autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産 「ノート」74万台のリコールを発表

自動車ニュース 2019/4/12 15:44

日産 「ノート」74万台のリコールを発表

日産 ノート 2018年度の国内登録車販売1位
日産 ノート 2018年度の国内登録車販売1位日産 ノート e-POWER 4WD(広報写真)日産 ノート e-POWER NISMO S日産 ノート e-POWER NISMO S[ボディカラー:ガーネットレッド(特別色)]画像ギャラリーはこちら

日産 ノート 74万台をリコール

日産は2019年4月11日、同社のコンパクトカー「ノート」について、合計74万5372台のリコールを国土交通省に届け出た。

>>リコール対象となった日産「ノート」を画像で見る

リコール内容

フロントサスペンションにおいて、コイルスプリングの形状が不適切なためスプリングシートとの接触状態が不安定なものがあり、車両が大きくバウンドする際にスプリングが動いてスプリングシート内周面と干渉することがある。

そのまま使用を続けると塗装が剥がれて腐食し、最悪の場合コイルスプリングが折損するおそれがある。

改善の内容

フロントコイルスプリングを対策品と交換する。

リコール対象車の型式と詳細

製造時期が2012年7月25日~2019年2月1日までの4つの型式がリコール対象車となっている。

型式:DBA-E12

■台数:50万523台

■リコール対象車の含まれる車台番号の範囲:E12-000101~E12-620812

■リコール対象車の製作期間:2012年7月25日~2019年1月31日

型式:DBA-NE12

■台数:5万494台

■リコール対象車の含まれる車台番号の範囲:NE12-000101~NE12-222911

■リコール対象車の製作期間:2012年7月25日~2019年2月1日

型式:DAA-HE12

■台数:18万5206台

■リコール対象車の含まれる車台番号の範囲:HE12-000043~HE12-249885

■リコール対象車の製作期間:2016年8月25日~2019年1月29日

型式:DAA-SNE12

■台数:9149台

■リコール対象車の含まれる車台番号の範囲:SNE12-000036~SNE12-009193

■リコール対象車の製作期間:2018年6月21日~2019年1月29日

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 ノート の関連編集記事

日産 ノートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ノート の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR