニアックなクルマをご紹介していきますので、ご期待ください。

[筆者:遠藤 イヅル/イラスト:遠藤 イヅル/撮影:トミーテック/日産自動車/株式会社石原プロモーション/製作著作:株式会社石原プロモーション/取材協力:トミーテック]

>> クーペとハッチバックの2本立て! 3代目日産 シルビアの画像を見る

昭和の刑事ドラマをこよなく愛する山本シンヤが徹底解説

団長(渡哲也)率いる“大門軍団”の刑事達と、それを見守る木暮課長(石原裕次郎)が、極悪な犯罪に立ち向かう姿を描く伝説のポリスアクションストーリー『西部警察』。そのシリーズ全話が「西部警察40th AnniversaryコンプリートDVD-BOX<ファイナルエディション>」として限定発売された。自動車研究家にして、昭和の刑事ドラマをこよなく愛する山本シンヤが“ファイナルエディション”を徹底解説する!

西部警察40th Anniversary コンプリートDVD-BOX (ファイナルエディション)(完全数量限定商品) 遂に完成!【ポニーキャニオン】

■「西部警察40th AnniversaryコンプリートDVD-BOX<ファイナルエディション>」についてもっと詳しく見る

自宅に居ながら気軽に愛車の査定をしてみませんか?

クルマがいくらで売れるのか知りたくありませんか?

でもディーラーや買取店にいくのはちょっと面倒。

かといって買取店の方に自宅へ来てもらって査定してもらうのも気が引けますよね。

MOTA車買取なら、PC・スマホで愛車の情報を入力するだけ!

外出せずとも自宅に居ながら概算の見積り額を出すことが可能です!

MOTA車買取はこちら

「お店に行かずに簡単に買取申込をしたい」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーが完了します!

MOTA車買取はこちら

日産/シルビア
日産 シルビアカタログを見る
新車価格:
194.7万円286.8万円
中古価格:
58万円450万円
日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
29.8万円978万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 シルビアの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 シルビアのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 シルビアの中古車検索 日産の記事一覧 日産 シルビアの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 シルビアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる