トヨタの新型ハッチバック「カローラスポーツ」がいよいよ登場!価格は213万円から

車名はカローラスポーツとなるか!?

2018年3月のニューヨークオートショーで世界初公開されたトヨタの新型モデル「カローラハッチバック」が、日本で初披露されました。

これまでカローラハッチバック(仮称)という名称でしたが、どうやら”カローラスポーツ”という車名になるようです。

>>カローラシリーズで最もスポーティ!新型カローラスポーツのすべてを画像で見る

カローラシリーズは、現行モデルとしてはセダンのカローラアクシオとワゴンのカローラフィールダーがラインナップされていますが、今後は5ドアハッチバックのカローラスポーツが加わります。

このカローラスポーツ、実はオーリスの後継車です。オーリスはネッツトヨタ店での販売でしたが、今後はカローラスポーツがカローラ店で販売されることになります。

関連記事:トヨタ 新型カローラハッチの正式名称は”カローラスポーツ”で決まり!?|3ナンバー化したカローラモデルチェンジ第一弾を徹底解説

カローラシリーズ唯一の3ナンバーモデル

カローラスポーツのボディサイズは全長が4375mm、全幅が1790mm、全高が1435mmで、全長と全幅はC-HRと同じくらい。カローラアクシオ/フィールダーの全幅は1695mmと5ナンバーに収まりますが、カローラスポーツは3ナンバーサイズになります。

エンジンは、1.2リッターのターボモデルと1.8リッターのハイブリッドモデルを用意。トランスミッションはCVTに加え、1.2リッターモデルは6MTも設定されるなど、様々なニーズに応えるラインナップを揃えました。また、1.2リッターターボにはFFだけでなく4WDも設定されます。

価格は1.2リッターターボが213万円から、1.8リッターハイブリッドが241万円からとなるようです。

最近のトヨタに共通のアグレッシブなスタイリング

デザインの面では、大きなフロントグリルにシャープなヘッドランプなど、最近のトヨタに共通するアグレッシブなスタイリングを採用しています。

インテリアはシンプルでありながら、シルバー加飾とブラックパネルを取り入れることで上質なデザインとし、シートはサイドサポートを備えたスポーティなシートで、オプションとしてレザーやウルトラスウェードのシートも設定されています。

安全装備としては、トヨタセーフティセンス(第2世代版)が採用されています。また、最新のコネクティビティも搭載しています。

新型カローラスポーツの予約注文は5月中旬より開始されており、2018年6月26日に発表されることになっています。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ カローラフィールダーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラフィールダーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラフィールダーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラフィールダーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラフィールダーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる