ランドローバー 新型ディスカバリー(5代目)試乗レポート|ボクたちの”ディスコ”が大胆にイメチェンした!(1/2)

  • 筆者: 山田 弘樹
  • カメラマン:小林岳夫/ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社
ランドローバー 新型ディスカバリー(5代目)試乗レポート|ボクたちの”ディスコ”が大胆にイメチェンした!
ランドローバー 新型ディスカバリー ファーストエディション ランドローバー 新型ディスカバリー ファーストエディション ランドローバー 新型ディスカバリー HSE ランドローバー 新型ディスカバリー HSE 画像ギャラリーはこちら

憧れのディスカバリーが大胆にイメージチェンジ

「ディスコ」といえば50代にはマハラジャ、30代にはPerfume(パフューム)かもしれないが、クルマ好きにとってはランドローバー ディスカバリーだ!ちょっとチカラワザな入り方だけど、あの無骨なスタイリングと本格的な悪路走破性能を持ちながら、たおやかに走ることもできる“プチ・レンジ”は、常にボクたちの大きな憧れだった。

そんなディスカバリーが5代目となって、かなり大胆なイメージチェンジを遂げた。

そのサイズは全長×全幅×全高が4970×2000×1800mm(パノラミックサンルーフ付きだと1895mm!)。この手のSUVが先代のサイズを大きく上回るのは当然の成り行きだけれど、もはやレンジローバーと並べても全幅は15mmも大きいし、全長もあと35mmで手が届く。ディスカバリーは7人乗りを特徴とする関係から、ホイルベースはちょっと長いくらい(+5mm)。

>>新型ディスカバリーの写真を見る(画像99枚)

無骨だったこれまでのディスコが一転!まるでカモノハシのようなスタイルに

ランドローバー 新型ディスカバリー

だが”ディスコ”に憧れを抱く者にとって、一番の衝撃はあのオールドスクールなスクエアボディが、すっきり・さっぱり、ツルーン! としてしまったことだろう。

空力性能を求め傾斜角が強くなったAピラーと、フラットで広大なボンネットが織りなす姿は一見“カモノハシ”チックで、室内幅をボディ外寸まで目一杯に使ったであろうシェイプは、リアフェンダーの張り出しもなくすとんと落ちている。

個人的にはこのプレーンなボディに、ある種の愛らしさとスペース効率の追求を感じた。確かに無骨な魅力は薄れ、角は取れたけれど、食パンみたいに実直なラインだってしっかりと受け継がれている。ようするに、オーバーフェンダーが視覚的にもたらす迫力が欠けてしまっただけの話であろう。

より磨きがかかったオフロードの走破性

ランドローバー 新型ディスカバリー ファーストエディション

一方でその走りは、見た目の変わりよう以上に磨きがかけられていた。それは“洗練されたタフネス”と言って良いほどの仕上がりだった。

当日試乗したのは3リッターV6スーパーチャージャーのガソリンモデルと、同じく3リッターの排気量を持つディーゼルターボ。前者はオフシーズンのスキー場を利用したオフロード(とそのスキー場までの数キロ)を、後者は自由に一般道を走った。

最大で20度という上り勾配のあるコースで推奨されたのは、最大車高+「テレイン・レスポンス2オート」の「AUTO」を選択した組み合わせ。これで車両側が勝手に路面の状況を判断し、状況に応じてトラクションの最適化を図ってくれるというわけだ。

そして慣れてきたらダイヤルを「砂地」や「荒れ地」モードへ回してしてよいと、インストラクターからは説明を受けた。

結論から言ってしまえばこのモード選択は必要なかった。ディスカバリーが持つ資質の高さをもってすれば、今回程度の砂利道であれば、どんなモードでも走破できてしまいその差がわからないのである。だから結局ボクは、その大半を「AUTO」で走り抜けた。

ヒルディセントコントロールは速度設定が可能に

ランドローバー 新型ディスカバリー HSE
ランドローバー 新型ディスカバリー HSE

オフロード性能の目玉は「ATPC」(オート・テレイン・プログレス・コントロール)と「ヒルディセントコントロール」だ。

ATPCはいわばオフロードや雪道でのオートクルーズコントロール。時速2キロ~30キロの間で車速を決定すると、マシン側がトラクションを確保しながら悪路を走ってくれるから、ドライバーはステアリングの操作に集中ができる。

ヒルディセントコントロールは下り坂をその自重や路面状況に負けず、適切なブレーキをかけながらゆっくりと走ってくれるお馴染みの機能だが、今回からはこれにも時速30キロまでの速度設定ができるようになったことが新しい。また危険回避等の理由でドライバーがブレーキを踏んでも、スイッチを切らない限り制御を解除しないことが、ATPCとの違いとなる。

ATPCはドライバーのアクセル踏みすぎによる、横滑りを防止する意味でストレスフリー。ヒルディセントコントロールは下り坂の恐怖から解放されるという利点があった。今回のように広々とした特設コースではそのありがたみもわかりにくいが、これが狭い道だったり吹雪の中だったりした場合は、心強い味方になるとボクは感じた。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

ランドローバー ディスカバリーの最新自動車ニュース/記事

ランドローバーのカタログ情報 ランドローバー ディスカバリーのカタログ情報 ランドローバーの中古車検索 ランドローバー ディスカバリーの中古車検索 ランドローバーの記事一覧 ランドローバー ディスカバリーの記事一覧 ランドローバーのニュース一覧 ランドローバー ディスカバリーのニュース一覧

試乗レポートの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事