MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース VW 次世代EV「アイディ.3」を世界初公開!

自動車ニュース 2019/9/10 16:38

VW 次世代EV「アイディ.3」を世界初公開!

フォルクスワーゲン ID.3
フォルクスワーゲン ID.3フォルクスワーゲン ID.3フォルクスワーゲン ID.3フォルクスワーゲン ID.3画像ギャラリーはこちら

VW、「ID.3」をフランクフルトモーターショーの前夜祭で世界初公開

フォルクスワーゲンは、2019年9月12日~同年9月23日(日本時間)にドイツで開催される「フランクフルトモーターショー2019」に先駆けて開催された前夜祭で「ID.3(アイディ.3)」を初めて全世界に公開した。納車は2020年の夏に開始される。初期生産ロットのID.3は事前予約キャンペーンで予約したユーザーへ納車される予定である。

>>最新かつレア! 「ID.3」発表と工場の様子をまとめて見る(24枚)

ID.3はVW初のMEBをベースにした電気自動車

フォルクスワーゲン ID.3フォルクスワーゲン ID.3

ID.3は、フォルクスワーゲンのモジュラーエレクトリックツールキット(MEB)をベースにした、次世代 電気自動車シリーズの第1弾である。

生産は2019年11月からツヴィッカウ工場で開始される。現在、最後のロボットが設置され、組み立てラインの試運転が行われている。

ID.3をもって、フォルクスワーゲンは、世界の自動車産業の中で最大の電動化攻勢をかける。今後3年間で、フォルクスワーゲン グループ内全てのボリュームブランドで、合計33車種のMEBをベースにしたモデルの生産を立ち上げる予定だ。

内燃エンジンから電気自動車へ

フォルクスワーゲン ID.3フォルクスワーゲン ID.3

フォルクスワーゲンは、ツヴィッカウ組み立て工場を段階的に、100%内燃エンジンから100%電気自動車へと転換している。フォルクスワーゲンにとって、このような転換作業は今回が初めてとなる。電気自動車への切り替えは、2018年初頭にはすでに開始しており、3年以内の2020年末までには完了する予定だ。

ボディショップとペイントショップは、ID.3を生産するためにすでに大部分の準備が整っており、2つの最終組み立てラインのうち、1番目のラインはすでに完成している。このラインを使用して、2019年11月からID.3の生産を開始した後、生産台数を段階的に増加させる予定である。

現在も工場敷地内には、合計12の完全に新しい建物や一部の建物が建設されており、既存のプレスショップを拡張する工事だけで、合計7500万ユーロが投資される。それにより、2021年からMEB車両の主要なボディパーツを、ヴィッカウ工場ですべて製造できるようになる。

ツヴィッカウ工場の2番目の組み立てラインは、2020年の夏から転換作業を開始し、同年中に稼働を開始する。最終的には、2021年から3つのグループブランドの6車種のMEBをベースにしたモデルが、ツヴィッカウで生産される予定である。同工場の生産能力は、現在の年間30万台から33万台に引き上げられ、ヨーロッパ最大かつ最も効率的な電気自動車工場となる。

ツヴィッカウ ハイテク工場への道

フォルクスワーゲン ID.3フォルクスワーゲン ID.3

過去数か月にわたって、すでに1600台を超える最新世代の生産ロボットが設置された。特に最終組み立てラインには、ルーフライナーの自動設置装置など、まったく新しい技術が採用されている。将来ツヴィッカウ工場は、自動化の割合を増加させることにより、従業員数はほぼ据え置きのまま、転換前と比べて一日の生産台数を、1350台から1500台へと約150台増やす。

ツヴィッカウでは、合計8000人の従業員が、電動化時代の始まりに備えている。特別な高電圧トレーニングでは、最新のバッテリーシステムに加え、電気配線を安全かつ正しく取り扱う方法について学んでいる。現在までに必要な合計1万3000日のトレーニングのうち、約8000日がすでに完了。2500人以上の従業員が、すでにe-モビリティの資格を取得している。

e-モビリティ担当取締役:トーマス ウルブリッヒ氏のコメント

“ID.3”の生産が開始される11月から、フォルクスワーゲンのまったく新しい時代が到来することになります。これは、初代“Beetle(ビートル)”や初代“Golf(ゴルフ)”と同じくらい、大きな節目となるでしょう。工場の転換作業は完全にスケジュールどおりに進んでいます。400台の“ID.3”先行生産車は、すでにヨーロッパ各地で試験走行を実施しています。“ID.3”により、ツヴィッカウはe-モビリティの先駆的存在になるでしょう。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

フォルクスワーゲン の関連編集記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR