車内の変化に注目! テスラ 新型モデルSが大幅モデルチェンジ

画像ギャラリーはこちら
テスラが2021年1月27日、モデルSの改良モデルを発表した。内外装デザインを改良しただけでなく、0-100km/h加速2.1秒をマークする最上級モデルPlaid+を新設定するなど大幅なレベルアップがなされている。価格は1069万9000円〜1699万9000円(税込)となる。今回は一新された車内を中心に見ていこう!
目次[開く][閉じる]
  1. EVならではの技! クルマをスマホ感覚でアップデート
  2. 絶叫マシン並!? スーパーカー超えの加速
  3. やっぱりモニターは横型がイイ!? 車内を大幅チェンジ

EVならではの技! クルマをスマホ感覚でアップデート

モデルSはテスラの最高級スポーツサルーンという位置付けで2012年にデビュー。発売当初より頻繁にアップデートを行なっており、既存モデルオーナーでもソフトウェアさえインストールすれば、原則常に最新の機能を味わえるなど、これまでの内燃機関モデルでは叶わなかった新たな価値を提供している。

アップデート機能とは、簡単に言えばスマホやPCをアップデートするのと同様の感覚で、インターネットに接続すれば自宅からでもインストール可能。電動車ならではの機能と言える。

>>【新旧比較】ライト周辺が違う? 新旧モデルSを写真で比較

絶叫マシン並!? スーパーカー超えの加速

今回の改良は単にソフトウェアのアップデートではなく先述の通り内外装のデザイン、さらにはクルマとしての性能も大幅にレベルアップしている。

特筆すべきは新たに追加されたPlaid(以下プラッド)だ。これまで2つのモーターを搭載したデュアルモーターAWDに加え、プラッドは3つのモーターを搭載し、最上級モデルのプラッド+は1100psを発揮。0-100km/h加速加速はスーパーカー顔負けの2.1秒を実現するなど、世界最速セダンといっても過言ではないレベルに到達している。

最上級モデルプラッド+の航続距離は脅威の837km(アメリカEPA基準)をマークする。

やっぱりモニターは横型がイイ!? 車内を大幅チェンジ

今回の改良でもっとも注目したいのは車内だ。これまでテスラの車内といえば、エントリーモデルのモデル3を除いて縦型ディスプレイが基本であった。モデルSにならったかは不明だが、その後に登場したボルボの各モデルやプリウスPHVなどのモデルにも縦型モニターが採用されるほど革命的なモノだったのだ。ところが新型モデルSは横型に変更となった。

>>テスラがきっかけだった!? 縦型モニターのクルマをイッキ見

この横型モニターは17インチシネマティックディスプレイと名付けられ、2200×1300という超高解像を誇る。左右に傾けられる機構を備えたことで、ドライバーごとに好きな角度に設定が可能になったのは嬉しいポイントだ。

レバーはどこに……全てがボタン操作に!

さらに見逃せないのがU字型となったステアリングだ。まるでゲーム機のハンドルを想わせる斬新なデザインだが、気になるのはウィンカーやシフトといったあるはずのモノがない点。写真をズームしてみると、ステアリング左右に備わったボタン横に矢印が刻まれているため、ウィンカー操作はボタン式を採用していると思われる。なお従来型ではステアリングコラムに備わっていたシフトレバーが、新型でどう変化したかは写真からは判別できない。

>>【ズームして注視】ウィンカーは一体どれ!? 答えはコチラ

より一層先進的なデザインとなったモデルSだが、少し気になることも。というのも現在U字型ステアリングが合法とされているのは欧州の一部地域のみ。もしかするとアメリカ本国、あるいは日本モデルは既存の丸型に変更となるかもしれないのだ。こればっかりは断言できないが、可能ならばこの形で導入して欲しいところだ。

フルモデルチェンジ並みの改良となったモデルSだが、一番気になるのはやはり横型となったセンターディスプレイだ。

筆者個人の予想ではあるが、おそらく今後は充電中などに車内でNetflixやYouTubeといった映像コンテンツを楽しみたいというニーズが高まるハズだ。そこで同時に複数コンテンツを過不足なく表示させるためにワイドディスプレイにしたのではないだろうか。

例えば映像コンテンツと充電フローモニターを同時に表示させたい場合、従来の縦型モニターであれば、上下二分割して各コンテンツが表示されてしまう。ところが横型にすることで、右側に充電フローモニターを。左側に映像コンテンツを同時に表示するといったことが可能となるというワケ。

真偽のほどは現時点では未定のため、真実がわかり次第お伝えする予定。

>>もう少し大きくして……後席モニターがコチラ

テスラはこれまで各モデルを発表するたびに世界中のユーザーを驚かせてきた。もっといえば自動車メーカーすら意識する存在となりつつある。それだけに今回の改良によって他社メーカーの動向も気になるところだ。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

テスラ モデルSの最新自動車ニュース/記事

テスラのカタログ情報 テスラ モデルSのカタログ情報 テスラの中古車検索 テスラ モデルSの中古車検索 テスラの記事一覧 テスラ モデルSの記事一覧 テスラのニュース一覧 テスラ モデルSのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる