VW 「アイディ.3」 限定モデルの存在も明らかに

VW ID.3の詳細発表! 特別限定モデルも発売決定

フォルクスワーゲンは、2019年9月12日~同年9月23日(日本時間)にドイツで開催される「フランクフルトモーターショー2019」において、電気自動車(EV) ID.3(アイディ.3)」とその特別限定モデル「1ST」を発表した。すべての装備と仕様はドイツ市場向けのものになる。

>>限定モデル 1STも見れる! ID.3の内外装はコチラ(18枚)

新しいMEBプラットフォームをベースにした最初の電気自動車

ID.3は、新開発されたモジュラー エレクトリック ツールキット(MEB)をベースにした最初のフォルクスワーゲンである。

将来的に発売される全ての「ID.(アイディ.)」モデルも、MEBをベースにした電気自動車になる。MEB はバッテリーを中心に最適化されており、コストを最小限に抑えながら最大の航続距離を実現。この設計アプローチにより、パッケージ面において数多くのメリットが生み出されている。具体的には、駆動コンポーネントと補助ユニットの配置、および室内スペースの配分である。

ID.3の電気駆動システムは、主にパワーエレクトロニクスとギアボックスを含む永久磁石同期モーターから構成されており、これらはリアアクスルに一体化されている。フラットな高電圧バッテリーは、スペースを節約するためにアンダーボディに効率的に配置された。さらに、エアコンディショナー用のコンプレッサーやステアリングラックといった補助ユニットも、フロントエンドにコンパクトに収められている。

アンダーボディに配置されたバッテリーによって、「ID.3」の重心はレーシングカー並みに低くなり、ニュートラルなハンドリング特性というプラスの効果をもたらしている。

ID.3は、理想的な前後重量配分も特徴としており、後輪駆動と組み合わせることによって、優れたパフォーマンスが実現した。

「ID.」ファミリーの最初のモデル

ID.3は、今後登場する「ID.」ファミリーの最初のモデルである。フォルクスワーゲン「ID.」ファミリーの全モデルには、「ID.」という名称が付けられる。その明確な目標は、e-モビリティを市場に広く浸透させることである。「ID.」は、インテリジェントなデザイン、アイデンティティ、そして時代を先取りしたテクノロジーを表している。そのため、「ID.」は特定の用語の略語ではなく、これらの車両に統合された自動運転、ゼロエミッション、直感的な操作、パーソナライズされたネットワーク機能など様々な特徴を象徴的に表している。

ID.3の主な特長

■長い航続距離:拡張可能なバッテリーシステムは、最大で550kmの航続距離を実現

■短い充電時間:100kWの出力で30分間充電することにより、約290km(WLTPモード)を走行可能

■電気自動車の未来のデザイン:小型車のカテゴリーに新しいデザイン品質をもたらす、完璧なフォルムと美しいスタイル

■革新的なインテリア:「ID.3」の“オープンスペース”コンセプトは、カテゴリー内のどのクルマよりも広いスペースを提供し、新たな基準を設定

■直感的な操作:これまで以上に簡単な操作、ドライバーは操作方法を直感的に理解可能

■素晴らしいパフォーマンス:後輪駆動を採用したことにより、MEBは理想的な重量配分とダイナミックなハンドリングを実現

■最高の安全性:数多くのアシスタンスシステムが最高の安全性と利便性を提供

■ビートルとゴルフに続く新しい時代:CO2フリーのモビリティ

■価格:ベース価格は3万ユーロ未満(日本円で約357万円)

時代を先取りしたデザイン

未来の電気自動車を目指して設計されたID.3は、小型車のカテゴリーに新しいデザイン品質をもたらす完璧なフォルムと美しいスタイル。新時代のデザインを表現し自然な形態と直感的な使いやすさを、特徴的なフォルクスワーゲン スマイルと結び付けている。

「ライトは未来のクロームメッキに代わる」というコンセプトに従い、「ID.3」の複数のエリアにはLED テクノロジーが採用されている。このコンセプトは、クリアでシンプルなスタイル、あらゆるコンポーネントに適用される最高の精度、特徴的なフロント セクション、象徴的で印象的なCピラー、流れるようなボディパネル、18~20インチまで用意されたアルミホイールとも調和する。

便利なインフォテインメント

ID.3のマルチメディアシステムには、更新可能なナビゲーションシステムが含まれており、スマートフォンをワイヤレス充電する便利な機能も備えた。サウンドシステムのオプションには、8つのスピーカーとサブウーファーを使用して、ライブコンサートのようなオーディオ環境を実現するBeatsパッケージも用意されている。

特別限定モデル「ID.3 1ST」

ID.3 1STは、3つの装備バリエーションがあり、ベースバージョンの他に「Plus」、「Max」が設定されている。

ボディカラーとインテリアカラーは、装備バリエーションに関わりなく自由に選択することが可能。

ID.3 1STは、リアアクスルに搭載された電気モーターによって駆動。電気モーターは、最高出力150kWと310Nmの最大トルクを発生し、最高速度は160km/hに達する。ID.3 1STに搭載されるバッテリー容量は58kWh、航続距離は最大420km(WLTPモード)である。このバッテリーは、最大出力11kW(AC)および100kW(DC)で充電することができる。DC充電を行った場合、30分以内の充電で、最大290kmを走行することが可能である。

ID.3 1STのベースバージョンには、ナビゲーションシステム、DAB+デジタルラジオ、シートヒーターとステアリングホイールヒーター、フロントアームレスト、“モード 2”充電ケーブル、18 インチアルミホイールが含まれる。これらの装備は、フォルクスワーゲンの小型車セグメントのモデルにおける、“Comfort”装備ラインに相当する。

ID.3 1ST Plusには、リアビューカメラシステム、アダプティブ クルーズコントロール、キーレス アクセス ロックおよび起動システムの“Kessy Advanced”が追加される。

ID.3 1ST Plusのインテリアには、デザインシート、センターコンソール(背面にロック可能なローラーシャッターと照明付きの2つのUSBCポートを含む)、アンビエントライトも装備される。

エクステリアでは、スモークタイプのウィンドウ、シルバーのエクステリアスタイルパッケージ、マトリクスLED ヘッドライト、マトリクスサイドライト、ブレーキライト、ターンシグナル、テールライト クラスター、19インチアルミホイールも装備リストに含まれる。

最上位バージョンのID.3 1ST Maxには、拡張現実(AR)ヘッドアップディスプレイ、Beatsサウンドシステムに加え、広々としたスペースを強調する大型パノラマスライディング/チルトガラスルーフ、20インチアルミホイールが装備される。

これらの装備範囲には、エマージェンシーアシスト付き車線維持システム、車線変更システム、高電圧ワイヤレス充電機能付きコンフォートテレフォニー、コンフォートシート、積載高と水平なラゲッジコンパートメントフロア、大径20インチアルミホイールを追加することが可能である。

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲンの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる