MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース メルセデス・ベンツ Gクラスにディーゼルモデルが登場|価格は2320万円

自動車ニュース 2019/4/5 12:02

メルセデス・ベンツ Gクラスにディーゼルモデルが登場|価格は2320万円

メルセデス・ベンツ Gクラスに「G 350 d」を追加
メルセデス・ベンツ Gクラスに「G 350 d」を追加メルセデス・ベンツ Gクラスに「G 350 d」を追加メルセデス・ベンツ Gクラスに「G 350 d」を追加メルセデス・ベンツ Gクラスに「G 350 d」を追加画像ギャラリーはこちら

メルセデス・ベンツ 「G 350 d」の受注を開始

メルセデス・ベンツは、同社のオフローダーモデル「Gクラス」にクリーンディーゼルエンジンを搭載した「G 350 d」を追加し、2019年4月4日より予約注文受付を開始した。価格は1170万円(消費税込み)。

G 350 dは直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載しており、欧州において導入されている実路走行試験規制に適合するなど、高い環境性能も併せ持つモデルとなっている。

なおGクラスは1979年にクロスカントリービークルとして誕生し、2018年に新型Gクラスへとフルモデルチェンジしている。

>>堅牢なボディは変わらず! G 350 dの内外装を画像で見る

「G 350 d」の主な特長

メルセデス・ベンツ Gクラスに「G 350 d」を追加

G 350 dの最高出力は286馬力(210kW)、0~100km/h加速は7.4秒。最大トルク600N・mの発生範囲は1200〜3200rpmまで広がり、可変エンジンマウントの採用によって低振動で高い静粛性を持ちながらスムーズな加速が可能になり、長距離走行もより快適になった。

ターボは2ステージターボチャージャーを使用し、小さいタービンにはさらに可変タービンジオメトリーを採用することで、低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を可能にしている。

トランスミッションはトルクコンバーターハウジングをアルミニウム製、ギアハウジングをマグネシウム製とした9G-TRONICを採用。前進ギアが2速分増えたほか、従来の7G-TRONICと比較して1kg軽量化されている。

さらに増えたギアにより、同じ速度でも高いギアを使ってエンジン回転数を低くすることが可能となったことで、燃費の低減を実現した。

「G 350 d」の主なスペックと価格

■エンジン:3.0L、L6直噴ディーゼルターボ

■価格:1170万円(消費税込み)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

メルセデス・ベンツ Gクラス の関連編集記事

メルセデス・ベンツ Gクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Gクラス の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR