autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、12月のフォーミュラEデビュー戦前にカラーリングコンセプトを展示【オートモビルカウンシル2018】

自動車ニュース 2018/7/30 16:10

日産、12月のフォーミュラEデビュー戦前にカラーリングコンセプトを展示【オートモビルカウンシル2018】

関連: 日産
NISSAN Formula E カラーリングコンセプト(2018年)
NISSAN Formula E カラーリングコンセプト(2018年)ダットサン1000セダン「富士号」(1958年豪州ラリー クラス優勝車)スカイライン ハードトップ2000GT-R(1972年)ニッサンMID4 II型(1987年 第27回東京モーターショー出展車)画像ギャラリーはこちら

日産は、2018年8月3日~5日に幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル2018」に出展する。

日産の海外モータースポーツ活動60年を記念し、今回の出展テーマを「60 years of performance」として、2018年のジュネーブモーターショーで公開したNISSAN Formula E カラーリングコンセプトを中心に、1958年ダットサン1000セダン 富士号、1972年スカイライン2000GT-R、1987年ニッサンMID4 II型(コンセプトカー)のヘリテージカー3台を出展する。

あわせて、日産が1958年以来、連綿と挑戦してきた海外ラリーやレースの歴史を紐解きながら、2018年12月より新カテゴリーのフォーミュラEへも活動を拡げる日産の「走りへの情熱」を表現する。

なお、今回の出展車ニッサンMID4 II型は、1987年の第27回東京モーターショーへの出展から30年目にして初のフルレストア作業を2017年に実施し、動態復元した。

出展予定車

・NISSAN Formula E カラーリングコンセプト(2018年)

・ダットサン1000セダン「富士号」(1958年 豪州ラリー クラス優勝車)

・スカイライン ハードトップ2000GT-R(1972年)

・ニッサンMID4 II型(1987年 第27回東京モーターショー出展車)

フォーミュラEイメージ映像(ジュネーブモーターショー2018)

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 の関連編集記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連編集記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR
日産 関連サービス