autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ フォーミュラE新マシン発表|昨年タイトル獲得モデルが進化

自動車ニュース 2018/10/11 11:22

アウディ フォーミュラE新マシン発表|昨年タイトル獲得モデルが進化

関連: アウディ
アウディ、新しいフォーミュラEマシン Audi e-tron FE05を発表
アウディ、新しいフォーミュラEマシン Audi e-tron FE05を発表アウディ、新しいフォーミュラEマシン Audi e-tron FE05を発表アウディ、新しいフォーミュラEマシン Audi e-tron FE05を発表アウディ、新しいフォーミュラEマシン Audi e-tron FE05を発表画像ギャラリーはこちら

アウディ 新型フォーミュラEマシン Audi e-tron FE05を発表

2018年10月4日、アウディからFIAフォーミュラE選手権の新しいシーズンが、12月15日にサウジアラビアのディルイーヤで開幕されることが発表された。

2014年にシリーズが開始されて以来、初めての試みとして、今シーズン(シーズン5)からは、レースの途中で乗り換えることなく1台のマシンで戦うことになり、昨シーズンと同様、ダニエル アプトとルーカス ディ グラッシが再びタイトル獲得に挑戦する。

>>画像をもっと見る

新シーズンは、フォーミュラE史上もっとも革新的なマシンで争うとされており、2018~2019シーズンでは1台のマシンのみの使用で決勝レースがおこなわれる。

アウディは、今年の7月中旬にニューヨークで開催された4年目のシーズン最終戦でチームタイトルを獲得し、Audi e-tron FE04がもっとも効率に優れたマシンであることを証明しており、今回の後継マシンは、タイトルを獲得したこのマシンの進化形であることから、より一層期待が高まる。

アウディ、新しいフォーミュラEマシン Audi e-tron FE05を発表

アウディは、技術レベルを引き上げることに重点を置き、1速ギヤを採用するという基本コンセプトは変えず、各ディテールを見直しながらすべてのパーツを製作し、さらにドライブトレインパーツの95%を新設計することで、重量を10%削減することに成功した。

5年目となる今年のフォーミュラEシーズンでは、電気モーターは予選では最大250kW(340hp)の出力が許されているが、決勝レースでは200kW(272hp)に制限され、今シーズンからは、新たにアクティベーションゾーンと呼ばれる区間が追加され、サーキットに設置されたこの区間を通過するときは、225kW(306hp)を発生するハイパワーモードが一時的に使用可能になる。

また、これまで同様、フォーミュラEのファンは、ファンブーストと呼ばれるオンライン投票システムを使用することによって、お気に入りのドライバーをサポートすることができるようになっており、人気投票の上位3名のマシンは、レース中に1回だけ出力を最大250kW(340hp)に引き上げることができる。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

アウディ の関連編集記事

アウディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR