autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ Gクラス「G350d ヘリテージエディション」試乗|熟成の極み! 最後のW463型ゲレンデヴァーゲンを味わうシアワセ

試乗レポート 2018/5/30 15:15

メルセデス・ベンツ Gクラス「G350d ヘリテージエディション」試乗|熟成の極み! 最後のW463型ゲレンデヴァーゲンを味わうシアワセ(1/2)

メルセデス・ベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン/W463型)「G350d ヘリテージエディション」[日本限定463台/写真のボディカラー「プロフェッショナルブルー」は限定160台]
メルセデス・ベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン/W463型)「G350d ヘリテージエディション」[日本限定463台/写真のボディカラー「プロフェッショナルブルー」は限定160台]メルセデス・ベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン/W463型)|(右)「G350d ヘリテージエディション」/(左)「G350d」メルセデス・ベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン/W463型)「G350d ヘリテージエディション」[日本限定463台/写真のボディカラー「プロフェッショナルブルー」は限定160台]メルセデス・ベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン/W463型)「G350d ヘリテージエディション」[日本限定463台/写真のボディカラー「プロフェッショナルブルー」は限定160台]画像ギャラリーはこちら

もうすぐ会える新型Gクラスではなく、あえて最終モデルに乗ってみる

メルセデス・ベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン/W463型)「G350d ヘリテージエディション」[日本限定463台/写真のボディカラー「プロフェッショナルブルー」は限定160台]メルセデス・ベンツ Gクラス「G350d ヘリテージエディション」[日本限定463台](手前のモデル)

2018年1月の北米国際自動車ショー、通称”デトロイトショー”で、メルセデス・ベンツはフルモデルチェンジしたクロスカントリー4WDモデル「Gクラス」を発表しました。長きに渡り人気を集めた現行Gクラス同様のラダーフレーム形式で、デザインの印象も全てそのまま受け継ぐ超キープコンセプト。とはいえ中身はほぼ全て一新。最新の先進安全装備も備わり、ボディサイズも拡大しています。遅からず日本へもやって来るようで、今から期待大です。

そんな中、メルセデス・ベンツ日本より「Gクラスを試乗しませんか」とのお誘いが・・・お、もう新型に乗れちゃうの!?

いえいえ、現行W463型Gクラス「G350d」の試乗車を用意しましたとのこと。む!むしろそれ、最後にちゃんと乗ってみたい!

試乗会場には3台のGクラスが並び、その中の1台は、2018年4月4日四駆の日に463台(!)限定で発売された「G350d Heritage Edition(ヘリテージエディション)」の姿も。朝っぱらから前のめりな姿勢で会場へ一番乗りした我々取材班は、わき目も振らずその特別仕様車のGクラス試乗を予約したのでした。

>>フルモデルチェンジ直前! 最後のW463型Gクラス 内外装の詳細を画像で見る[フォトギャラリー]

他にないGクラス独特の世界観

メルセデス・ベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン/W463型)「G350d ヘリテージエディション」[日本限定463台/写真のボディカラー「プロフェッショナルブルー」は限定160台]メルセデス・ベンツ Gクラス(ゲレンデヴァーゲン/W463型)「G350d ヘリテージエディション」[日本限定463台/写真のボディカラー「プロフェッショナルブルー」は限定160台]

メルセデス・ベンツのSUVラインナップの中でも特別なポジションに位置する「Gクラス」。マニアはゲレンデヴァーゲンと呼びます。もともとは軍用車としての需要を発端に設計されたため、極めてシンプルな外観と堅牢なラダーフレームが特長で、1979年に市販化を開始して以来、その基本は変えずにやってきました。4輪駆動システムがフルタイム式に変わった1989年以降、2018年現在まで続く現行モデルをW463型と区別しているとはいうものの、車体自体は39年の間そのままです。

今回改めて2018年式Gクラスに乗り込んでみましたが、よっこいしょとよじ登るラダーフレーム車特有な着座位置の高さと、”幅が細くて真四角な車体”との組み合わせは、やっぱり独特の眺め。ちなみに全高は1,970mmもあります。全長は4,575mm、ホイールベースは2,850mm。

ほとんど垂直に立っているかのようなサイドウィンドウは下端も低く見晴らし良好です。そして隣の席が近い! 最新の360度カメラやセンサー類がないとちょっと街乗りに不安が残る最新SUVとは違い、Gクラスの運転席に座ると「これなら乗りこなせるかも!?」なんて思えてくるから不思議です。実際、ワイドフェンダーになる前のW460型は車幅も1700mm代と、ほとんど5ナンバー車に近い寸法でした。

しかし2018年式Gクラスはフェンダーがモリモリと外側に張り出し、幅は1,860mmまで拡大。だからいくら見晴らしが良いとはいえ、慣れない新米オーナーは車幅感覚を見誤り、ついついフェンダーをガリっとやってしまうこともあるそう。ひぃいい・・・。

独特の運転感覚は慣れるまでちょっと時間がいる・・・

メルセデス・ベンツ Gクラス「G350d ヘリテージエディション」[日本限定463台]メルセデス・ベンツ Gクラス「G350d ヘリテージエディション」[日本限定463台]

車体の四隅に気を張り巡らせながら、東京のど真ん中、六本木にあるメルセデス・ベンツ日本の施設「Mercedes me NEXTDOOR」をいざ出発。東京ミッドタウンや六本木ヒルズを横目に、緊張なんかしてませんよと、さもGクラスに乗り慣れたIT系社長の気分で街を流すと・・・正直なところ猛烈な違和感。

600Nmの最大トルクを1,600回転から2,400回転の低速域からモリモリ発生させるV6 3.5リッターのパワフルな直噴ターボディーゼルエンジンとはいえ、2,580kgの重量級ボディは、反力の強いアクセルペダルを軽く踏むだけじゃぐいぐいとは進まない。

メルセデス・ベンツ Gクラスの目線の高さは、宅配便の2トントラックと同じくらい。ラダーフレーム特有の動きなのか、太くて背の高いタイヤ(265/60R18)のせいなのか、ステアリング形式が特殊だからなのか、とにかく操縦感覚もちょっとトラックっぽく、ふだん乗ってる乗用車とは色々と違うのりものだということがわかります。

目の前を右へ左へと目まぐるしく車線を変えるタクシーの一群に翻弄されながら、どうにかこうにか10分ほどで流入出来た首都高も、いきなりアップダウンやくねくね道が多い!

にわかドライバーの不安を同乗するKカメラマンに悟られまいと、スムーズにG350dを走らせることに集中してしまい、車内はいつしか無言に。都内でGクラスを涼しい顔でシレッと乗ってるオーナーの方々、ホント尊敬します。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

メルセデス・ベンツ Gクラス の関連編集記事

メルセデス・ベンツ Gクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Gクラス の関連編集記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Gクラス の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR