MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 燃費レポート マツダ デミオ 1.3リッターの「MT」と「AT」の実燃費を比較 [燃費レポート]

燃費レポート 2015/12/11 10:23

マツダ デミオ 1.3リッターの「MT」と「AT」の実燃費を比較 [燃費レポート](1/5)

マツダ デミオ 1.3リッターの「MT」と「AT」の実燃費を比較 [燃費レポート]

今回は「マツダ デミオ」の1.3リッター MTモデルの燃費テストを敢行しました。

1.3リッターのMTは、エンジン自体はATと同じ4気筒直噴NA(92馬力、12.3kgmとスペック自体は平凡です)に5速MTが組み合わされます。

マツダ デミオ 13S(1.3リッター/5MT)/シート

今回テストに起用したデミオのグレードは、ホワイトの革シートやヘッドアップディスプレイ+大型タコメーター、15インチアルミホイールといった装備が装備される、1.3リッターガソリンモデルの中では豪華なグレードの「13S Lパッケージ」。

価格は171万7,200円、JC08モード燃費は21.8km/L、エコカー減税はATに対してJC08モード燃費が劣るためATの取得税60%、重量税50%減税に対し、取得税40%、重量税25%減税になります。

テストは8月4日(火)の午後1時に出発し、19時過ぎに帰京するというスケジュールで行いました。

天候は終日晴天、最高気温は今年の夏の一時期を象徴するような最高気温35度という猛暑で、道路は平均的な流れでした。

燃費測定の基本ルール

・燃費の測定は、車両に純正搭載されている車載燃費計を使用

・スピードは流れに乗ったごく一般的なペースで走行

・車両の状態もエアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコンなら25度)に設定

・走行モードが選択できる場合にはノーマルモードを選んで走行

試乗ルート1「高速道路」

試乗ルート1「高速道路」

首都高速都心環状線芝公園ランプから首都高湾岸線を経由し、東京湾アクアラインから最近開通した圏央道の茂原長南インターに向かうというルート。

道路にアップダウンは少なく、流れは区間全体を通しおおよそ80km/h程度。道のりは約70km。

試乗ルート2「郊外路」

試乗ルート2「郊外路」

茂原長南インターを降り、国道409号線を西に進み、交差する国道297号線を北上し、東京湾に近い千葉県市原市内の国道16号線まで向かうルート。

道路にアップダウンは少なく信号があまりない上に走行中の流れも良く、好燃費が期待できる区間と言える。道のりは約30km。

試乗ルート3「市街地」

試乗ルート3「市街地」

千葉県市原市の国道16号線から国道357号線、途中から片側1車線になる国道14号線、都県境から蔵前橋通りを経由し、オートックワン編集部に戻るルート。スムースに流れることは少なく、渋滞路が多くを占める区間だ。

平均時速は15~18km/h程度で、イメージとしては混んだ東京都内の道に近い。道のりは約55km。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

マツダ デミオ の関連編集記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR