autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 大接戦!カー・オブ・ザ・イヤーは「ロードスター」に決定 ~S660は無念の2位~[会場レポート]

新型車リリース速報 2015/12/7 18:51

大接戦!カー・オブ・ザ・イヤーは「ロードスター」に決定 ~S660は無念の2位~[会場レポート](1/2)

大接戦!カー・オブ・ザ・イヤーは「ロードスター」に決定 ~S660は無念の2位~[会場レポート]

インポート賞には「2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー」

史上稀にみる大接戦だった。今年最も記憶に残るNo.1カーを決める祭典、「2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー」が12月7日、都内で決定した。イヤーカーには、今モデルで4代目となるオープンスポーツ「マツダ ロードスター」が選出。ライバルと目されたホンダの軽オープン「S660」は僅差で2位となり、イヤーカーを逃した。

なお輸入車のNo.1、インポート・カー・オブ・ザ・イヤーには「BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー」が選ばれている。

大接戦のカー・オブ・ザ・イヤー(COTY)2015-2016は「ロードスター」に決定 ~S660は無念の2位~[会場レポート]大接戦のカー・オブ・ザ・イヤー(COTY)2015-2016は「ロードスター」に決定 ~S660は無念の2位~[会場レポート]大接戦のカー・オブ・ザ・イヤー(COTY)2015-2016は「ロードスター」に決定 ~S660は無念の2位~[会場レポート]大接戦のカー・オブ・ザ・イヤー(COTY)2015-2016は「ロードスター」に決定 ~S660は無念の2位~[会場レポート]大接戦のカー・オブ・ザ・イヤー(COTY)2015-2016は「ロードスター」に決定 ~S660は無念の2位~[会場レポート]

選考委員たちはどちらをどう評価したのか!?

大接戦のカー・オブ・ザ・イヤー(COTY)2015-2016は「ロードスター」に決定 ~S660は無念の2位~[会場レポート]
大接戦のカー・オブ・ザ・イヤー(COTY)2015-2016は「ロードスター」に決定 ~S660は無念の2位~[会場レポート]

今年は下馬評として、かなり早い段階からこの2台のオープンスポーツカーの接戦が噂されていた。

ホンダは久しぶりのピュアスポーツ、しかも軽の規格に収まる手頃なモデルで、未だに長い納車待ちとなっている人気の1台。いっぽうのマツダ ロードスターは、先代モデルも2005-2006日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)を受賞し、こちらも2世代続けての受賞を狙っていたようだ。

COTYの投票は、選考委員60名による持ち点配分法によって行う。各選考委員が25点の持ち点を対象車10車(10ベストカー)のうち5車に配点。そのうち最も高く評価するクルマに対して、必ず10点を与える(10点を与えるクルマは1モデルのみ)というルールだ。

COTYに票を投じた選考委員は、この戦いにどのような判断を下したのか。

[選考委員に直撃!・・・次ページへ続く]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

マツダ ロードスター の関連編集記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連編集記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR