じつは若者にも人気のMTモデル! トヨタやホンダ、マツダの新車で買えるスポーツカーじゃないMT車3選

画像ギャラリーはこちら
今では新車として販売される乗用車の約98%がAT(オートマチックトランスミッション)だ。かつてのATは加速や燃費性能が悪いイメージもあったが、最近は性能が高まっており、そうした欠点はほぼなくなっている。

しかし、自分でクルマを操っている感覚を求めるユーザーにとってはMT(マニュアルトランスミッション)は魅力的な存在だ。そこで今回はスポーツカーではない、いわゆる実用車でMTが設定されている新車を3つ紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 長年のMTファンからも愛されるトヨタ カローラツーリング
  2. 新型でも3割以上がMTを選択! ホンダ シビック
  3. MAZDA2からCX-5まで! 最も多いラインナップのマツダ車

長年のMTファンからも愛されるトヨタ カローラツーリング

ステーションワゴンのトヨタ カローラツーリングには「W×Bグレード」専用の1.2リッターターボエンジンに6速MTが用意されており、価格(税込)は242万4400円。

走行中にドライブセレクトモード「SPORTモード」を選択するとiMTが作動し、クラッチ操作やシフト操作をエンジンの回転数に合わせて制御するため、MTに慣れていない人でも安心だ。

トヨタ カローラは1966年から販売されているため、年配のドライバーから長く愛されているモデルでもある。長年MTに乗っているユーザーにしてみれば、MTの方が安心感があるのだろう。

新型でも3割以上がMTを選択! ホンダ シビック

2021年9月にフルモデルチェンジした11代目のホンダ 新型シビック。先代モデルではハッチバックとセダンの2ボディタイプが用意されていたが、日本市場に限って現行モデルはハッチバックのみとなった。また、スポーティグレードの「タイプR」もまだ登場しておらず、MTのイメージはないかもしれないが、上級の「EX」とエントリーグレード「LX」の両グレードにMTが用意されている。

価格(税込)はEXが353万9800円、LXが319万円で、ATとMTの価格差はない。

発売から1ヶ月後の10月のデータでは、35.1%が6速MTを選択しているという。

国内で買える手ごろなサイズや価格のMT車が減っている中では「MTが欲しい」という声も多く、意外にも若者からの人気もあるようだ。

MAZDA2からCX-5まで! 最も多いラインナップのマツダ車

マツダはコンパクトカーのMAZDA2からMADZA3、MADZA6、CX-3、CX-30、CX-5と6モデルにMTが設定されている。

マツダは新世代商品群を開発する際に6速MTを新たに設計した。これを2012年に販売した3代目アテンザ(現MAZDA6)に搭載したところ、ユーザーからの評判が良かったことや、ほかの車種にもMTを望む声があったことから多数のモデルに採用することになったという。

価格の一例を挙げていくと、MAZDA2 15SプロアクティブはMTのみの設定で169万4000円、MAZDA3 ファストバック 20Sプロアクティブは251万5741円、MAZDA6セダン XDプロアクティブが356万4000円。CX-3 XDは231万7000円、CX-30は261万2500円、CX-5 XDプロアクティブは322万8500円。MAZDA2以外のモデルにはATも存在するが、ATと価格が変わらないため、好みの問題になるだろう。

スポーツカーではなくてもMTモデルが用意される

最近ではMTモデルが減ってきているが、このようにスポーツカー以外にもMTが用意されており、ホンダ シビックの項目で触れたようにMTを指名買いする人もいる。

また価格がATと変わらないことから、費用を考えず好みで選べるのもメリットだ。気になる人はぜひ購入を検討してみて欲しい。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円407.6万円
中古価格:
74万円396.2万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる