autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 社長の皆様、センチュリーの買い替えはいかが?トヨタ センチュリー歴代モデルを画像で見る

自動車ニュース 2018/6/11 12:48

社長の皆様、センチュリーの買い替えはいかが?トヨタ センチュリー歴代モデルを画像で見る

トヨタセンチュリーコンセプト【東京モーターショー2017】
トヨタ センチュリー(初代:1967年)トヨタ センチュリー(初代:1967年)トヨタ センチュリー(初代:1967年)トヨタ センチュリー(2代目:1997年)画像ギャラリーはこちら

社長御用達、トヨタ センチュリーが20年ぶりにフルモデルチェンジ

豊田佐吉・生誕150年に当たる2017年、東京モーターショー2017で3代目トヨタ センチュリーが初公開された。1997年に2代目が登場して以来、20年ぶりのフルモデルチェンジとなる。新型のコンセプトは初代から続く、「匠の技」「高品質のモノ作り」「最先端技術」の融合だ。

見た目が刷新されたとはいえ、2006年に御料車として開発された「センチュリーロイヤル」と並走することも想定してデザインの一部に共通性を持たせるなど、普通の車とは異なる部分に様々な”配慮”が見て取れる。

新型センチュリーのボディサイズは全長5335mm×全幅1930mm×全高1505mm、ホイールベース3090mmと2代目より若干サイズアップ。拡大分の多くは後席スペースに用いられている。なお、伝統であったV型12気筒のエンジンは3代目には搭載されず、5リッターV型8気筒+モーターのハイブリッドが採用される。信頼性の観点から、先代のレクサス LS600hに搭載されたものと同じパワートレインだが、駆動方式はAWDではなくFRになる。

>>新型センチュリーの画像をじっくり見る

新型発売間近か!?トヨタ センチュリーを画像で新旧比較!

つい先日まで販売されていた2代目センチュリーだが、新型のデザインが公開された今、こうして見比べると急に古く見えてくるのが不思議なところだ。発売は間近と見られており、既存のセンチュリーユーザーにはもうそろそろ”案内状”が届く頃ではないかという噂もある。

2代目の新車価格は1253万円”から”。3代目も同じくらいになると想定される。

センチュリーのユーザーは、主に大企業幹部や経営陣の方々かとお見受けするが、これを機にぜひ買い替えていただき、経世済民を促進するなどはいかがだろうか?

一般消費者の我々が少しでもセンチュリーを話題にして、この情報をお金持ちの皆様にお届けするのも経済活動の一環になるだろう。まずは新旧比較で歴代センチュリーをおさらいだ。

▼外装・左から:初代、2代目、新型

トヨタ センチュリー(初代:1967年)トヨタ センチュリー(2代目:1997年)トヨタ 新型センチュリー

▼内装・左から:初代、2代目、新型

トヨタ センチュリー(初代:1967年)トヨタ センチュリー(2代目:1997年)トヨタ 新型センチュリー

>>新型センチュリーの画像をもっと見る

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ センチュリー の関連編集記事

トヨタ センチュリーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ センチュリー の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR