MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマン 海外試乗|イッキに300馬力超え! ホット過ぎるワゴンはしなやかさも兼ね備えた

試乗レポート 2019/8/21 16:42

新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマン 海外試乗|イッキに300馬力超え! ホット過ぎるワゴンはしなやかさも兼ね備えた

関連: ミニ ミニクラブマン Text: 竹岡 圭 Photo: MINI
新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマン
新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマン新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマン新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマン新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマン画像ギャラリーはこちら

待ち構えていたのはとってもホットな“JOHN COOPER WORKS”だった!

新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマン

我が家の愛車、通称“しろちゃん” (MINIクロスオーバー)の親戚にあたる、MINIクラブマン マイナーチェンジ版の国際試乗会に行ってまいりました! 試乗場所はドイツ・フランクフルト近郊。

ところが行った先に待っていたのは…なんと! JCW(ジョン・クーパー・ワークス)モデルたちでした。というわけで、直列4気筒2リッターターボエンジン[最高出力225kw(306hp)/5000~6250rpm、最大トルク450Nm/1750~4500rpm]という化け物エンジンが搭載されたモデルになります。

>>最新モデル「THE NEW MINI JOHN COOPER WORKS CLUBMAN」の画像を見る [フォトギャラリー]

旧型比で75馬力・100Nmアップ! 軽1台分以上の伸びしろって、どんだけ!?

新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマン
新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマン

新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマンに搭載されるこちらは新世代エンジンなのですが、なんたって先代比、最高出力75psアップ&最大トルク100Nmアップ。軽自動車1台分以上アップしてるってすごくないですか!? これでマイナーチェンジっていうんですから、もうビックリでございます。ちなみにこのエンジンは1シリーズのM135i、X2M、MINI JCW GPとほぼ同じエンジンのようです。

組み合わされるトランスミッションはアイシン製の8速AT。これも従来と同じ段数の8ATでも、中身は進化しているそうです。ちなみにJCW以外のガソリンエンジンモデルはゲトラグ製の7DCTが搭載されていますが、JCWはトルクが大きいということで、8ATが搭載されています。

フロントにトルセン式メカニカルLSDを採用

他にもですね、エキゾーストパイプが10mm拡大されてサウンドがよくなったり等々、細かな変更はたくさんございますが、今回ビックリしたのはメカニカルLSDが搭載されたという足回り!

これまでも電子制御LSDは投入されていますし、今回も電子制御のLSDも使ってはいるのですが、とんでもなくエンジンがパワフルなのでこれでは間に合わないということで、フロントにトルセン式のメカニカルLSDを入れているそうなんですね。ちなみにリアは、電子制御のカップリングで、駆動方式は多板クラッチがついたオンデマンド制御のAWDになります。つまりフロントの滑りを感知したらリアに駆動力が流れるタイプですね。

しなやかさとゴーカートフィーリングが巧くミックス

新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマン
新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマンと自動車評論家の竹岡 圭さん

でですね、トルセン式LSDがなかなか効いてくれていて、コーナーでも前へ前へとクルマを進めてくれる感じなんです。姿勢もフラットなので安定して踏んでいけます! 昔ながらのゴツゴツしているだけなオン・ザ・レール感覚とは違って、しなやかさとゴーカートフィーリングが巧くミックスした感じ。オンデマンド式AWDの“ALL4”なので安定感も高く、気持ちよくワインディングを楽しめちゃいました。さらに高速道路でもラク~に200km/h以上で巡行できちゃうほど安定感が高いんですよねぇ。

新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマンは乗り心地もしなやかで、パッチワーク路面とか石畳路面のような細かい凸凹は上手くいなしてくれます。ただしうねり路面はあまり得意じゃないみたい…それさえ抑え込めれば完璧と言っていいほどの、オールマイティ性高いマシンに仕上がっていました。新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマンの日本への上陸が楽しみですね!

[筆者:竹岡 圭/撮影:MINI]

新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマン
車種名ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマン
全長×全幅×全高4266mm×1800mm×1441mm
ホイールベース2670mm
駆動方式4WD
車両重量1550kg(DIN)
乗車定員5名
エンジン種類直列4気筒2リッターターボエンジン
総排気量1998cc
エンジン最高出力225kW(306hp)/5000~6250rpm
エンジン最大トルク450Nm/1750~4500rpm
トランスミッション8速AT
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
新型ミニ ジョン・クーパー・ワークス クラブマンと自動車評論家の竹岡 圭さん
筆者: 竹岡 圭

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ミニ ミニクラブマン の関連編集記事

ミニ ミニクラブマンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニクラブマン の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR