社長の皆様、センチュリーの買い替えはいかが?トヨタ センチュリー歴代モデルを画像で見る

社長御用達、トヨタ センチュリーが20年ぶりにフルモデルチェンジ

豊田佐吉・生誕150年に当たる2017年、東京モーターショー2017で3代目トヨタ センチュリーが初公開された。1997年に2代目が登場して以来、20年ぶりのフルモデルチェンジとなる。新型のコンセプトは初代から続く、「匠の技」「高品質のモノ作り」「最先端技術」の融合だ。

見た目が刷新されたとはいえ、2006年に御料車として開発された「センチュリーロイヤル」と並走することも想定してデザインの一部に共通性を持たせるなど、普通の車とは異なる部分に様々な”配慮”が見て取れる。

新型センチュリーのボディサイズは全長5335mm×全幅1930mm×全高1505mm、ホイールベース3090mmと2代目より若干サイズアップ。拡大分の多くは後席スペースに用いられている。なお、伝統であったV型12気筒のエンジンは3代目には搭載されず、5リッターV型8気筒+モーターのハイブリッドが採用される。信頼性の観点から、先代のレクサス LS600hに搭載されたものと同じパワートレインだが、駆動方式はAWDではなくFRになる。

>>新型センチュリーの画像をじっくり見る

新型発売間近か!?トヨタ センチュリーを画像で新旧比較!

つい先日まで販売されていた2代目センチュリーだが、新型のデザインが公開された今、こうして見比べると急に古く見えてくるのが不思議なところだ。発売は間近と見られており、既存のセンチュリーユーザーにはもうそろそろ”案内状”が届く頃ではないかという噂もある。

2代目の新車価格は1253万円”から”。3代目も同じくらいになると想定される。

センチュリーのユーザーは、主に大企業幹部や経営陣の方々かとお見受けするが、これを機にぜひ買い替えていただき、経世済民を促進するなどはいかがだろうか?

一般消費者の我々が少しでもセンチュリーを話題にして、この情報をお金持ちの皆様にお届けするのも経済活動の一環になるだろう。まずは新旧比較で歴代センチュリーをおさらいだ。

▼外装・左から:初代、2代目、新型

▼内装・左から:初代、2代目、新型

>>新型センチュリーの画像をもっと見る

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ センチュリーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ センチュリーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ センチュリーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ センチュリーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ センチュリーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる