ランドローバー 新型ディスカバリースポーツ 試乗|驚きのモデルチェンジで全てが一新

画像ギャラリーはこちら
英国・ランドローバーのベーシックライン「ディスカバリースポーツ」がモデルチェンジした。外観上は前モデルのデザインを受け継ぐが、エンジンやプラットフォームなどは一新され、全てが生まれ変わった。そんな新型ディスカバリースポーツにいち早く試乗したのは、モータージャーナリストの大谷 達也氏。新世代ランドローバーの乗り味について徹底解説する。

>>よりスタイリッシュに生まれ変わった新型LANDROVER DISCOVERY SPORTを画像で見る[フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 中身は一新、外観は大きく変えず…これがSUVの最新トレンドか
  2. ガソリンとディーゼルのエンジンラインナップを用意
  3. まるで出来のいいセダンのように
  4. ゆとりの室内とクラス唯一の3列シート仕様で、ファミリーにもオススメしたい1台
ディスカバリースポーツの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

中身は一新、外観は大きく変えず…これがSUVの最新トレンドか

ランドローバー ディスカバリースポーツが、驚きのフルモデルチェンジを受けた。なんと、中身は一新されたのに外観は旧型をほとんどそのまま受け継いだのだ。まるでメルセデス・ベンツGクラスやジープ ラングラーのようなモデルチェンジで、「ひょっとして、これがSUV界の最新トレンド?」なんて勘ぐりたくなるくらい3台が目指した方向性はよく似ている。

SUV専業ブランドのランドローバーにとって、ディスカバリースポーツはスタートプライスが450万円~(税込、以下同)とラインナップ中もっともお手頃なモデル。こちらも昨年フルモデルチェンジを受けたレンジローバー イヴォークとは兄弟モデルの関係にあるが、イヴォークは都会派でディスカバリースポーツは本格アウトドア派と位置づけできる。

ランドローバー/ディスカバリースポーツ
ランドローバー ディスカバリースポーツカタログを見る
新車価格:
450万円727.2万円
中古価格:
395.9万円674.6万円

ガソリンとディーゼルのエンジンラインナップを用意

ディスカバリースポーツに用意されるのはディーゼルエンジンと、出力違いとなる2タイプのガソリンエンジンで、どちらも直列4気筒 2.0リッターターボ。このうち試乗車はディーゼルの最上級グレードで「Rダイナミック SE D180」と呼ばれる。車両価格は660万円だ。

試乗してみると、これが旧型とはまるで別物。伝統的なクロスカントリーモデルを思い起こさせるゆったりとした乗り味とハンドリングが特徴だった旧型と異なり、新型は最新SUVに相応しい洗練さとシャープなフィーリングを手に入れていたのである。

ディーゼルはより扱いやすく、静粛性も向上

たとえばエンジンは、ひと昔前のディーゼルのようにアクセルを踏んでからひと呼吸おいて「グォーッ!」と吹け上がる旧型に対し、新型はアクセルの踏み方に素早く追随して即座にエンジン回転数とパワーが上下するタイプ。おかげで、もどかしい思いをほとんどせず、自在にスピードをコントロールできる。

しかもディーゼルらしいエンジンノイズはぐっと影を潜めたほか、振動も格段に小さくなった。最新ディーゼルエンジンのなかで静粛性がもっとも優れているSUVの1台がメルセデス・ベンツの新型GLCだが、新しいディスカバリースポーツはそれに負けるとも劣らない完成度だ。

新型ディスカバリースポーツには、旧型に続いてジャガー・ランドローバーが独自開発したインジニウムと呼ばれる新世代ディーゼルエンジンが採用された。新型と旧型の最高出力や最大トルクはまったく同じだが、こちらも相当改良の手が加わったはず。また、新型イヴォークと同じ最新アーキテクチャー“PTA”は全体的なボディ剛性が向上したうえにエンジン・マウントも大幅に改良されており、これがノイズやバイブレーションの低減に大きく役立ったようだ。

まるで出来のいいセダンのように

足回りも現代流に一新された。タイヤからのゴツゴツ、ザラザラとした振動をシャットアウトして滑らかな乗り心地をもたらしてくれるサスペンションは、同時にボディをしっかりとフラットに保つのも得意で、まるで出来のいいセダンのような快適性を生み出してくれる。

この足回りのおかげでハンドリングも別物に生まれ変わった。これまではハンドルを切るとまずクルマがコーナーの外側に傾いて(専門的には“ロール”という)、それからおもむろにクルマの進む向きが変わっていったけれど、新型はほとんどロールすることなく、すっと向きを変える。ハンドルの働きに遊びがなくなっただけでなく、レスポンスも大きく向上したので、高速道路を走らせてもストレスがたまりにくい。この辺も最新SUVの水準に追いついたというか、領域によっては追い越したといってもいい仕上がりだ。

走行中にタイヤが生み出すロードノイズは路面の種類に大きく影響を受けるけれど、ほとんどの路面ではごく静か。これもロングドライブの疲労をぐっと低減してくれるだろう。

ADAS(先進運転支援システム)もアップデート

もうひとつ、長距離ドライブの心強い味方になってくれそうなのが、新型で標準装備されることになったレーンキープアシスト。車線から逸脱しそうになると自動的にハンドル操作をアシストしてくれる先進安全デバイスは、日本車ではだいぶ当たり前になってきたけれど、輸入車での本格的な普及はまだ始まったばかり。新型のレーンキープアシストは動作も滑らか。この点でもディスカバリースポーツは時代の最先端に躍り出たといえそうだ。

ゆとりの室内とクラス唯一の3列シート仕様で、ファミリーにもオススメしたい1台

室内スペースの広さはディスカバリースポーツの伝統的な強みのひとつ。身長172cmの私が運転席に腰掛けたその後ろでもひざ周りには30cmほど、頭上には10cmほどの空間が残った。しかも、ディスカバリースポーツには狭いながらも3列目シートがオプション設定されているからミニバン的な使い方も可能。このクラスの輸入車SUVで3列目シートが用意されているのはおそらくディスカバリースポーツくらいだろう。

実はディスカバリースポーツ、世界的に見るとランドローバーでもっとも数多く売れているドル箱的な存在。この勢いを失わせないためにも、中身だけ最先端に進化させて外観には大きく手を加えなかったようだ。日本国内のセールスは兄弟モデルのイヴォークに大きく水を開けられているけれど、新型の投入を機にもっと注目を浴びてもいい1台だ。

[筆者:大谷 達也/撮影:茂呂 幸正]

ランドローバー ディスカバリースポーツ R-DYNAMIC SE D180 主要スペック
車種名ディスカバリースポーツ
グレード名R-DYNAMIC SE D180
価格(消費税込み)660万円
全長×全幅×全高4610mm×1905mm×1725mm
ホイールベース2740mm
駆動方式4WD
車両重量2040kg
乗車定員5名(7名乗りはオプション)
エンジン種類直列 4気筒 DOHC ターボチャージドディーゼル
総排気量1999cc
エンジン最高出力132kW(180PS)/4000rpm
エンジン最大トルク430Nm(43.8kg・m)/1750rpm
トランスミッション9速AT
使用燃料軽油
燃料消費率(WLTCモード燃費)12.0km/L
燃料消費率(WLTC:市街地/郊外/高速道路モード)8.9km/L/12.2km/L/13.9km/L
タイヤサイズ235/55R19

※試乗・撮影車はオプション装着車

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
大谷 達也
筆者大谷 達也

1961年、神奈川県生まれ。エンジニア職を経験後、1990年二玄社に就職し、CG編集部に配属となる。以来、20年間にわたり同誌の新車情報、モータースポーツに関する記事を企画・編集・執筆。2010年3月フリーランスとなる。現在もCGの編集・執筆業務に携わる傍ら、ENGINE、GENROQ、東京中日スポーツ新聞、レーシングオンなどにも寄稿。日本モータースポーツ記者会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ランドローバー ディスカバリースポーツの最新自動車ニュース/記事

ランドローバーのカタログ情報 ランドローバー ディスカバリースポーツのカタログ情報 ランドローバーの中古車検索 ランドローバー ディスカバリースポーツの中古車検索 ランドローバーの記事一覧 ランドローバー ディスカバリースポーツの記事一覧 ランドローバーのニュース一覧 ランドローバー ディスカバリースポーツのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる