ランドローバー「ディスカバリー」2019年モデルを受注開始|特別仕様車も同時発売

ドライバー支援システムが充実、70周年記念特別仕様車「ディスカバリー GO-OUT EDITION」も登場

2018年11月16日、ランドローバー・ジャパンは定員7人のフルサイズSUV「DISCOVERY」2019年モデルの受注を開始した。

同モデルでは、エマージェンシー・ブレーキをはじめ、レーン・キープ・アシスト、車線変更をする際、死角に別の車を検出すると衝突を回避するブラインド・スポット・アシスト、360度パーキングエイド、パークアシスト(縦列駐車・出庫/並列駐車支援システム)、サラウンドカメラや、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)など充実したドライバー支援システムを標準装備。

また、新たな機能として、制限速度や追い越し禁止の標識をインストルメントクラスターやヘッドアップディスプレイに表示するトラフィック・サイン・レコグニションや、後部座席の乗員が降車する際に、接近する車や自転車を検知して注意を促すクリアエグジット・モニターを標準装備。さらに車線を認識して中央の走行を維持し、時速30km/h以上であれば車線のない道路でも前方車両を追従するステアリングアシスト機能付ACCを、オプションで用意した。

「ディスカバリー」2019年モデルを画像でみる

最上位グレードの「HSE LUXURY」には、エクステンデッドレザーを標準装備し、より高級感を増した車内空間に仕上げている。また、ランドローバーのブランド誕生70周年を記念し、特別仕様車「ディスカバリー GO-OUT EDITION」を40台限定で導入する。

「ディスカバリー GO-OUT EDITION」は、「ディスカバリー」の特徴であるフルサイズ7シートの設定をリモートで変更できる「リモート・インテリジェント・シートフォールド」をはじめ、ヒーテッド・ステアリングホイールやヒートシーター、各種キャリアアクセサリーの装着が可能なルーフレールなど、アウトドアでのアクティブなライフスタイルに応える装備が充実した特別仕様車である。

さらに室内全体を明るく開放的に演出するパノラミックルーフや500mlのボトルが4本収納でき、温度を5度に保つことが出来るフロントセンターコンソール・クーラーボックスなど、快適性や利便性も兼ね備えた。エクステリアカラーは、フジホワイト、コリスグレー、ロワールブルーの3色を用意し、インテリアカラーはエボニーで統一した。

「DISCOVERY」2019年モデル 概要

主な特長および装備

■エンジンは3.0リッターV6 スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(最高出力250kW/340PS・最大トルク450Nm)、もしくは3.0リッターV6 ターボチャージド・ディーゼル・エンジン(最高出力190kW/258PS・最大トルク600Nm)から選択可能

■クロスリンク式電子制御エアサスペンション・システム

■ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)、ヒル・ディセント・コントロール、テレイン・レスポンス2、オールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)、最大渡河水深900mmを誇るウェイド・センシングなどにより、日常の走行からオフロードまであらゆる環境にも対応する走破能力

■よりラグジュアリーなインテリアに仕上げるエクステンデッドレザーを標準装備

■フルサイズ7シートの設定をリモートで変更できるインテリジェント・シート・フォールド機能。シートに乗員や荷物が置いてある状況も感知し停止・作動

■リアシートを折りたたむと最大2406リッター(通常時は258リッター)を誇るラゲッジルーム

■時速30km/h以上で動作する、車線のない道路でも前方車両追従するステアリングアシスト機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)を新機能として追加

■エマージェンシー・ブレーキ、レーン・キープ・アシスト、トラフィック・サイン・レコグニション&アダプティブ・スピードリミッター、ブラインド・スポット・アシスト、リアトラフィック・モニター、サラウンドカメラシステム、リアカメラ、クリアエグジット・モニター、パークアシスト、360度パーキングエイドなどを標準装備し、ドライバー支援システムを充実

■ウェアラブル技術を活用したウォータープルーフ仕様・耐衝撃のリストバンド型アクティビティキー

■車やスマートキーに直接触れることなく、車両後部の下方で足を振るだけで車外からテールゲートを開閉できる電動ハンズフリー・パワーテールゲート

■最大8つのデバイスを接続することができる4G通信可能なWi-Fiホットスポット、車両から離れた場所でドアのロックや解除、シートやエアコンの設定ができる「リモートプレミアム」、スマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」、緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」など充実したコネクティビティ

■ランドローバー誕生70周年を記念した特別仕様車「ディスカバリー GO-OUT EDITION」を40台限定で発売

・ベース車両に「ディスカバリー HSE 3.0L ディーゼル」を採用

・パノラミックルーフ(マニュアルブラインド付)&ルーフレール(ブラック)

・ヒーテッド・ウインドスクリーン

・5+2シート(3列7席)

・フロント/2列目シート(ヒーター付)

・ヒーテッド・ステアリングホイール

・フロントセンターコンソール・クーラーボックス

・リモート・インテリジェント・シート・フォールド・パック(インテリジェント・シート・フォールド、電動リクライニング・リアシート、パワーアジャスト3列目シート)

■エクステリアカラー(全12種)

ナルヴィックブラック、フジホワイト、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、コリスグレー、インダスシルバー、ロワールブルー、バイロンブルー、ファラロンブラック、カルパチアングレー、シリコンシルバー、ナミブオレンジ

「ディスカバリー」2019年モデル 価格

■3.0リッターV型6気筒ガソリンエンジン搭載モデル

・ディスカバリー HSE:850万9000円

・ディスカバリー HSE LUXURY:973万3000円

■3.0リッターV型6気筒ディーゼルエンジン搭載モデル

・ディスカバリー HSE:870万9000円

・ディスカバリー HSE LUXURY:993万3000円

・ディスカバリー GO-OUT EDITION(限定40台):949万9000円

※いずれも税込み

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ランドローバー ディスカバリーの最新自動車ニュース/記事

ランドローバーのカタログ情報 ランドローバー ディスカバリーのカタログ情報 ランドローバーの中古車検索 ランドローバー ディスカバリーの中古車検索 ランドローバーの記事一覧 ランドローバー ディスカバリーの記事一覧 ランドローバーのニュース一覧 ランドローバー ディスカバリーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる