MINI ジョンクーパーワークス(F56) 試乗│ダイレクト感&スポーツ性とコンフォート性を両立させ、現代を生きるJCW

注目はコネクティビティやデザイン面の変更だけにあらず!

2018年5月、MINIのマイナーチェンジが行われた。この際のトピックスは車両そのものに通信機能を持たせることで、コネクティビティを強化するといったイマドキなものから、左右非対称のテールレンズを持つといったデザイン面が注目された。

だが、よくよく聞けば、今回はミッションの変更がかなりのキモ。新開発の7速ダブル・クラッチ・トランスミッションと8速のスポーツATを搭載したことが興味深い。

ここにあるJOHN COOPER WORKS(以下JCW)の2ペダルモデルは、マイナーチェンジ前の6速から8速のスポーツATへと変更された。ONEやCOOPER系の2ペダルはすべてダブル・クラッチを持つ7速DCTなのに対し、JCWだけはトルクコンバーターを持つATを採用していることは相変わらず。スポーツ系のトップモデルとなれば、ダイレクト感が強いDCTのほうがキャラには合っているように思えるのだが、その狙いは何だろう?

>>新型MINI ジョンクーパーワークスの内外装を画像でチェック

その感覚たるやまるでミッションカートの加速のよう

久々にワインディングで触れたJCWは相変わらずの佇まいで、ドライバーズシートに滑り込めばホールド性の高いシートが身を包んでくれる。

走り出せば剛性感の高いブレーキペダル、ダイレクト感溢れるステアリングホイールなど、そのテイストはよく言われる通り、ゴーカート感覚と言っていいだろう。カッチリしたその雰囲気は、さすがはJCWである。

SPORTSモードを選択して走れば、エンジンは鋭くけたたましく吹け上がり、8速の細かく刻まれたギアによってテンポ良く加速を続けてくれる。その感覚たるやまるでミッションカートの加速のよう。高回転を維持しながら次々にシフトが繰り返される気持ち良さ、それが8速のスポーツAT化だからこそできた世界観だろう。

もちろん、高速巡行時における燃費を稼ぎたかったということもあるに違いないが、それだけで終わらず、お楽しみに使っているあたりがJCWらしい仕上がりだ。

MINIは走る人の気持ちを考えてくれている

パドルシフトの応答性も良く、セレクターをマニュアル方向に倒しておけば、ギアが完全固定されるところもワインディングでは扱いやすい。

Dレンジでパドルシフトをする場合は、シフトアップはレブリミットが訪れたところで自動アップとなる。他社ではそれが選択できない場合が多いが、MINIではドライバー次第で選べるようになっているところが好感触。走る人の気持ちを考えてくれているところが嬉しい。

スロットルに対する応答遅れもなく、DCTと変わらぬダイレクト感が味わえる仕上がりもまた驚きだ。ATであってもいまやガツンと来るダイレクトさがあり、例えば低μ路で全開加速をして1速から2速へとシフトアップをすれば、タイヤが一瞬キュッと悲鳴を上げるほどなのだ。

カミソリのように鋭く、ヘタをしたらスピンするのではないかと思えるほどにシャープ

また、今回のクルマはアダプティブ・サスペンションがオプション装備されていることもあって、SPORTSモードを選択すると足回りがかなり引き締められる。

ダイレクト感溢れ、ステアしたと同時にリアが追従してくる感覚は他では味わえない鋭さだ。

ブレーキング時におけるリアの追従性も良すぎるほどで、リアタイヤと相談しながらコーナーにアプローチしなければならない。まさにカミソリのように鋭く、ヘタをしたらスピンするのではないかと思えるほどにシャープだ。

もちろん、最終的にはそこは電子制御デバイスが助けてくれる造りなのだが、安全にそんな感覚を味わうことができるのだから贅沢だ。ワインディングでこの鋭さは疲れてしまう人もいるのだろうが、僕はむしろヤミツキだ。いつまでも帰りたくないと騒ぐ子供のように、同じ道を何度も往復してしまった。

どのような路面でも受け入れられるメリハリ加減がいまのJCWの世界観

だが、その楽しい時も時間切れとなり帰路につく。すると、そこで新たな一面をJCWは見せてくれた。

GREENモードを選択して走れば、ダイレクトさを展開していたATはシフトショックがマイルドに改められ、低回転で次々にシフトアップを繰り返し静かに巡行する。さらにはサスペンションも減衰力を緩められ、しなやかに改まったのだ。

かつてJCWといえば、常に飛び跳ねるような乗り心地であり、それは仕方がないことなのだと受け入れていたことがあるが、それは過去のもの。どのような路面でも受け入れられる体制がいまはある。このメリハリをつけた世界こそ、いまのJCWの良さだ。そこを達成するためには8ATとアダプティブ・サスペンションが必要だったということなのだろう。

目的を叶えるためには手段を択ばないというパイオニア精神

かつて若き日のジョン・クーパー氏はフロントエンジンばかりだった時代のF1に対して、リアエンジンのクルマを投入。その後、リアエンジンのクルマとして初のチャンピオンを獲得している。それから3年が経過したF1は、すべてがリアエンジン搭載車になっていたという逸話がある。目的を叶えるためには手段を択ばないというパイオニア精神こそが、ジョン・クーパー氏の生き様だったのだろう。

そんな血統ならば、今回のJCWのみがDCTではなく8速スポーツATということも頷ける。

ダイレクト感だけでなく、街乗りにおけるコンフォート性能を稼ぐにはどうしたら良いのか? そこで辿り着いたのが8速スポーツATということだったのではないだろうか?

もちろんそこにはATの進化があったからこそ。ダイレクト感&スポーツ性とコンフォート性という両立が難しい状況を成立させたところに価値があるように感じる。スポーツだからDCTという考えは、そろそろ終わりに近づいているのかもしれない。

[筆者:橋本 洋平 撮影:茂呂 幸正]

MINI F56 JCW 主要諸元
メーカー希望小売価格(消費税込)AT:450万円
MT:432万円
全長3875mm
全幅(車幅)1725mm
全高(車高)1430mm
ホイールベース2495mm
乗車定員4人
車両重量(車重)AT:1290kg
MT:1260kg
エンジン種類直列4気筒 DOHC 2.0リッター MINI ツインパワーターボ
駆動方式FF
エンジン最高出力231ps(170kW)/5200rpm
エンジン最大トルク320Nm/1450~4800rpm
トランスミッションAT:8速AT
MT:6速MT
0-100 km/h加速AT:6.1秒
MT:6.3秒
JC08モード燃費AT:15.8km/L 
MT:14.5km/L
燃料無鉛プレミアムガソリン
この記事の画像ギャラリーはこちら
橋本 洋平
筆者橋本 洋平

学生時代は機械工学を専攻する一方、サーキットにおいてフォーミュラカーでドライビングテクニックの修業に励む。その後は⾃動⾞雑誌の編集部に就職し、2003年にフリーランスとして独⽴。 ⾛りのクルマからエコカー、そしてチューニングカーやタイヤまでを幅広くインプレッションしている。 レースは速さを争うものからエコラン大会まで好成績を収める。また、ドライビングレッスンのインストラクターなども⾏っている。 AJAJ・⽇本⾃動⾞ジャーナリスト協会会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ミニ ミニの最新自動車ニュース/記事

ミニのカタログ情報 ミニ ミニのカタログ情報 ミニの中古車検索 ミニ ミニの中古車検索 ミニの記事一覧 ミニ ミニの記事一覧 ミニのニュース一覧 ミニ ミニのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる