MINI COOPER D CROSSOVER ALL4. 試乗│走破性と実用性を備えた使い勝手の良い1台

アクティブなライフスタイルを送る人のためのMINIクロスオーバー

このところ輸入車の販売好調が伝えられる中、MINIも2018年の年間販売台数が昨年を上回りそうな勢いを見せており、相変わらず絶好調だ。単一ブランドながらドイツの4強に次ぐ5位が定位置となっていて、月によっては4位のアウディを逆転することもあるというほどだからたいしたものだ。

そんなMINIの中でも、ファミリーの一員としての可愛らしさとSUVとしての逞しさを兼ね備えたクロスオーバーのデザインはもちろん、高い実用性と充実した装備、オン/オフを問わない走行性能などマルチな才能を持ち、アクティブなライフスタイルを送る層の支持を受けているのがMINI クロスオーバーだ。

アイランド・ブルーにブラック・ボンネット・ストライプを配した撮影車両のカラーコーディネートの雰囲気も上々。MINI純正アクセサリーのアディショナルLEDヘッドライトを付けると、よりクロスオーバーらしさを演出することもできる。

>>ダート路だって走破できるMINI クロスオーバーを画像でチェック

スペーシャスで、ファミリーユースにも向いているMINI

インテリアもMINIならではの空間が構築されていて、乗るたびにワクワクしそう。

MINIファミリーで最大のボディサイズに加えて、サイドウィンドーの角度が立っているので、シートに収まるとサイズ以上に広さを感じる。

後席もヒップポイントが高めで見晴らしがよいことに加えて、ヒール段差も十分にあるので太腿の裏側がシートから浮くこともない。横方向も余裕があり、平均的な成人男性の体格である筆者が座っても頭上にコブシが縦にひとつ入る空間が残るほどの広さが確保されている。

また、40:20:40分割可倒が可能なリアシートは、細かいピッチのリクライニングも可能で、好みのポジションをとりやすい。センター部を倒して幅の広いアームレストにもできるし、スノボのような長尺物を積んでも4人がゆったりと乗れるなど、とても重宝しそう。

ラゲッジ・スペースも十分に広く、タイヤハウス後方がえぐられているのでゴルフバッグも横向きに載せられるし、フロア下からひょっこり現れる二人がけのソフトなピクニック・ベンチは、バンパーを保護するカバーも含まれる。

また、ベタ付けではなく脚のあるタイプのルーフ・レールも、いろいろなものを装着しやすいので使い勝手に優れる。

このクラスになみいるほかのクルマたちと比べても、実用性はけっこう高いほうなんじゃないかと思うほどだ。ファミリーユースにもっとも向いているMINIに違いない。

低回転域から力強く、胸のすく加速感

走りの実力もかなりのものだ。今回持ち込んだ「Cooper D ALL4」には、150ps/の最高出力と、330Nmの最大トルクを1750-2750rpmというよく使う回転域で発生する2リッター直4ディーゼルが与えられている。

ドライブするとスペックのとおり低回転域から力強く、軽く踏み増すだけで胸のすく加速を味わわせてくれる。それでいていまどきのクリーンディーゼルらしく、音や振動が抑えられていてあまり不快に感じないところもポイント高い。

上にはさらに高性能版の「Cooper SD」や別格的な「JCW」もラインアップするが、「Cooper D」でも十分に満足できる性能を身に着けていることをお伝えしておこう。

MINIだと侮るなかれ!ALL4ならダート路もなんのその

さらにMINIクロスオーバーには、小柄なほうのハッチバックのMINIでは選べない「ALL4」と呼ぶ4WDモデルが用意されていることにも注目だ。

今回は冬の訪れを控え、その走破性を確認するために富士山麓の林道を目指した。このあたりは公道でもこんな感じのダート路がけっこう残されている。

そこで編集担当氏に外から見てもらいながら、クルマを傷めそうな深い場所は避けて、ガンガンではなくごく普通に走らせてみた。

多少の凹凸もへっちゃらな心強い走破性

「ALL4」は前輪駆動を基本に、状況に応じて前後の駆動トルクを無段階式に分配するというシステムだ。滑りやすい路面などでトラクションが失われ、前輪のグリップが不十分になった場合には、最大100%のエンジン出力を後輪に配分させることもできる。

砂利の路面はけっこう滑りやすかったが、アクセルを踏んだとおり、前でひっぱりながら、後ろからも応答遅れなく押してくれる感覚があるので、しっかり確実に前に進んでいく。

最低地上高が165mm確保されているので多少の凹凸はへっちゃらだ。この日も、えっ、ここ!? と思うような場所も問題なく踏破できてしまった。どうしても空転してしまう箇所では、ダイナミック・トラクション・コントロールをOFFにして勢いをつけてやれば大丈夫だった。これからの季節、この走破性は実に心強いことはいうまでもない。

オンロードではもちろん「ゴーカート・フィーリング」

一方でオンロードではMINIの一員らしく、かねてからの「ゴーカート・フィーリング」と呼ばれる俊敏なハンドリングを楽しめるのも、このクルマならでは。それに加えて件の「ALL4」がオーバーステアやアンダーステアの可能性を察知すると、状況に合わせて素早く駆動力の一部をリアに配分することで、コーナリングのスタビリティを最適に保ってくれる。高いトラクションと操縦安定性のもとでダイナミックなコーナリングを実現しているのもMINIクロスオーバーの強みだ。

それでいて直線路などでの通常走行時には、駆動トルクはフロントに100%伝達され、必要になったときだけ自動的に後輪にも分配するので、4輪駆動における燃費の低下も最小限に抑えられる。ドライバーは何も気にすることなく、クルマ側でもっとも効率的な走行を実現してくれるわけだ。

ユニークなデザインに敏捷性と安定性を兼ね備えたフットワーク、経済的で力強いクリーンディーゼルに、頼もしい4WDと、さらには先進的な安全運転支援システムやコネクティビティと、多くの魅力的な要素を身に着けたMINIクロスオーバーに、あらためてホレ直した次第である。

[筆者:岡本 幸一郎 撮影:土屋 勇人]

MINI COOPER D CROSSOVER ALL4.主要スペック
メーカー希望小売価格(消費税込)439万円~
全長4315mm
全幅(車幅)1820mm
全高(車高)1595mm
ホイールベース2670mm
乗車定員5人
車両重量(車重)1610kg
エンジン種類2.0リッター 直列4気筒DOHC MNIツインパワー・ターボ
駆動方式四輪駆動
排気量1995cc
エンジン最高出力110kW(150PS)/4000rpm
エンジン最大トルク330Nm/1750~2750rpm
トランスミッション 8速AT
燃料軽油
この記事の画像ギャラリーはこちら
岡本 幸一郎
筆者岡本 幸一郎

ビデオ「ベストモータリング」の制作、雑誌編集者を経てモータージャーナリストに転身。新車誌、チューニングカー誌や各種専門誌にて原稿執筆の他、映像制作や携帯コンテンツなどのプロデュースまで各方面にて活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ミニ ミニクロスオーバーの最新自動車ニュース/記事

ミニのカタログ情報 ミニ ミニクロスオーバーのカタログ情報 ミニの中古車検索 ミニ ミニクロスオーバーの中古車検索 ミニの記事一覧 ミニ ミニクロスオーバーの記事一覧 ミニのニュース一覧 ミニ ミニクロスオーバーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる