MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース 日産 ノート 2018年度の登録車販売台数1位|ブルーバード以来50年ぶりの快挙

自動車ニュース 2019/4/5 10:11

日産 ノート 2018年度の登録車販売台数1位|ブルーバード以来50年ぶりの快挙

ノート 2018年度の登録車販売台数第1位を獲得

日産「ノート」が2018年度(2018年4月~2019年3月累計)の販売で13万1760台を記録し、国内の登録車販売ランキングで第1位を獲得した。

日産が年度の登録車販売で第1位を獲得したのは、1968年度に1位となった「ブルーバード」以来50年ぶりとなる。またノートは2018年暦年(2018年1月~12月累計)において、同社初となる年間登録車販売台数1位を獲得している。

日産 ノートの主な特長

ノートに搭載された電動パワートレイン「e-POWER」は、100%モーター駆動ならではの走行性能と優れた静粛性を持つ。またアクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速までをスムーズに行うことが出来る走行モード「e-POWER Drive」も高い評価を得ており、ノート購入者の約7割が「e-POWER」搭載車を選択している。

セレナが2018年度ミニバン1位に

日産 ノート 2018年度の国内登録車販売1位

同社の「セレナ」は2018年度の国内販売で約10万台を記録し、ミニバンセグメントにおいて販売台数第1位を獲得した。ノートと同様、2018年3月に追加した「e-POWER」搭載車が好評となっている。

なお「セレナ e-POWER」に搭載した技術e-POWERは、特定非営利活動法人「日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)」が主催する「RJCカーオブザイヤー」において、2019年次「RJCテクノロジーオブザイヤー」を受賞している。

日産専務執行役員:星野朝子氏のコメント

「ノート」が、暦年に続き2018年度の登録車販売でNo.1を、そして「セレナ」が年間10万台の販売を達成し、ミニバンNo.1を記録したことを大変嬉しく思っています。“ニッサン インテリジェント モビリティ”は、今後も進化します。「技術の日産」は、電動化・知能化をさらに推進し、新元号を迎える日本のお客さまに、これからもご期待以上のワクワクをお届けいたします。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 ノート の関連編集記事

日産 ノートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ノート の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR